« March 2007 | Main | May 2007 »

April 2007

April 30, 2007

ズワイガニ1500円。安!!

ズワイガニ1500円。安!!




寺泊を散策。昼飯は、やっぱカニでしょう!何?紅ズワイガニ 一箱2000円? まじ? 身体を考えて 浜茹でズワイとハマグリをゲット、浜辺のベンチで優雅な昼食となった。こんなに安値で良いのだろうか?楽天の冷凍ガニも真っ青。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寺泊でカニ三昧

寺泊でカニ三昧




日直、拘束明けの本日。ちびっこ達ワンニャンフェスティバルへ。そう、世間はGW真っ只中。一人放牧された僕は、隼へまたがって、なぜか北陸道をひた走る、、理由なんて無いのはいつものこと。およそ230kmをひた走りお昼にたどり着いのは寺泊! 海産物屋の盛況ぶりは相変わらずだが、かって間近に迫っていたはずのビーチは重機が入り無惨に埋め立てられていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2007

今年のGWは!能登?

わずか一泊で黄金崎不老不死温泉をめぐり、本州の最北端往復というやや修行気味の行程を決行したのが昨年のこと、、。結果、得たものはなまはげがはりぼてだったというちびっ子達の認識、失ったものは僕の運転免許だった。 種々の事情でよく回らなくなっていた首に首輪を付けながらも取り戻したライセンス、、今度は大切に使いたいもの。

とはいえ、今年も水面下で進行しているのは昨年をも上回る過酷な旅、、、余震はどうだろう。ライセンスばかりか命も大切にしたい。Dscf0032
Dscf0094

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2007

朝ご飯です



本日の朝食、、駅弁って何でこうも、、寝過ごして盛岡!ってのは避けたいね。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

上野にて



難民から、市民へ復帰の朝。これから数百キロメートルをひた走り、あと3時間で始業である。昨晩の勉強会は、かなり濃かった。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2007

ことしもワカサギ部!!

ワカサギ部の定例集会。
暖冬の今年、、待てど暮らせど一向に氷結しない檜原湖に剛を煮やした猛者が集結。
現地特派員を含むいつもの4人、、湖にぽっかりと浮かぶワカサギ小屋での戦い!!
まさに孤島という表現がふさわしいこの密室で、半ば心理実験ではあるまいかとおぼしき心理戦が繰り広げられた。釣果は今ひとつ、、、ただ型は悪くなく、相変わらず部の伝統ともいうべき、まったりした時間を楽しんだのであった。
つり上げたワカサギは、こたかもり荘で天ぷらにして賞味、、うまい!!
次回の定期集会は10月という異例の早さに決定、、いよいよ僕らも本気である。Dscf0046

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もぶろぐ

もぶろぐ




携帯端末からのブログ更新、うまく行くかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ネットカフェ難民というけれど、実は僕も、、

現代の若年貧困層の代名詞ともなりつつある”ネットカフェ難民”。
日雇い派遣等でその日暮らしをする方々が、その日の宿をインターネットカフェに求めるという状態だが、実のところ僕も度々、ネットカフェ難民だったり、ファーストフード難民だったりするので、マスコミが青筋をたてて騒ぐほど悲壮なものではない事を僕は知っている。

ビジネスホテルの素泊まりが大体 5000ー8000円、言い訳程度のベッドとユニットバスでこの値段。 一方、ネットカフェならソフトドリンクのみ放題、DVD、ゲーム、漫画、インターネットし放題で数百ー数千円程度、もちろんシャワー付きである。 どちらが恵まれているか、、当然、ネットカフェに軍配が上がる。 大浴場を求めるならば、カプセルホテルに軍配が上がるわけで、僕は専ら出張時にはインターネットカフェか、カプセルホテルを常宿としている。

テレビでインターネット難民だと騒いでいるコメンテーター等は一度利用してみればいいのだ。これは、国際観光整備超後進国日本にようやく現れた、究極の安宿なんだと思う、、これで、幾分、外国人旅行者も日本に滞在しやすくなったに違いない。

Dscf0092

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 23, 2007

卒業アルバムにみる人生の行く末、、

イナ妻が興奮気味に話す、、、我がちびっ子の同級生のお母さん、これまでも仲良くおつきあいしていたらしいのだが、どうも実は母親同士も高校の同級生だったらしい。
10数年の時を経ていま、二人の女子高生の人生が交錯したわけだ、、、。
イナ妻にみせてもらった女子校の卒業アルバムには、僕自身のバンド仲間やら大学の同級生やらも含めて僕の知り合いも結構いて、うーん、いまごろどうしているだろうか?という思いが湧き上がってくる。

