June 07, 2018

キングスマン  ゴールデンサークル

前作、キングスマンがそこそこ面白かったので続編のゴールデンサークルを鑑賞。
キングスマンの称号を受け継いだ若きエージェントがメインとなって大活躍。
潜水艇に変化する自動車など、往年の007を彷彿とさせるガジェットも健在。
話はテンポも良く、アクションも垢抜けていて、及第点の秀作でした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2018

StarRingChild Aimerの神曲を美しい風景とピアノアレンジで

Aimer/澤野弘之の神曲 StarRingChild.
ガンダムユニコーンのタイトル曲にも採用された事で、 Aimerのまるで木綿のような肌触りの稀有な歌唱の魅力が世に認知されるきっかけにもなりました。
そんな神曲StarRIngChildをピアノアレンジ、ピアノ弾き語りで。
画面を飾るのは、スイス、カナダ、日本の気鋭のフォトグラファー。瑞々しい風景写真と美しいピアノのコラボレーションでStarRingChildをお届け。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この世界の片隅に

柔らかいタッチで描かれる、戦火の元の日常。
生と死が交錯する大戦下にあっても、続く日常、、ただその時代に生きただけに過ぎない戦時下の人々の
過酷な運命を淡々と紡ぐ秀作。
日本人が、平和や命の大切さを忘れ去り、自ら戦禍に飛び込もうとしている現代にあって、多くの方が観るべき作品。
声高に反戦を叫ぶことなく、日々たくましく生きることの尊さ、今の平和がこれまでの反省や外交努力によってかろうじて維持されていることを再認識させてくれる作品。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

この世界の片隅に【Blu-ray】 [ のん ]
価格:4329円(税込、送料無料) (2018/5/9時点)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2018

ブレードランナー2049

1980年代を代表するリドリースコット監督作品のSF作品 ブレードランナーの続編であるブレードランナー2049を鑑賞。 前作の雨と暗闇にまみれた廃退的な近未来都市の世界観は、低予算とスケジュール不足の副産物だった訳だけれども、この続編の映像はきっちりと予算をかけてとてもスタイリッシュな映像に仕上がっています。

しかしながら、ストーリー面ではさしたる驚きもなく、物語は淡々と脚本をなぞるだけでした。
AI が人間の雇用を侵食し始めた現代にあって、もう少しヒトとは何か??についての問いかけを本作に見出したかったのは僕一人ではないはずです。 そんな訳で、期待が大きかっただけにちょっぴり寂しい印象でした。
そんな中にあって、女優陣の奮闘は目を見張るものがありました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2018

帰ってきたチャッキー!!チャイルドプレイ  チャッキーの狂気病棟

エンターテインメント作品にも名作と呼ばれる作品はたくさんあるわけですが、本作 チャイルドプレイもその一つ。
主人公であるグッドガイ人形、チャッキーはその後幾度となく続編が作られ不動の人気を手にしました。
今回は、新たな三部作の第1作としてリブートした格好。 第1作の脚本監督を務めたドン・マンシーニが再び担当。オリジナルに戻って満を持しての再始動。
実際に観ての感想としては、スプラッタ系の描写は進化している一方、アナログな、来る、、来る、、といった、心理的なドキドキ感は逆に薄めになっています。技術に頼ると、そうなってしまうのでしょうね。とはいえ、普通に楽しめましたが、シリーズの一部とあって、消化不良なままエンディングを迎えます。早く第二作が観たいと言うのが正直なところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エイリアンの起源を巡るプロメテウスの続編〜エイリアン コヴェナント

HGギガーの圧倒的世界観を背景に、文句なしのSFクリーチャーホラーの金字塔を打ち立てた”エイリアン”
第1作の公開から、シリーズを重ねるごとに、ものすごい監督が手がけていて、それぞれを見比べるのもまた楽しい稀有なシリーズ。 そんなエイリアンの起源を描いたのが、前作 プロメテウス。 そして今回のエイリアンコヴェナントがその続編にあたり、あの宇宙最恐のエイリアンが産まれたのか、、その謎がついに解き明かされます。映像も、ストーリーもネームバリューに見合ったしっかりした作りで、安心して楽しめました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2018

ダンケルク :  クリストファーノーランの自慰的超大作

第二次世界大戦下のフランス、ダンケルクを舞台に30万人を超えるイギリス兵の撤退劇を描いたクリストファーノーラン監督によるイギリス、オランダ、フランス、アメリカ合衆国の4カ国合作映画。
語られる物語も、セリフも最小限に留める演出がなされている。そんじょそこらのハリウッド国威高揚戦争映画とは明らかに一線を画す作品。 よくも悪くも退屈で、明るくも暗くもなく、悲劇でも喜劇でもない、、淡々と陸海空の攻防が描かれていく。その分、登場人物から語られるわずかなセリフは重みを増し、強く心に残るのだけれど、それにしても退屈である。 クリストファーノーラン監督本来の作家性が表に出た自慰的作品で、評論家受けはかなりいいのだけれど、戦争アクションや手に汗握る脱出劇を期待してお金を払った観客にとっては少し辛いかもしれない。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2017

