« March 2005 | Main | May 2005 »

April 2005

April 16, 2005

隼一号と海まで散歩


週末、仕事に区切りを無理矢理つけて家路を辿る、日はまだ見上げるところにある。
春先、午後は雨模様だったこのあたりも夕方には優しい日ざしが戻っていた。明日の日曜日は拘束日で身動きが取れない、、、こんな麗らかな日を逃す手はない。

家に帰ってみると、イナ妻はじめ御一行様はお出かけ中の模様、こりゃあ都合がいい。早速、完全装備を固めて隼を軒先きから引っ張り出す、タイヤもなんとか馴染んだ頃合、、エンジンに火をいれて、御近所の奥様方に笑顔を贈ったら、さあ出発だ!!
隼のインパネの時計は17時を差している、まだ太陽はある!!クラッチを繋いで走り出す。さて、、海に向かうか、、それとも山に向かおうか、、、自然と交通量の少ない海側へ向かって走りはじめていた。出発時、燃料系の残料は約1/2、海へ向かう峠を嬉々として走るうちに、嬉しさの余りアクセルを開け過ぎていた様で、大食漢の隼一号の燃料は峠を跨ぐあたりでほぼ空になりつつあった。

太陽はすでに切り立った岩山の影に隠れ、急速に体温を奪っていく、、、これからこの燃料で町まで戻れるだろうか?3秒程悩んだ上で、このまま海へ向かって走ることにした、最初に見つけたGSで燃料を補給しそこからとんぼ帰りしよう、、最悪、ガス欠になったらクラッチを切って峠を海際の町まで下ればいいだけの話だ、、。
ところが、行けども行けども、GSは無い、、、結局、海際の市街に出るまで燃料補給の機会は得られなかった。海は目前、、、しかし別に海を見に来たわけでもないし、真っ暗でどうせ見えない(笑)。コンビニで使い捨てカイロを買い込み、さらにハバネロスナックを貪って、身体の内外両側から冷えきった身体を暖めたのち、とんぼ返り。真っ暗な峠を再び越えて帰路についた、鳥目の僕に夜の峠はかなり酷だ、、にもかかわらず、煮え切らない先行車を2台ばかりごぼう抜きにしたあと、しばらくして僕を猛追する車が一台、、、眩しくて車種ははっきりしないが、インプレッサかレガシーあたりだろうか?
鳥目の僕が駆る隼は、重量級の化け物マシン、、、下りの峠でそのパワーを解放する余地は無い。。。追いすがるその車のライトのおかげで幾分視界の良くなった峠道を気持ちよく右へ左へ踊るようにバンクさせつつクリアしていく、、、めちゃめちゃ気持ちいい!!”どうだい?バイクってこんなに気持ちいいいんだよ、、”、曇るシールドの中で鼻水を垂らしながら、コーナーを抜けていく、、。
俺も、良い意味で歳をとったようで、こういうシュチュエーションを存分に楽しんでいる自分が不思議でもあった。峠を下り、市街地に近付いたところでランデブーは終わり、、、家の軒先きに隼が戻ってきたのは19時丁度であった、、約2時間のショートトリップ。
ガチガチ歯を鳴らして寒さに震えながら、ちびっことお風呂に入って急速解凍、、今夜の夕御飯は焼肉だ。
御飯を食べて、一番したのちびっ子をおんぶしながら、軒先きにおすまししている隼一号を眺めてみる、、公園の外灯に照らされた隼一号はなんだかカッコよい。仕事は仕事で大変だけれど、わずかな時間、素敵なバイクに乗って、好きな道を走り、家に帰ってみんなで笑う、、、思ってみれば、恐ろしい程に幸せな日々を過ごしているのだな、、と思う。こんな日々がそうそう続くはずなど無い訳で、、、今日、生きて家族にあえる事に感謝!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 15, 2005

究極の柑橘類 デコポン

古来、我が家はみかん好き、、いや総括的に言ってしまえば皆、フルーツ大王を自認している。
当然、みかんの消費量も半端では無く、学童時の我が家には常にみかんが十数キロずつ買い置きされ、手のひら足の裏を含め、眼球結膜以外すべてが”まっ黄色!”に黄染されるまでみかんを食べ続けていたものである。

時は流れ、、、独自の世帯を創出してからも、やはり柑橘系の消費量は凄まじく、一週間当たり、およそ1200円程を”みかん費”として計上しているのが我が家の家計状況である。美味しいみかん、だいすきなみかん、、あれこれと食べくらべてみて、辿り着いた”究極のみかん”、、、、それが、かの不知火こと”デコポン”である。
見かけこそ、ケーシー高峰ばりの無骨さが目を引くが、ひとたび皮を剥いてみると、繊細かつジューシーな果肉が非常に薄い薄皮に包まれて鎮座している。
このデコポンこそ、至上最高の柑橘類と断言してしまおう!。
表皮をむいてしまえば、中の薄皮を剥く事も無くそのまま食べられる手軽さ!
そして、糖度14を優に超える、過激なまでの濃厚な甘さ!、みかんをたべて、歯の浮くような甘さにノックアウトされるのはこのデコポン以外にはありえない。はっきりいってあまりに甘過ぎて吐きそうになるくらいである、、、。
今日も、我が家にはデコポンが二袋補充されている、、、未体験の方にはみかんの常識を覆す甘さを試していただきたいものである。
リンク: デコポン栽培記.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2005

