« 鉄拳:阪本順治 | Main | 福岡で観るレディ・イン・ザ・ウォーター »

September 25, 2006

産まれた!!ミドリガメの産卵に関する一考察

臨月をすぎすくすくと胎内で育つ我らが第4子。
実家にてスタンバイ準備を整えるイナ妻も、いつもの事ながらの展開に半ばあきらめ顔。そんなこんなでここ数日の間、僕は結婚出来ない男よろしく、優雅なにわか独身貴族、、、。
仕事を終え、TSUTAYAでDVDを物色し、近所の蕎麦屋で夕食を済ませて帰宅した僕を迎えたのはいつも通りにエサをせがんで水槽にせり上がろうとする亀吉君であった。
満3歳を迎えるであろうこの巨大化したミドリガメは、金魚を丸呑みする程にたくましく成長。餌やりや水換えもなかなか大変なのであった。そんな、手間はかかれど、まあそこそこ愛嬌もある亀吉君にエサをやりふと水槽の底に目をやると、そこには8ヶ程のウズラの卵が沈んでいる、、、、だれだい、亀吉はゆで卵なんぞ食べないのに、、、やれやれ、と回収しようとした瞬間、なんとなく不気味な予感が僕の心を駆け巡った、、、、。この卵、、、何の卵なんだろう、、ほんとにうずらなのか?サイズ的にはウズラの卵、、、だけども真っ白でなんだか妙に長細い、、、ま、、まさか!おそるおそる手に取ってみると、それは殻をむいたウズラの卵、、、ではなく、まぎれも無い完成品の卵だ、、、こいつ、産卵したのか?亀吉は女だったのか?
いや、それ以上に、亀が卵を産む事はしっているもののほんとに自分の亀が産卵するなんて、衝撃をとおりこして少し怖い。
亀の卵、、、水槽の底にゆらゆらと揺れる8つのそれは、そのまま水中にあってよいものなのだろうか?それとも砂に埋めるべきか?暖める?
まったく基礎知識がないのである、、、でも究極的には無精卵なんだよね、やっぱり。

リンク: らくだ御殿|カメ.

|

« 鉄拳:阪本順治 | Main | 福岡で観るレディ・イン・ザ・ウォーター »

ペット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/12036098

Listed below are links to weblogs that reference 産まれた!!ミドリガメの産卵に関する一考察:

» tardona [tardona]
traduzione medea euripide terme di petriolo tessuto barocco [Read More]

Tracked on September 28, 2006 at 11:24 AM

« 鉄拳:阪本順治 | Main | 福岡で観るレディ・イン・ザ・ウォーター »