« 散髪日和 | Main | ライダーに手を振る子供に関する一考察 »

April 01, 2005

チャングムの甘い罠、、

激忙しい業務から逃れ、家に辿り着いた僕を宮廷女官チャングムの罠が待ち構えていた。
夕食をかき込んでいる僕のそばで、友人から回ってきたチャングムの録画ビデオを見始めたイナ妻、、、型通りに数十分ののちに意識を失ったイナ妻に換わって、いつの間にかチャングムに釘付けになっている僕、、。やられた、このままじゃ朝になってしまう!
しかし、次々と展開されるチャングムのけなげながんばりと、予断を許さないストーリー展開にもはや画面から目を離すことは困難で、気がつけば再生された5話分を一気に観る羽目に、、(涙)。
気がつけばAM3:30、、、、またしても、この展開。

そして目覚めたoff 日の朝は寝坊していい日に限ってきちんと目が覚める。ちびっ子と公園で遊び、亀にえさをやる、庭の壷でくらすメダカも元気だ、、、ちびっ子達に焼きもしていないパンを与え終えた頃、イナ妻が離任式から戻ってきた、、。ちびっ子たちをイナ妻に託して、午後からは職場へ向かう、、。顧客の懸案事項を処理して自由になったのは夕方のこと、、、4月頭に片付けてしまわねばならない仕事がいくつも折り重なっている、、仕事に没頭出来る宿舎へ車を走らせた。宿舎にたどり着いた頃、昨日、、というか今朝みたチャングムのダメージがじわじわと押し寄せ、不覚にも19時入眠。

そして、目覚めた朝?ブラウン管にはお決まりのテレショップ、、、げ、、AM3:00、、、しまった。取り返しのつかないことを、、。本気で早寝早起きをしてしまった僕、やむなく夜明け前の宿舎で仕事を片付ける、、、早朝は集中度が違う!むちゃはかどった仕事に満足しつつ外来の開始を向かえる、、ちょっとまて、僕の体内時計はすでに通常時間の五時間押し状態だ、、、そんな日に限って、当直だったりもする。

こうなれば正解は、このまま寝ずに体内時計をぐるりと一回転させてしまうしかないだろう、、、それなら、チャングムの続きを観たっていいのだが、そういうときに限って、彼女は居ないのだった。
宮廷女官 チャングムの誓い

|

« 散髪日和 | Main | ライダーに手を振る子供に関する一考察 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/3523611

Listed below are links to weblogs that reference チャングムの甘い罠、、:

« 散髪日和 | Main | ライダーに手を振る子供に関する一考察 »