ライダーに手を振る子供に関する一考察

4月吉日、、桜の季節がきても、職場のボルテージは上がりっぱなしの状態が続く土曜日。気温が弛んだここ数日、やっと車検を終えて戻ってきた隼一号を駆りとっぷり日の暮れた道を家路につく、、はずだったのだが、なんやかんやで脳みそのなかで継続審議が必要な案件が渦を巻いている状態の僕は、気温10度の春の夕暮れを我が家とは反対方向へと走りだした、、、。
顧客のデーターを反芻しながら、次の一手を考える、こう来たらこう、、ああ来たらこう、、まだまだ、諦めた訳じゃ無い。
うにゃうにゃ考えながら、気がつけば僕の隼一号は新品のタイヤの皮剥きを兼ねて峠道へと足を延ばしていた。極端に視界の悪い夜の峠道、本来のグリップを発揮しないタイヤに気を使いながらも出来るだけトラクションをかけつつコーナーを抜けていく。こうすることで、新品タイヤは成形後の表皮が削られて本来の踏ん張りを発揮するようになっていくのだ。
、、、んで、一体ここはどこだろう、標識をみるとなぜだか角田に入っているようだ、いいかげん寒くなってきたし、視界も悪い、、本能の赴くまま走り続けるとようやく、路面の整った4号国道へと辿り着いた。ここは白石蔵王、、わずかの間にこんなところまで来ていたとは、、。4号を家路につく、、、結構な交通量の中、併走していたミニバンの窓がおもむろに開いた、、”????”
視線を移すと、窓からは小さな手が3本程、、僕に、、というより隼一号に向かってバイバイと手を振っている。良く見ると、家族連れのちびっ子2名がなんだか大きくてへんてこな形をしたバイクにへんてこなバッグをしょって走っている僕にやんやと手を振っているのだった。
幼少の頃の自分を見ているようで、なんだかうれしくなって、手を振返そうと思うものの、実はそうは簡単にいかないもんで、結局、手を振り続けるちびっ子達に挨拶のひとつもできないまましばらくランデブーを続けたのちに、それぞれのルートへと別れてしまったのだった。
思えば、あのワンボックスカーの中のお父さん、お母さんは、一見して柄の悪そうなライダーに無邪気に手をふるわが子に戦々恐々としていたに違いない。僕は僕で、なんとか手を振り返そうとちょっぴり追走したりしてみたもんだから、ことさら不安感を与えてしまったのでは無いかと心配だったりもして、、。
しかし、道ゆくライダーに無邪気に手を振る子と、それを笑顔で容認する親がこれから先も存在し続けられる社会であるように、、そう願わずにはいられなかった。、、そういう意味でも、もっとスマートに手を振り返してあげられなかった自分の愛想なさが悔やまれて仕方ない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 01, 2005

チャングムの甘い罠、、

激忙しい業務から逃れ、家に辿り着いた僕を宮廷女官チャングムの罠が待ち構えていた。
夕食をかき込んでいる僕のそばで、友人から回ってきたチャングムの録画ビデオを見始めたイナ妻、、、型通りに数十分ののちに意識を失ったイナ妻に換わって、いつの間にかチャングムに釘付けになっている僕、、。やられた、このままじゃ朝になってしまう!
しかし、次々と展開されるチャングムのけなげながんばりと、予断を許さないストーリー展開にもはや画面から目を離すことは困難で、気がつけば再生された5話分を一気に観る羽目に、、(涙)。
気がつけばAM3:30、、、、またしても、この展開。

そして目覚めたoff 日の朝は寝坊していい日に限ってきちんと目が覚める。ちびっ子と公園で遊び、亀にえさをやる、庭の壷でくらすメダカも元気だ、、、ちびっ子達に焼きもしていないパンを与え終えた頃、イナ妻が離任式から戻ってきた、、。ちびっ子たちをイナ妻に託して、午後からは職場へ向かう、、。顧客の懸案事項を処理して自由になったのは夕方のこと、、、4月頭に片付けてしまわねばならない仕事がいくつも折り重なっている、、仕事に没頭出来る宿舎へ車を走らせた。宿舎にたどり着いた頃、昨日、、というか今朝みたチャングムのダメージがじわじわと押し寄せ、不覚にも19時入眠。

そして、目覚めた朝?ブラウン管にはお決まりのテレショップ、、、げ、、AM3:00、、、しまった。取り返しのつかないことを、、。本気で早寝早起きをしてしまった僕、やむなく夜明け前の宿舎で仕事を片付ける、、、早朝は集中度が違う!むちゃはかどった仕事に満足しつつ外来の開始を向かえる、、ちょっとまて、僕の体内時計はすでに通常時間の五時間押し状態だ、、、そんな日に限って、当直だったりもする。

こうなれば正解は、このまま寝ずに体内時計をぐるりと一回転させてしまうしかないだろう、、、それなら、チャングムの続きを観たっていいのだが、そういうときに限って、彼女は居ないのだった。
宮廷女官 チャングムの誓い

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »