« 父 放牧、、子は子で忙しいもので、、 | Main | ZOOM G2.1u本日の衝動買い、ここまで来たか!マルチエフェクター »

October 21, 2007

イシモチ爆釣 宮城亘理郡

イシモチ爆釣 宮城亘理郡
たどり着いた、いつもの荒浜の堤防。時刻は18時。潮汐をみると、満潮を過ぎ引き潮の頃合い。水位は高いが、波はかつて無い程穏やか。いつも波に洗われてる部分もドライだ、これなら安心して出来る。時に水没してしまうこの堤防だが、何を以て渡れるか否かの予測をすればいいか皆目見当が付かない。どうも、潮汐による水位の変化より、風の影響が大きいようだ。先客は三名。皆堤防先端部に陣取っている。僕はいつもの、中程のクビレの部分から船道に向かって投げる。遠投は功を奏さず、堤防間近の方がイシモチの入れ食い状態。暇潰しに、穴釣りセットを足元に置いておくと、忘れた頃にけたたましい鈴がなり、メバルゲット! 数釣りに飽き、普段は近付かない外洋側にテトラ越しに投げてみる。普段波に洗われてるテトラも今日は静まりかえっているのだ。もし大物がかかったら、大変な事になるなぁ、て思う間もなく、強烈な引き! ライフジャケットとウェーディングシューズを装備してなければ自ら糸を切っただろう。 強烈な引きをなだめながら、慎重にテトラを渡る、潜り込まれたらアウトだ!外洋スレスレまでテトラを渡り、いよいよ取り込みぁ
貌類\xEB
、バキッ!余りの引きの強さに、10フィートのシーバスロッドの穂先がトップガイドごと碎けた!
ここまで来て諦められるか〜。穂先を失い超ファストテーパー仕様になった手負いのシーバスロッドで一気にぶっこ抜く!かつて無いあの引きは良型60cmのアナゴのものだった。時刻は0時、いい汗をかいた、納竿とする。イシモチ15尾、ドンコ 3尾、メバル 1尾、穴子 1尾。

|

« 父 放牧、、子は子で忙しいもので、、 | Main | ZOOM G2.1u本日の衝動買い、ここまで来たか!マルチエフェクター »

釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/16827013

Listed below are links to weblogs that reference イシモチ爆釣 宮城亘理郡:

« 父 放牧、、子は子で忙しいもので、、 | Main | ZOOM G2.1u本日の衝動買い、ここまで来たか!マルチエフェクター »