EntourageからOutlookへのメール移行のやり方

EntourageからOutlookへのメール移行のやり方について。
職場のMacbookが古くなり、あたらしくMacBookPro15inchを導入したものの、あまりに進化しすぎてるので、自宅で使用していたMacBookPro13 inch Mid 2012を職場に導入しました。
業務上大切なメール管理ですが、Office添付のメールソフトがいままでのEntourageからOutlookに変わっているので、移行作業が必要です。 ネットで調べてみると、なにやら大変な作業の様子。場合によっては困難との記述もちらほら、、。 何段階もの作業を経てのEntourageからOutlookへのメール移行作業を報告開設するサイトが多い中、シンプルな方法を伝えてくれているのは、やはりAppleのサポートコミュニティのスレッドでした。
https://discussionsjapan.apple.com/thread/10102451
EntourageからOutlookへのメール移行は実際にはとても簡単で、以下の手順で完了でした。
1) Entourageでエクスポートから”アイテムをEntourageのアーカイブにエクスポート”を選択
2) 出来たrgeという拡張子のついたファイルを新しいMacのデスクトップへ移す。
3) 新しいMacでOutlookを起動し、ファイルメニューからインポートを選択。
4) Entourageのアーカイブまたは以前のバージョンからの情報にチェックをして、デスクトップに移したrgeファイルを選択して読み込み完了!
5) 連絡先、メッセージ!!Entourageoutlook2


Entourageoutlook


#Entourage
#Outlook
#メール移行

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 30, 2017

新型MacBookProのUSB-C/Thanderboltに翻弄されてる皆様へ

   スティーブジョブスがAppleに復帰して革新的なiMacを世に送り出す以前から、AppleをMacを使い続けてきました。 Appleはその革新性でiMacやiPhoneと行ったデバイスを通じてまさに世界を変え続けてきたブランドです。
その革新性の代償として、思い切った規格の更新、変更、、古くなった技術の思い切った切り捨ての影響をMacユーザーは甘んじて受けなければなりません。
   iMacが世に出た時には、それまでPC界の標準規格であったSCASIポートに変えて、全く新しいUSBポートが採用されました。当然、当時対応機器は少なく、周辺機器メーカーもユーザーもプリンタ一つつなぐのに四苦八苦。また、iMacではこれまた、パソコンの代名詞でもあり、もっとも普遍的であったFDドライブ(フロッピーディスク)をも廃止し、CD-ROMを採用しています。
   結果的には、このAppleの英断に業界も世の中も追従し、以降のUSB規格の進化、USB周辺機器の飛躍的な充実、CD-Rにデータや音楽を焼くなどといったスタイルが確立していきました。
   最近では、iPhoneもワイヤレスへの移行と防水、小型化の影響で、イヤホン端子の廃止、それまでのコネクタからLightningコネクタへの変更があり、買ったばかりのオーディオインターフェイスが使えなくなるなど、度々災難に見舞われてきました。

 もう、ここまでくるとSMの世界ですが、この度、MacBook Proを新型に乗り換えるにあたっても、MagSafe電源ケーブルの廃止や、FireWireの廃止、プロジェクターをつなぐために必要なMini Display portの廃止など、これまで以上に過酷な切り捨てが断行され、数多くの周辺機器が宙に浮くという事態に見舞われています。
なんと、新型MacBook Proには従来の目的別のコネクタが全て廃され、ほとんどなじみのないUSB-Cポートが4箇所だけ、、という思い切った仕様になっているのです。 電源も、プロジェクターも、LANケーブルも、外付けHDも何もかも、USB-Cへ変換しなければいけません、、、驚くべきことに、iPhoneですらそのまま接続することが出来なくなったのです。  この、難局に、僕はネット通販をあさり、直接秋葉原の電脳街でほとんど流通していないUSB 3.0規格のUSB A からCへの変換ケーブルそしてUSB B からCへの変換ケーブル
を探し出して、なんとか環境の復帰を果たしました。 新型MacBook ProのUSB-C端子に翻弄されている多くの皆様、、一人ぼっちではありません。皆苦しんでいるのです、、今日はただそれだが言いたかったということで、、、WW

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2017

メッセージ 編集の妙技が光る SFミステリー

漆黒の巨大な宇宙船が突如として世界各地の上空に出現。
ただ静かに佇むその姿に、世界は畏怖しつつも、地球外生命体とのコミュニケーション手段を探り始める。
そのプロジェクトメンバーに選ばれた若き言語学者のヒロイン、、大切な我が子を幼くして亡くした心の傷を抱えながら、彼らとの対話に臨むのだが。

登場する宇宙船のフォルムが、お菓子の”ばかうけ”に酷似している点が世間の注目を集めた本作メッセージ
いやいや、問題はそんなところではなく、見事な回文構造を劇中に展開したところにある。
ナイトシャラマン監督がかつて得意とした、大どんでん返し的結末は、結構面白い。 もちろん、考え抜かれた編集の妙技のなせる技である。 怖くも、悲しくも、ワクワクするわけでもない、真面目な作品ですが結構面白いです。見ていない人は、必見。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メッセージ【Blu-ray】 [ エイミー・アダムス ]
価格:3841円(税込、送料無料) (2017/11/12時点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«山形 山寺立石寺 トレイルガイド