« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

February 26, 2008

YUI ユイ ついにブレイク! なら”タイヨウのうた”を観よ!

 デビュー後、”僕らの音楽”でスガシカオとのデュエットで夜空のムコウを妖艶に唄っていたのを聴いて以来、第一注目株としていたのが YUI である。それと前後して、色素性乾皮症という難病のためタイヨウの光を避けながら、音楽に情熱を傾ける少女の姿を描いた ”タイヨウのうた”という映画で衝撃的な主演デビューを果たしたYUI。 映画そのものの出来の良さもさることながら、その高い音楽性で自らテーマソング Good-bye days を唄いかなりの評判となった。 映画そのものは、沢尻エリカ主演でTV版としてリメイクされ、こちらも好評! しかしながら、劇場版のYUIの透明感あふれる雨音薫にやられてしまった僕たちにとっては、エリカ様扮する元ヤンばりばりの雨音薫像にはゲンナリ、、、、。それでもエリカ様の圧倒的なネームバリューのために、タイヨウのうたと言えば沢尻エリカ様、、雨音薫といえばエリカ様、、という認識が世に蔓延。当時、まだブレイク前だったYUIの存在感は悲しいかな薄まって行く悲しい状況であった。
 しかし、今!まさにブレイク途上のYUI 。彼女に関心のある方はぜひ、劇場版のタイヨウのうたを観て聴いてもらいたい、、、どんなPVなんかよりも、凄い事になってることは言うまでもない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2008

肋骨骨折してみたら 4花粉が舞う前に、、つながれ肋骨!

肋骨を骨折したっていうのは、日本語としてやっぱりなんだかなということで、肋骨を折ったというのが正しかろうと思う晩冬の昼下がり。骨折からほぼ3週過ぎ、主治医のおっしゃるとおり当初の厳しい痛みは無事治まり、快癒の気配。実際、肋骨骨折が治るまでの期間というのはもちろん程度にもよるだろうけれど、一般には3週間程で痛みが軽くなり、それからある程度の時間をかけて骨癒合が完了するというところの様子。ただし、自身が2回肋骨骨折をした実績のある別の整形外科医は一回目は3週程、2回目は痛みがひくのに結局4ヶ月かかったとのこと、、、。まあ、やっぱり、骨折部のちょっとした違いで治りは随分違うというのが本当のところみたい。これからの花粉症の季節、クシャミの際にはもうすこしバストバンドが必要だけれども、本格的シーズン開始までにはなんとかぎりぎりセーフといったところ。 花粉症の酷い人が、シーズン真っ盛りで肋骨を折ったとしたら、、そりゃ想像するだけでも恐ろしい。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2008

ある意味 熱い!飯坂温泉鯖湖湯 さばこ湯にて思う事

 肋骨を骨折したのが数日前のこと、整形外科でバストバンドをもらって立っている状態での痛みはかなり軽減したものの、車の乗り降りや、寝起きにはかなり苦しむ日々。Off日の今日、家で安静にしているのもかえって辛いので、気分を変えて湯治に赴く事とした。まあ、あばらも痛いし、遠出もつらいので近場の飯坂温泉 鯖湖湯 (さばこ湯)へ、、。ちょっと離れた駐車場に停めて、歩く、、、歩くたびに肋骨に響く。今日はとてつもなく寒い、、。辿り着いたさばこ湯は以前訪れたときよりも、かなり使い込まれていていい感じで味が出ている。入浴券を自販機で購入し番台へ置く。
天井の高い、浴場独特の構造は開放感たっぷり、、、一気に和む。こんなに近いのになんであまり足を運ばないのか?温泉好きである僕は、ここ数年、温泉巡りの頻度がかなり減少している、、思うに、時間がどうのこうのというよりも、やはり精神的な余裕の無さが一番と言える。子供もいるし、仕事もある、、そんな中でこそ、こういった時間が大切なのに、、これほど近くに数多くの味のある温泉地がありながら、なんとももったいないことをしているもんだと改めて思う。ただし、実のところ、温泉フリークの僕が飯坂温泉の公衆浴場をあまり訪れないのにはもう一つ大きな理由があるのだ。
 コルセットと湿布を外して、かけ湯をして、いざ湯船へ、、、覚悟はしていたがやはり飯坂の湯、、かなり手強い。飯坂温泉には多くの公衆浴場があり、それぞれが非常に赴き深い、それは当然地元の方々の生活の場として今なお現役であるが故の魅力でもある。誘客に苦戦する温泉地として、これら魅力的な公衆浴場をうまくアピール出来ればどれほどの集客経済効果を期待出来る事か。しかし、残念ながら、その試みは思った程、実っていない、、、というのが飯坂温泉を傍らから眺め続けている僕の印象だ。 原因は唯一、その熱すぎる湯温にある。 飯坂温泉といえば、その効能云々以前に、その高い湯温が特徴の一つに挙げられる。もっとも、外来客相手の各旅館にあっては、当然、宿泊者の適温に調整してある訳なので問題ないのだが、これが、地元住民の方々が古来守り続けている公衆浴場となれば全く話は違う。生まれた時から、その熱湯に慣れ親しんで来た方々からみれば、遠方より来た一見さんの観光客の都合のいいように、効能たっぷりの熱い湯を水でうめられてしまってはたまったもんでは無いのだろう。 それゆえ、湯温が熱すぎる公衆浴場が多々あり、さらには水でうめる事もままならない雰囲気が残っていることは否めない。結果として、観光客が思い描くような、飯坂温泉旅館に宿泊し、近隣に豊富に点在する魅力的な公衆浴場を湯巡りする!ということは実際上難しく、その熱さに辟易して、足指の第二関節までを浸けた時点で入浴を断念せざるを得ない場合も大いにある、、というのが実情かもしれない。 観光局ではこの事態を看過できるはずもなく、飯坂温泉を代表する公衆浴場であるさばこ湯がしばらく前に改装された際には、観光客の入浴可能性を優先に考えて、飯坂温泉らしからぬ適温に湯温が設定されたような記憶がある。
実際、いまでもさばこ湯は数ある飯坂温泉公衆浴場のなかでも最も湯温が低く外来入浴者への配慮を忘れていないと思われるのだが、それでも尚、やはり地元の方以外の人間にはかなり手強い。 浴場内には、行政側が掲げたであろう”健康のために湯温は42℃に”、”観光客のために適正な湯温を保ちましょう”、”熱いときは水でうめてください”という涙ぐましいパネルが掲示されてはいるものの、実際観光客が訪れたとして、地元の方々が入浴を楽しんでいる間際で浴槽にホースを突っ込み水でうめるなどという勇気ある行動が取れるはずもなく、あきらめて帰る方もかなり多いと思う。 地元の方はアドバイスをくれる、かかり湯を8回程して、まず一回肩まで10秒程ざっぷり入って一度完全に浴槽から上がる。それを二回繰り返すと、だんだん馴染んでくるんだそうだ、、、実際そのとおりやってみると、その通りで必要以上の熱さは感じなくなる。泉質のよさも手伝って高温による刺激もなくとても肌触りが良く芯まであったまる事が出来る。この湯温もまたこの浴場の魅力なのであって、これだけの公衆浴場が維持されてこれたのは地元の方々の生活の場であり続けるからこそなのであろう、これがぬるーい湯にうめられてしまっては、慣れ親しんだ方々にとっては迷惑な話であることは確かである。 一方、やはり子供連れの外来客や遠方はるばる訪れた観光客にとっては適温とは言い難く、観光に特化するのであればやはり、このさばこ湯一つだけでも、周りに気をつかいながら外来入浴者にホースを使って湯をぬるめさせるなどという重責を負わせる事無く管理者が湯温を適正に管理する必要があるだろう。もしくは、地元民用の熱い湯船とは別にもう一つ入りやすい温度の湯船を増設すべきである、思うにこれが最良の解決法だと思うのだが、永年を経てなお実現されないのが不思議でならない。 観光か?生活文化と伝統か?この相反する命題をいかにクリアしていくか、そこにこれからの飯坂温泉の行末がみえてくるような気がした。  

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 21, 2008

松ヶ根乱射事件

松ヶ根乱射事件
TSUTAYAで目をひいた作品。
バブル崩壊後、とある田舎町で起きた銃乱射事件にいたるまでの顛末をほのぼのとしたタッチで描く。
、、と書いてしまえばそれまでなんだけれども、独特の空気感と観終わったあとの虚無感は結構くせになるのかもしれない。
監督は山下敦弘、、、観てみると、僕のお気に入りだった”リンダ リンダ リンダ”も監督していた。なるほどね、、、香椎由宇はすばらしかったなあ。パビリオン山椒魚とローレライはなんだったけども。


http://www.bitters.co.jp/matsugane/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2008

オールドボーイOLD BOY

韓流ブームに先駆けて、薄っぺらな恋愛ドラマとは一線を画す重厚な韓国映画が多数上陸して久しい。 そんな中にあって、必ず話題になるのがこのOLD BOY。幼い愛娘への土産片手に帰宅途中の酔っぱらいサラリーマンの主人公。帰宅途中突如拉致され15年も監禁され解放。一体誰が?何のために?全てを無くした男が怒りと疑問を胸に走り出す。
実験的な演出も多いが衝撃的なラストに浮かぶのは悲しい愛の形。気負い無くイケイケで楽しめる作品。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2008

彗星に乗って

カレルゼマン監督の1970年フランス作品。無味乾燥な戦役の合間に絵葉書に描かれた美女に想いを寄せる主人公だったが戦争の最中、突如接近する火星。戦争に明け暮れる者達を異様な空気が取り囲み始めた。
圧倒的創造性を以て、リアルタイムに観客を夢の中に誘う本作品。それは、誰しもが記憶の片隅に持つ夢の欠片をスクリーンの空気感まで忠実に再現。マットペイント、人形アニメーション、当時とりうる手法を見事に駆使。 オチは、今や手垢にまみれていても、そのスケール、世界観は圧倒的!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2008

肋骨を骨折してみたら3 バストバンド(胸部固定帯)の正しい巻き方?

肋骨骨折も4回目となると、ノウハウも蓄積してくるもの。受傷後10日、、、日中はかなり楽になって来た、クスクス笑いも可能になり微笑みも戻る今日この頃。もちろん、爆笑ネタにはノータッチが鉄則。
前述したように固定が困難な肋骨骨折の唯一といっていい程の鎮痛法は可動性のある胸郭の動きを抑えて、肋骨が動かないようにすること。そうすることで、折れた肋骨が呼吸筋に引かれてずれたり、離れたりする度合いが少なくなり痛みはかなり軽減する。

その目的で、お約束のように整形外科で処方されるのが、バストバンド(胸部固定帯)という幅広の帯である。商品名はリブバンドだったりバストバンドだったりいろいろだけれども、結局構造はみな同じ。バストバンドは厚手の伸縮性の無い固定用の部分と胸郭を適度なテンションで締め付けるための伸縮性のある部分からなっている。 腰痛に用いる腰のベルトやコルセットとは異なり、バストバンドを装着する際には、非常に大切なコツというか基本原則がある。 すなわち、胸郭をもっとも縮小させた状態で固定する必要があるのだ、そうする事で肋骨は最下位に納まり、それ以上斜め下をむく事はなくなるし、またバンドで上方へ跳ね上がる事も出来なくなる、これで固定が成り立つわけである。

以上の、機構を理解した上で、バストバンドの正しい装着法を端的にのべれば、以下のようになる。

1、息を軽く吸う
2、息を最後まで吐く
3、もう一息頑張って吐く
4、その状態のまま患部を覆うようにバストバンドを巻く
このとき、患部には伸縮性のないパッド部分があたるようにする。
これで、折れた肋骨はにっちもさっちも動きにくくなるのだ。
当然、胸郭の拡張、収縮を防いで肋骨を固定するので呼吸はしにくくなり、腹式呼吸の補助が必要になります。

ただし、注意点として、あくまで疼痛の軽減を目的とするものなので過度な締め付けは避ける。
特に、心臓病や呼吸器疾患のある人(心不全、肺気腫や気管支炎など)は強くしめないように注意が必要なことは言うまでも無いだろう。
上手に使えば、強い見方、、、でも、やっぱり、クシャミや就寝時の痛みは如何とも、、。

これまで沢山お世話になってきたリブバンド(肋骨固定帯)、製品によってその使用感や効果もまちまちです。
上位肋骨を痛めた場合にはズレ落ちやすいバストバンドだけれども、こちらは肩バンド付きの優れものです。
しかも、最近 黒カラーが追加されて、付けていても目立たずスタイリッシュ。長期使用の際でも、肩ベルトのみの別売りもある良心設計。



アドール3型 肋骨骨折、胸部打撲時の最高峰のサポーター

こちらは、二回目の肋骨骨折の時に洗濯時用に追加で準備したもの、伸縮バンドが上下2分割になっているので、第7肋骨以降の下部肋骨を痛めた時でも身体のラインに合わせてフィットさせやすい。 非伸縮部は、通気性がイマイチなので、夏場にはメッシュタイプがベターかもしれません。締め付けは、伸縮部分が長い分、調整幅が大きくてソフトに固定しやすいです。肋骨骨折したら、とりあえずこれを準備すればまず間違いはありません。
Photo
アルケア バストバンドエース
肋骨骨折、胸部打撲時の定番サポーター

夏でTシャツを着る時など薄着の時期には大げさにバストバンドは目立つし、蒸れて暑いし邪魔になるもの、、そんな時はこのコンパクトなバストロックがおすすめ。ただし、ピンポイントで固定するタイプなので肋骨が二本同時に折れてるときには、使えませんし、怪我した直後で痛みが酷い時には、ちょっと圧迫が痛い感じです。怪我して1−2週経って激しい痛みが落ち着いた頃のスポーツやお出かけの際などにはお勧めです。。


女性の方が肋骨を痛めた場合、バストバンド固定でどうしても乳房が邪魔になってしまいます。
妊娠中等はさらに大変で、固定もせずにひたすら我慢させられることもしばしば、、そんな女性の方のために女性専用の肋骨固定帯がちゃんと開発されています。
こちらの医療用装具メーカー竹虎社のアドール女性用は、女性が第2−6くらいまでの上部肋骨を骨折したときに最適。 乳房の部分がカットしてあるので、胸の上部にフィットします。 伸縮部は背中の部分だけなので結構締め付けはタイトにしないといけません。 痛みが酷い時にきっちり固定するには最適です。サイズはS,M,L,LLとありますが特に小柄ではないならM−Lサイズくらいになるとおもいます。

こちらは女性の下位肋骨(肋骨のお腹に近い下の方)を痛めた際に使用するタイプです。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 10, 2008

肋骨を骨折してみたら2 肋骨ってそもそも必要なのか?

凡庸な日常のなかで、なにげに肋骨を骨折したのが数日前。
はっきり言って、受賞直後よりもこの数日たった今頃がいちばん痛かったりする。
骨折でこんなに長く苦しむのははじめてなんだけれども、それはひとえに肋骨という骨が固定のしようのない浮いた骨だからに他ならない。 他のどの部位にしろ、一般的には副子なりギプスなりで固定してしまえば、無用な痛みとはさよならできるし、実際、足を骨折した時もギプスを巻いてしまえば、平気で歩いていたもんね。

ところが、この肋骨、、結局なんのためにある骨かといえば、呼吸をするためのスポンジ状の華奢な袋である肺を内蔵保護するための檻の役目をしているのだ。なおかつ、この肋骨は呼吸筋と呼ばれる筋肉の壁で連結されて胸壁という壁を作っている、さらにこの胸壁がぐるっと肺を囲んで胸郭という空間を保持しているのだ、この空間を胸腔という。 この胸腔、じつは呼吸という人間の生存に不可欠な仕組みの根本となるもので、つまり、背骨から前方斜め下に垂れ下がっている肋骨たちが、呼吸筋の働きでぐわっと起きる上がることで胸腔の容積が急激に増大する。容積が増えた分、胸腔内は陰圧になる、、結果、その胸腔内でしょぼくれている肺は陰圧にひかれ拡張し肺内部のガス交換の本体である肺胞というちいさな袋に外気が流入する。これがいわゆる息を吸った状態、吸気である。 そして、ガス交換を終えると、肋骨がまた下斜め前方へ垂れ下がり、胸腔は縮小し胸腔内圧が高まると膨らんだ肺は圧力に押され肺胞内の空気を気管から外気に排出しながらしぼむのである。これがいわゆる呼吸であるのだが、重要なのは、呼吸をするのは肺が自発的に膨らんだりしぼんだりするのではなく、胸郭が拡大、縮小することで二次的に肺に空気が出入りするということである。

つまり、呼吸運動をまさに骨組みで支えているのが、この12対の肋骨といえるのだ。ここまでの働きをみれば、もし複数の肋骨の折ってしまったときに何が起きるか容易に想像出来るのでは無いだろうか? 複数の肋骨を複数箇所で骨折すると、呼吸自体が出来なくなるのだ。 胸郭を膨らませ息を吸おうとすると、胸腔内は陰圧になる、胸腔を密封している壁である胸壁は当然陰圧にひかれるが、肋骨はそれを支えながらさら胸郭を広げて十分な空気を肺に招くのだが、肋骨が折れていた場合、胸郭は拡張するどころか陰圧にひかれてへこんでしまう、また息を吐こうと胸腔内圧をあげようとすると、肋骨の抑えが利かなければぽっこり胸壁が出っ張ってしまって、結果胸腔内圧を上げる事も下げる事もままならず、息をすうことも吐く事も出来なくなってしまう訳だ。これは苦しい、、  ちなみに、このような状態に陥った場合は、急場はとにかくテーピングや砂嚢などをもちいて肋骨にかわって胸壁を固定するしか無い。あとは、人工呼吸器で強制的に陽圧呼吸をするか、、だ。うーん、やはり大切な肋骨。くれぐれも大切にして行きたいと思う今日この頃。 、、、って、あんた一体誰なんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2008

檜原湖でワカサギ釣り!実践!

href="http://ryusgate.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2008/02/06/wakasagi2008.jpg" onclick="window.open(this.href, '_blank', 'width=640,height=480,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false">Wakasagi2008
AM5:00 大学の駐車場集合、今回は現地特派員の手配でいつものこたかもり荘の対岸に位置する湖畔キャンプ場からのアクセス。1人釣り券付きで3750円、参加者はワカサギ部のいつもの4人と新規ゲスト母子の計6人。 肋骨の折れている僕は、バストバンドをきつく締め、息を止めてスノーモービルに乗り込むも、アクセスはかなり過酷でジェットコースター並みのアップダウンが続く。檜原湖のポイント到着まで10分弱は揺られただろうか、振動がもろに患部を直撃し悶絶、絶叫しながら涙目で釣り小屋へ。今回の釣り小屋は、ストーブ付きでさらにテーブルタイプで楽な姿勢で釣りが出来る。これでいつもの座敷タイプだったら僕はもうそのまま寝込んでしまったに違いない。釣果は残念ながらふるわなかった(各自7匹ー20匹)が、なかなか楽しめた。 激動の3月を目前に控え楽しい釣りが出来た。来年は、みなどんな立場でワカサギを釣るのかこれまた楽しみ。 

新調した、名刀正宗の感度は良好、、だが、如何せん700円で投げ売られていたリールは力不足、、来年はぜひ電動リールでの参戦を、、と思う。

釣り | | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2008

GSX1300Rハヤブサ2008年 始動!?

年末、お日様がさしたときにお散歩に連れてってあげようとした、我が隼は敢え無く電池切れの状態。
そんなに寝かせといたつもりは無かったのだけれども。 そんなわけで、バッテリーを降ろして充電したまま、バッテリーを載せないまま2008年を迎えてはや二ヶ月、、、。それほど雪も多くない今年の冬は、バイクに跨がるチャンスは多々あったはずなのだが、釣りやらなんやらと娯楽も多く、チャンスを逃し続けていた。
人間とはじつに、不合理なもので、出来なくなると無性にしたくなるらしく、透き通るような青空の広がった先日、おもわず隼のカバーを剥ぎ取ってみた。折れた肋骨も1週間程経ち、バストバンドを締めていれば立った状態ならなんとか普通に動けている。昨年末に新調したTecnickのライディングジャケットもまだ袖を通してない事だし、ここは一発、きしむ肋骨には申し訳ないがハヤブサを連れ出そう。
早速、レンチを取り出し、バッテリーを載せる。ガスは腐っていなかったらしく、オイルを焼きながらもエンジンは無事始動!! せっかくのジャケットは胸のパッドが骨折部にいい具合に当たって、とても着れたものじゃないため断念。 シートを固定して、とり回そうとハンドルを握ってみる、グリス切れとステアリングダンパーの重みがずしりと胸に、、というかピキピキっと、、肋骨に響く、、日経平均のように一挙に下がるボルテージ、、、やっぱりまだ無理みたい、、。  しょんぼりと、エンジンを切る、、。また来週チャレンジしようと誓いつつ、カバーをかけ直す2月の昼下がりであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2008