もっとも、そのアルバムのメンバーには僕の同業者になった女性も数人いて、いずれもやはり高校生時代からやっぱり少し違っていた感じはあったりなかったりだが、それにしても、教師になったもの、幸せな主婦になったもの、会社勤め、起業したもの、、いろいろいらっしゃるのだろう。 ふと、考えた、、、僕の同業者になった数人のいまの生活に思いを馳せると、毎日、目を三角につり上げて、フロアスタッフの先陣を切り、日夜闘う日々の人が多いのでは無いだろうか、、、多少の待遇は良くても、それはあんまりにも美味しくない!!、、と僕は思うのだ。
卒業アルバムにある、その無垢な笑顔は、職業人として活躍するいま、鬼の形相に変わっているのかもしれない、、それは幸せなんだろうか?
もっと、ほんわか生きている人もいるだろう、もっともっと辛い日々を過ごしている人もいるだろう、、。でも、才能があって、さらに努力を重ねて、その結果がどうなのか?? それはアルバムで微笑む個々人の未来でしか知り得ないことだろう。Dscf0093

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2007

隼の車検キレた!!

4月を以て車検のきれる我が隼 2002 Limited Ver. 。
走れる内に更新しようと、必須の納税証明書をまさぐる、、、が、無い!
大抵、車検証と一緒に入れておくもんだが、、ない、。
かってな推理によりイナ妻が支払い後、僕の納税証明書を紛失と結論!!有罪確定である。そんなわけで、なすすべもなく車検切れとなった我がマシン。そよぐ春の風がせつなさを倍加させる。

このまま縁側でほんのりしていても始まらない!!税務署へ電話、、17時3分の出来事、、電話口からは”本日の業務は終了いたしました、、”のアナウンス! なぜにこれほどまでに働かないのだろうか??
僕らの業種だったら、24時間365日、顧客のために利害抜きで可能な限りの対応に努めるのが常だ(、、もっとも、近年はそれすら難しくなっているのだけれども)。 まあ、怒っていてもしょうがないので、市役所に電話、、おお!今度は17時過ぎでも電話に出てくれる。 かくかくしかしかで、納税証明書の再発行を希望の旨説明すると、とても丁寧に対応可能であることを教えてくれた!すばらしい!、、ってか、当然なんだけどもね。

車検証をもって、窓口へ、、ものの数分で納税証明書の発行完了!!”おいくらですか?””いえ、無料ですので”、、ほほお、、好感触。もっとも税金納めた証明とるのにまた金とるなんていうなら、また怒りがこみ上げるところではある。

そんな、こんなで無事車検終了!!これから、良い季節、、、安全運転で行こう。


リンク: SUZUKI ROOM 〜EPISODE.5〜.Dscf0185

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2007

エースコンバット5

自堕落な日々、、、夜泣きする末っ子を傍らにあやしながら、今宵も大空を駆け抜ける。
ゲームなんぞ大嫌い!RPGなどももってのほか!(地道さがないから、、出来ない)、でも空は好き!!飛行機は大好き!!
、、で、例外としてフライトシューティング(ちゃちな2Dのはだめ)にはことのほか引き込まれる僕。古くはファミコンのスターラスター、、、そしてこのエースコンバットシリーズ、、、これ完成度高過ぎ!!音響も楽曲もスクリプトも秀逸!! 、、夜半にプレーを終え、いい加減寝ようとするも、水曜どうでしょうの録りだめ分を観てしまう根性なしであった、、、、ああ、自堕落だな。

リンク: PS2/エースコンバット5.Dscf0197

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2007

宝島 ラム酒を一杯くれ、、

寝物語としての15少年漂流記を読み終えてしまった僕ら親子が次に触手をのばしたのがこれ、、、”宝島”である。僕が小さい頃、うろ覚えながらも強烈な印象を残したこの作品を海洋ものつながりということで皆でみる事になった。
子供ながらに、海賊の社会や、ラム酒、、といった大人のキーワードにわくわくした記憶がある。一日につき3話ペースで消化、、、思ったよりもはやく一本足の正体が明らかとなり、中盤の山場を迎えるもそれ以降もまったく飽きさせずラストまで、、。
銀河鉄道999にしても本作にしても、子供が善も悪も取り込んで大人の背中をみながら成長していく過程を追った作品で、今の世の中にこそ必要だろうと思う。
宝島を後にしてジョンシルバーが姿を消してから十年後、、、いまや立派な青年航海士とへ成長したジムホーキンズが偶然目にしたのは、年老いて飛ぶ事も叶わないオウムのフリントを励ますシルバーの姿、、。年老いて尚、飛び立とうとする情熱、、、これ大切だね。胸があつくなる秀作!!

リンク: 宝島 - Wikipedia.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2007

独身ってやっぱり素敵、、、

モチベーションを上げる必要が、今の僕にはある。、、いや、今の自分というのはきっと嘘で、通年にわたってその必要がある、、はずだ。
困難な状況を無理に設定してなんとかこなす事で一応の状態を保っているけれど、ほんとはそういう事じゃないような気がする。もっと、こう、、なんか内側から湧き上がってくるような情熱に欠けている。こんなに自堕落で安穏としているのはやっぱりまずいよね、、という危機感にあおられて、、というのはやっぱり美しくない。
確かに育児は大切、仕事も大切、、趣味も大切だろう、、、うまく両立していたような気がしていたのは気がしていただけで、やっぱり難しい。家に帰れば子供達が待っている、子供達と見たい映画や行きたい秘密の場所もたくさんある、、、当然、宿舎や車輛に籠りきりで端末に向かって知的作業をする時間は絶対的に減少している、一方、帰宅した後ほんとにちゃんと子供と向き合えているのかと言うとそれもどうも怪しい、、、一緒に映画を見たり、サイクリングに出かけたり、サッカーをしたり、温泉開拓の旅に出たり、好き勝手やっているけれどもそれって、子供のためにしてるのかはなはだ怪しい、、。どうなんだろう?
やっぱり、独身って素敵だ、、、もしくは、家庭内別居のような形をとらないと本当の意味でじっくりと仕事をするってのは難しい、、のだろうか?そうだろうと思う自分はやっぱりスキルが足りないんだろう。半端がとてもいやだけれど、この半端な感じがまたたまらなく好きだったりもするのだから仕方がない。出家するにはまだ早すぎるみたい。 ちなみに、シルクドソレイユ、、ドラリオンの仙台公演のチケットはどうにも取れそうにない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2007

誕生日に自転車がやってきた!

Tの誕生日、、、、。これまで3代に渡って活躍したいきなり自転車パート2がいよいよ三輪車から脱却したH君のものになるため、Tには新しい自転車を誕生日プレゼントとして購入。
近隣の輪業店にブリジストンの20インチ車を注文。本日納車となった、、子供用といえども、6段ギア付きの本格化、いまのちびっこ車って結構凄い!!サイクルコンピュ−タ付きだ!。未就学児に20インチは結構オーバースペックで”つま先つんつん”だがなんとか乗りこなせる様子、、。僕がちゃんとした自転車を買ってもらったのは何歳のときだったろうか?当時流行の変速機付きの、リトラクタブルライト付きの自転車を手にしたときには、自分の世界が文字通り広がった気がしたっけ、、、、なれたら、皆でまたサイクリングに出かけよう。
Dscf0817_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2007

鏡が池のほとりで、、、仕事進まん!!

イナ妻はものもらいと腰痛からなんとか脱却し人間としての形を取り戻しつつある。
職場は職場で中堅、若手の離職等、相変わらずの状況である。
重要案件対処中の顧客は低空飛行の中、にじみよるように目標値へ到達、、、On diseaseの高齢者、、、困難な挑戦とはいえ、まだまだ希望は消えていない。奇跡を信じたい。
寝物語としての十五少年漂流記を昨夜完読した我らがちびっ子、、、結局夢中になっていたのはTではなく最初は男っぽい冒険物語に抵抗感を示していたKの方だった。

明けて本日、、、久しぶりにTを幼稚園へ送り、当直明けでシャワーも浴びていないのに気付き、久しぶりに岳の湯へ、、、入湯料300円、、岳温泉はアルカリ性の強いお湯で実際皮膚がぬるぬるになるのだが、髪も肌もとてもつややかになる良いお湯。ほぼ貸し切りで堪能したあと、鏡が池のほとりで積み残している仕事をはじめる、、、が、続かず、、。市内へ戻り、0金利政策からいまだ脱却する様子のないT銀行に見切りをつけ、定期を全て解約、、、全額をもって中央郵便局へ、、、ここの駐車場はまったく管理がなっておらず、整理員は要領を得ず、僕を含め良識ある車輛はことごとく割り込み組の餌食となる始末。それでも、身障者用等へ平気で乗り入れる輩を横目にタイミングよく駐車する事が出来た。局内へ入ったときはかなり機嫌を損ねていた僕だが、個人国債変動10年の注文を受けた窓口の同世代の女性局員のかなりしどろもどろな対応にまた不安が募ったのもつかの間、、なんだかとても愛嬌のある人物で待たされようが、経過利子を最後の最後になって請求されようが、なんだかその笑顔にやられて憎めないのである。こういう人物はこれで生き延びて行くんだろうな、、まさにキャラ勝ちである、、ある意味とてもうらやましい。そんなわけで、国債一つ買うのにかなりの人生を費やしたにもかかわらず、結構でこぼこな笑いまじりのやりとりを楽しんだ僕は、そのまま、近傍のラーメン屋で遅い昼食をとった。さて16時、、まだ時間はあるし人生は短い、、、図書館でこの日記を書き終えたらさっそく仕事にとりかかろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2007

蔵王開拓温泉ふたたび、、

世は春休み、、、ちびっ子も春休み。
強風ながらうららかな日、、僕は仕事疲れでダウンの休日。
乳飲み子をおぶったイナ妻がふすまの隙から、布団をかぶって久方の睡眠をむさぼる僕に向かって言う、、、”ねえ、行こうよ!”。

我が家では、さしたる目的も計画もなく、ただ単にがむしゃらに出かける事が多い。居住環境としては申し分の無い日常だが、やはりそこを抜け出して新鮮な風を浴びたいという欲求が強い一族である、、結果として風を浴び続けて疲弊するのも日常である。

ほら、僕、発熱してるし、、と留守番を決め込むつもりではかった体温はなぜか平熱で、それならば、、と一家6人総出であての無い温泉開拓の日帰りの旅へ、、、、まあ、これももはや日常なんだけれども、でかけるのはいつも午後からである、、なんて退廃的休日の過ごし方。

那須はつい先日遠征した、、茂庭のダムのほとりにあるもにわの湯も行き過ぎた感あり、なんだか塩素臭いのが気になる、、飯坂は6ヶ月の乳児には熱すぎる、、。遠刈田温泉もこないだ行ったっけ、、、。まあ、ともかく北上!!白石蔵王をかすめてドライブ、、、この辺の農地は開拓も半ばでまるで北海道の直線道路を彷彿とさせる風景、、近場にも良いところは残っている、、。風が強いのは気になるが、抜けるような青空、、、こんな青空にぴったりくる温泉は蔵王の大露天風呂かあの蔵王開拓温泉しかないだろう、、、早速蔵王開拓温泉へ、、、電話番号入力でレスポンスよく開拓温泉をナビしてくれる我が家の秀逸ナビに感謝!!。
先に、隼を駆ってこのマニアックな開拓温泉を開拓したのはもう数年前のことになるだろうか?あいかわらず、これ大丈夫なの?的な道のりと外観にドキドキしながらも、扉をあければ温かい管理人さんの笑顔が迎えてくれる。常連さんとおぼしき熟年層もちらほらのんびり和んでいていい感じだ。 当初、びびっていたイナ妻も中の様子が明らかになるに従い和みモードへ突入。 僕とつーくんのAチーム、 いなづまと乳飲み子、くーちゃん、はーちゃんのBチームに別れて入浴することになった。
この、歴史を感じさせる湯はもう最高のひとことにつきる!、、石灰化成分が多い湯のために、風呂を構成する岩は軒並み鍾乳石化して独特の風情を醸し出している。
強風のなか、露天風呂に出てみるが、さすがに熱を奪われやや温め、、、あとから入って来た男性と温泉談義をしながら長湯してしまった。

とはいえ、あとから上がって来たのはBチーム、、、一人で3人のちびっ子を担当したイナ妻であったが、入浴中は他のお客さんが乳飲み子を抱いてくれてサポートしてもらったそうだ、、皆様の優しさに感謝!

風呂上がりは、管理人さんの振る舞う温泉卵でリフレッシュ、、わさび醤油がきいたそれは子供には高レベルの物品だったが、むちゃおいしい!。しばし和んだ後、これから2度3度の温泉へむかう熟年婦人達とお別れして、帰路につく。
蔵王きつね村の外観を偵察、、ちょっと入るのはおっかない感じ、、。その後、道ばたにふきのとうをみつけ、ちびっ子達とふきのとう取りをする、、、すごく香りのいいふきのとうだ、、残念ながら、やや開きかけのものが多く、収穫はわずか。明日、天ぷらに決定!!。白石まで降りて来て、せっかくだから温麺を食べようと言う事に、、、イナ妻は三色温麺、、ぼくらは大好きな蕎麦を堪能、、温麺は短いそうめんのような印象を持っていたのだけれど、この地で食べた温麺はこしが強くどちらかといえば稲庭うどんにやや近い印象、、。そばは、田舎蕎麦ではなく更科そばっぽいあっさりした印象。最近、蕎麦しか食べてないのでさすがに善し悪しは別として、店それぞれの蕎麦の違いが明確にわかるようになって来た我が一族であった、、。

帰宅して、LOSTシーズンIIの最終話を観終わる、、、また、待ちか、、、うーん、人生の目的を失った感あり。 テレビでは能登半島の余震のニュース、、GWに予定していた能登半島への強行旅はやはり難しくなったか、、人道的には観光を通じた地元経済支援として予定通り行きたいのだけれど、家族全員の意向も考えると悩ましいところ。

リンク: 蔵王開拓温泉.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »