« January 2007 | Main | March 2007 »

February 2007

February 25, 2007

世界最速のインディアン - オフィシャルサイト

土曜の半勤、、とはもちろん名ばかりで、化学療法前のIVH挿入等々に追われフロアを離れられたのが20時頃、、。本日は大切な方とのお別れもあり、少々しぼみ気味。日曜日の明日も相変わらず仕事、、気分を切り替えるでもなくまた一週間が始まるが、やらなきゃいけない事はもちろん山積。解決しようの無い問題も多いのがこの世の中、、。
このまんま寝るのもなんなので、地元名画座のスケジュールをチェックする。
おお!”世界最速のインディアン”、、気になって仕方なかった作品が21時からの上映、、しかも後数日で終了。これは、観るしか無い、、というわけで眠気をおさえつつ劇場へ。 ついてみると、見慣れぬおじちゃんが募金箱の前に立っている、、”すいません、違うの観に来たのに申し訳ないんだが、署名をしてもらえんかね、、”とおじさん。 そうか、いま 北朝鮮の拉致問題を扱った”めぐみ”もこの劇場で上映中だったっけ、、困難な状況だけれども、ともかく署名!おじさんの笑顔に見送られながら劇場へ入る。
意外にも、かなりコアな作品のはずが老若男女問わずこの時間帯にもかかわらず客が入っている。へえー結構、日本もまだまだいけてるね、、と感じつつスクリーンの幕が上がる。

世界最速のインディアンといっても西部開拓劇でも何でも無く、おじいさんが愛した1台のおんぼろバイクの名前、、、、。自身もマシンもポンコツの爺さんが、狭心症と前立腺肥大を抱えながらもニトロを噛みながら世界最速を目指してニュージーランドからはるばる地球の裏側へ旅をしてスピードの聖地、ボンネビルで世界最速を目指すという一見、荒唐無稽なストーリー。
最新鋭のマシンひしめく中、スポークホイールにタイヤはトレッドをナイフで削り靴墨を刷り込んでピカピカに磨いた自家製スリックタイヤ、サスペンションはバネ式、タンクキャップは軽量化のためにブランデーのコルク栓、、必須のパラシュートも耐火服も持たず、、、とあり得ないスペックでレース前の車検通過も望むべくもない旧式ポンコツマシン、、その名もインディアン、、主人公の老いぼれ爺さんは愛車インディアンで世界最速を目指すのだが、あまりの酷さに、受付さえしてもらえない始末、、、。
しおれ気味の中高年男性層の魂をこれでもかと言わんばかりに熱くしてくれる作品。バイク乗りを始めとする熱き魂を奥底に秘めている人たちにとってはなおさらだろう。
ここしばらく、数多く映画を見たけれど、文字通り胸が熱くなったのは久方ぶり。作中に描かれている、情熱の大切さとそれを受け止める人々の優しさが、フィルムを抜け出して世の中に今も行きていてくれる事を切に望みたい。
リンク: 世界最速のインディアン - オフィシャルサイト.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 01, 2007

SoftBank 709SC|SoftBank

そもそも携帯なんて不要!!の人生を長らく歩んでいた私。
それでも、業務上止む無く携帯を持つようになったのがおよそ5年前の事。
初代の端末はかつてJ-phonと名乗っていた頃のキャリアのもの。
カメラもメールもいらないし、ディスプレーは一行でいいから最小のものをくれといったのに、馬鹿な時代の要請に応じて、コンパクトさよりも機能てんこもりの端末しか無い始末。
頭にきて、新品を当日にリューターでがりがりに削って、インパクトある外観に変貌させたのが記憶に残っている。
そのお気に入りも、あえなくトイレへ落下という悲劇に見舞われ、やむなく機種変更、、、、そして、二代目もバッテリーが持たなくなり、いよいよ2007年の本日、三代目を入手!
三代目だけにSoftbankの3G、、コンパクトさとクイックアクセスの観点から、SAMSUNGの709SCに決まり!!このコンパクトさは伊達じゃない、、というか、それでももっと小さくしてくれと言いたい。
他機種とは明らかに一線を画する本機はその薄さ故に、充電端子もオリジナルという厳しい設定。しかし、携帯はやはり小さくなきゃ、、、。なんだか、テレビだカメラだ音楽だのと、、時代の要請に反しておばかなまでに巨大化する最近の端末を見るにつけ、げんなりしてくる。
業務上必要だから持っているだけのほとんど受け専用の僕の携帯は、当然通話料も安く、従来のプランでも無料通話分が余りまくり、、、これを機にプランをさらに貧乏向けに変更しておいた。
なぜSoftBankなのかと問われればそれは、僕がMac好きだから、、、というか世のMinorityを愛する性癖を持つからだという他はないだろう。苦しいところこそ応援してあげなきゃね、、。でも、Appleのiphonが本邦に上陸したなら早急にそちらにSwitchするのは確実。

リンク: SoftBank 709SC|SoftBank.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« January 2007 | Main | March 2007 »