肋骨を骨折してみたら

 過去の骨折回数はかなり多い、まさにガラスの骨格。とはいえ、これまでもいわゆるまともな長管骨を折った事等無く、手足の指だったり、、だいたいが端っこのささやかな骨が折れる事が多いのが僕の場合。
 しかしながら、先日、凡庸な日常の中で、かつて折れた事のない骨が折れた。これまた、大腿骨やらのダイナミックな部分ではなく、肋骨という非常にささやかなところ。もちろん、整復いらずのお手軽なポイントなわけだけれど、思いのほか影響は大きい。受傷の瞬間、ああ、これはいったな、、と言う感覚は十分にあるも、そのまま平気で動けるため、まあ、何とかなりそうと、普通に生活。しかしながら、肋骨骨折後の苦しみは意外なところに訪れるもので、いったん寝転んでしまうと、もう起き上がれない。また、トイレでも力が入らない、、トイレでの努力は否応無しに胸腔内圧を上げ、連続性を絶った肋骨の折れた端々をまさに内側からメリメリと引き離しにかかるのだ。これはきつい、、、さらには、くしゃみも最悪、、花粉症持ちの自分にとっては一番きつい。
これまで数多くの肋骨骨折の方々を目にして来たにも関わらず、これほどまでに肋骨骨折はつらいのかとしみじみ痛感、、ほんと文字通り痛感、、(涙)。翌日、やむなく整形外科を受診し左第6肋骨骨折と診断、あえなくバストバンド(胸部固定帯)装着とあいなった。これで、立っているときの痛みはかなり軽減、しかし、咳とクシャミはやはり悶絶を免れず、、ロキソニンとモーラス60と言う大きな湿布がお友達。全治3週間。ごくろうさまです。これで人の痛みのわかる人間へと、少しばかりは成長したのだろうか、、。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2008

檜原湖でワカサギ釣り!臨戦態勢!

いよいよ寒さも本格的になり、軒先に吊るした干し柿も、我がちびっ子達によってほぼ消費され尽くした今日この頃。 ようやく、檜原湖も結氷し、穴釣りが可能な状態になった。ついに我らがワカサギ部の出動の季節!2007年の釣果を越えるべく、2008年は、これまで全くこだわらなかったタックルを新調すべく、近くの岸波へ。うーむ、高い!電動リールはあえなく断念し、せめて手巻きからリールへステップアップをはかろうと、おつとめ品の700円のリールを購入。竿も5年以上頑張ってくれた手巻き竿(800円ぐらいだったか?)から、より感度のよいものに変更!!
よし、道具は整った!!出撃の日は近し!

釣果がよければ、ちびっ子もつれて後日楽しんでみるつもり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2008

ピアノの森

ピアノの森、、、一色まこと 原作のコミックからの劇場化作品。
おケイコ事としてピアノをしている我がちびっ子にもうちょっと踏み込んで欲しいという思いもあり、レンタルで共に鑑賞。例によって、原作は読んだ事なし。しかしながら、原作のコミックがしっかりしているのだろう、それぞれのキャラクターの背景もしっかりしていてストーリーも非常にミニマム且つコンパクトにまとまっている。いまのところデューティーでしかないピアノに対してもっと自発的に取り組むきっかけになってくれるだろうか? ピアノに選ばれ、楽しみの中でピアノに接するカイ君と、まさに責務としてピアノに取り組む主人公の少年。二人の出会いを通じて共に人間的に成長するという、とてもきれいなストーリー。ピアノの演奏シーンの迫力も十分で、音響にも気をつかって鑑賞したい。声優は今をときめく天才子役の神木君と上戸彩、夢を断たれたピアニスト役に雨上がりの宮迫、、と豪華!

リンク: 「ピアノの森」.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »