« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

April 29, 2008

羽ばたくか?ユナイテッドアローズ

羽ばたくか?ユナイテッドアローズ
4月の第三週。愛情を込めてナンピンを重ねて来たユナイテッドアローズの含み損が6万円に達して、胃の痛みを覚えたのが先週の事。日経平均が上げてもまっかく意に介さない、ある意味硬派な底の見えない展開に、目がチカチカしていたわけだけれど、ここ暫く、山深い渓谷で熊とマムシに怯えながら鱒を追うのに夢中になっていた。勿論、山中でも手元の携帯端末から取引は可能だが、サクラ舞い散る美しき渓谷美を前にそんな無粋も有るまいと、しばし放置プレイ。 数日ぶりに、チェックしてみると、驚くことに、瀕死のユナイテッドアローズは、いつのまにか不死鳥のごとき復活を遂げ、まさかの急上昇!現在の損益額はマイナス6万円から一気にプラス10万円へ、。、舞い上がったボールも必ず落ちてくる、ここで、きっちり利確出来るなら一人前だけれども、惚れ込んで付き合い始めた彼女、、端から負けは決まっているみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2008

SS 駆け抜けるスタリオン!東本昌平ふたたび

Ss

あのバイク乗りのバイブルとも言える¨キリン¨の東本昌平の原作作品。本作品¨SS¨は、首都高トライアル等の所謂、走り屋御用達のオナニービデオとは一線を
画した、負け組オヤジへのレクイエム的な仕上がりになっている。 疾走するスタリオン!
ダイブツ役に哀川湘、酒井法子、MEGUMI等実力派が脇を固める。 かつて走っていた、30才代の野郎は必見!

リンク: 映画「SSエスエス」オフィシャルウェブ.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2008

渓流釣り後、免許更新 やはり二時間コース

渓流釣り後、免許更新 やはり二時間コース
雨降りの昼下がり。午前中、天戸川でスプーンをちょい投げし、20cmそこそこのヤマメとイワナを一尾づつ釣り上げたところで、ほぼ満足。めんどくさくて足が向かなかった運転免許更新に赴く。 うっかり失効で、特別メニューだった前回は頚椎症悪化でコルセットが外れないままだったため、色々と気遣い頂いたけれど、本日は無事五体満足。 講習もたっぷり二時間とありがたい限り。余談ながら75才以上の高齢者の講習は何と三時間らしい。それ、倒れやしないか?
毎度、眠気との格闘な訳だが、ここ数回は講習ビデオの出来に格段の進歩を感じる。 今回の飲酒運転予防の啓蒙ドラマは、何と遠藤久美子と宅間慎のダブル主演だ! 迫真の演技にぐいぐい引き込まれ、退屈せずに終了!いかんせん、エンターテイメントの要素を持ち込めないのは残念ながら、メッセージ性は十分。 クルマは凶器。肝に銘じよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2008

村治佳織が福島にやって来た!!

2008年春 日本が世界に誇る美しきギタリスト、村治佳織が福島県音楽堂にやって来ました。
音楽をこよなく愛するものの、クラシックなどとんと聴く事もないRYUですが、唯一アルバムを持っているのがこの、村治佳織。

Muraji


思わず、ジャケ写買いをしてしまったというのが真相であるが、ともかく美しい!!そんなわけで、ながらくお気に入りでありながらも、クラシックという敷居の高さ故に、ライブでお目にかかる事もなく数年、、、。しかし、なんと、イナ妻がちびっこのサッカー教室の会場の体育館に、その村治佳織が福島音楽堂にでギター一本での演奏会を行なうという夢のようなチラシを見つけて持って来たのだ。福島音楽堂友の会主催の演奏会で、チケットを購入するには友の会への入会が条件とのこと、、チケットはあろうことか1500円と言う破格の安価!!これは逃す手は無い、、、イナ妻に入会して頂きチケットをゲット!!妻子を連れて、初のクラシックギターリサイタル鑑賞と相成った。

PAを介さず、ギター一本とその繊細な指先から奏でられる音の波に漂う至福のひと時、、さらには、なんと握手会まであったりして、もう大満足の1日。 音楽堂友の会、、あなどれず、、。

村治佳織 オフィシャルHP
http://www.jvcmusic.co.jp/muraji/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2008

松島ツーリング 風雨に立ち向かえ!防水って素敵!

降りしきる雨、、厚く太陽を遮る雨雲を仰ぎながら、2008年春のツーリングは幕を開けた。
4月第3週の週末。不定期開催の職場のバイク仲間でのツーリング。今回は、近場でまったりしようということで王道ながらも面と向かって赴く事もちょっと憚れるであろう、かの東北の名所、松島! いつもと違って、道程が300Kmを越えないという気楽さもあるものの、出発日の天気は100%の雨天、、というかもうすでに降ってるんだが。
関東以南に居座った低気圧がじわじわとのんびりペースで北上し、丁度いい具合にツーリング日に東北でさんざんぱら雨風を僕らに見舞ってくれるという予報だ。

今回の参加はいつものメンバーで、国産アメリカン男子X1、ドカッティモンスター女子X1、国産モンスター男子X1の計3名。土曜日、各自がなんとか仕事に区切りをつけて、集合したのが14時。すでに昨夜からの雨はさんさんと降り続け、出発前からバイクも装備もびしょぬれ。もっとも、雨がいやならバイクなんぞに乗るな!ってなわけで、元気に出発。国見インターから高速に乗るプランも出たが、東北道は無意味に仙台あたりで内陸に彎曲してしまうため高速道での宮城の湾岸へのアクセスは非常に微妙。雨も降っている事だし、相対速度が上がる事でのアウターの耐水圧の問題も考慮し、地道に下道を行く事に。街中をのぞいて、4号国道は順調に流れ、僕らはたくさんの雨水を有り難くいただきながら北上。仙台を過ぎて4号から45号にうつり松島へ到着。およそ2時間30分の雨天ライドであった。

雨天走行に備えて、ここ数年たよりにしているGOLDWINのサイクロンユーロジャケットをしょっていくか、昨年購入したTEKNICのジャケットを着ていくか、、いずれも完全透湿防水仕様なので雨天もものともしないつわものジャケットだが、今回はサイクロンユーロを選択。豪雨のなかの走行でも、全くびくともしない防水性はさすがであった。しかし、悲しいかな下半身は、昨夏の富士山征服のために急遽ワークマンで購入した、一般の雨具であったため、ズボンの縫い目から浸水。。(涙)。やはり、高速で雨を迎え撃つライダーにとっては、登山用や一般の雨具では耐水圧が足りないのは明らか。 一方、ライディングブーツはいつも愛用している南海部品のこれまた全天候型のブーツであったため、まったくのドライ状態。連れの2名はいずれもジャケット、パンツでの防水に成功!しかし、ブーツが一般用だったため足部に浸水、、、、やっぱりモノって大切。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スカイフィッシュの捕まえ方

スカイフィッシュの捕まえ方、、、これも、三宮あたりで間違って買ってしまったDVD。

10代前半にはたまらないUMAの中でも最新種にあたる、このスカイフィッシュは、その高速飛行のあまりモニター上でしか、その存在を確認出来ないという、空飛ぶなぞの生命体である。 実際、その存在は世界的に報告されてはいるのだけれど、さしものスカイフィッシュも、この企画にかかってしまっては、もうどうにもたまらないわけで、、。

かなり、シュールな出来ではあり、かなり厳しいとも言える。ただ、RYU本人が映像制作部門に就労していたならば、おそらく似たような企画を大量に垂れ流していただろう事は想像に難くなく、けっして非難は出来ないというところ、、。まあ、温厚な上司の怒らせ方につづく、どぶに金、、的な作品ではある。




リンク: スカイフィッシュの捕まえ方〜板尾創路編〜.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2008

白石川水系のやまめ釣り、、七ヶ宿、横川、湯川 渓流釣行2008年4月

0804
釣れないバス釣りに辟易し、やっぱり釣るなら食べれる渓魚でしょ、、ということで、渓流デビューを果たしたのが昨年の夏のこと。装備も不完全極まりなく、海用のちょい投げセットにスプーンを結わえての参戦は、もちろんパンツまでずぶ濡れ必至で、3度の水没に耐えた我が携帯端末がついに先日、絶命!
そんな反省もあり、今シーズンは、ウェーダーなる防水装備をナチュラムで購入。それが到着した春休み最後の週末に、妻子を置き去りにして、僕は七ヶ宿ダム近隣の白石川水系を攻略に向かったのであった。

昨シーズンは、近隣の天戸川にいく事が多かったわけだが、そこを除けば今ひとつぱっとしない福島に見切りをつけて、いろいろと支流の多い宮城県の白石川水系に目をつけてみたのであった。とは言え、福島よりもひと月はやい3月に宮城県の渓流は解禁を迎えており、どちらかといえば出遅れている組でもある。早速、七ヶ宿ダムにある釣具屋で、年券(4000円ちょっと)を購入。 ウェーダーと一緒に購入した原色のショート丈のライジャケを装備して出発! 七ヶ宿ダム本体でもサクラマスなどが狙えるそうだが、初心者だしポイントの絞りようもないので、まずは支流の横川に向かう。 横川橋あたりから入渓してみると、これは息をのむほどの美しい流れ、、、新品のウェーダーは防水透湿のエントラントという素材を用いたもので、このクラスでは格安の9800円のもの。ただし、その快適性や防水性は目を見張る物があり、イメージとしてはウェーダーなんか履いたあとの片付けが大変で、釣り終わった後濡れたウェーダーを収納する袋かなんかが必要だろうと考えていたのだけれども、防水透湿性能は言うまでもなく、その撥水性も見事でどんなにずぶ濡れになっても水から上がればもうサラサラ。入渓して上がって、そのまま車にのって移動して、、というかんじで無問題!これは凄い、しかも蒸れないし。これがネオプレン製の物だったりすると、保温性はよくても車に乗せる時はびしょぬれになってしまうのだろうか、、。080426cm

ともかく、そんなご機嫌のアイテムを装備し、じゃぶじゃぶ思う存分、川をさかのぼることしばし、、、いつしか、川は幅30cm程の幻想的な渓谷美に包まれた流れになっていた。しかしながらその美しさとは裏腹に、生命反応ゼロ!! いくつかポイントを替えて遡行してみるもまったく魚影なし。みれば、川底には泥が堆積、、これじゃ望み薄。そんなわけで、湯川にターゲットを変更!!こちらは横川とは違って、より現実的な流れである。点在するワンドを中心にスプーンを投入すると、全流程で都合5尾程がスプーンをチェイス、、、うち3尾がヒット!さらにうち1尾を取り込んだ。上がったのは美しい26cmのヤマメ、、。本当は、今晩のおかずにKeep予定だったのだけれども、あまりの美しさにリリース!!いい引きをありがとう!!キャスティングの精度も結構上がって来ているけれども、如何せんラインは海でのメバル釣りでの2号のままなもんだから、糸よれも酷く、感度も劣悪、、それでも釣れはするもんで、また来週あたり、この界隈をめぐってみようと思う。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2008

初イワナ!白石川本流 2008年4月

初イワナ!白石川本流 2008年4月
朝5時起き。七が宿ダムでサクラ鱒を狙うも、闇雲にキャストを繰り返す釣りに虚しさを感じ、止め。白石川の本流を釣り上がることにした。中流域は、水量が多く釣りにならず、さらに上は、悪趣味な護岸のせいで雰囲気は最悪。 やむ無く、茂が沢との合流付近を探ると、5gのスプーンにイワナがヒット!25cm。そういえば、昨年来、上げた渓魚はヤマメばかりで、イワナは初! その後は魚影も薄く、湯川にステージを移す。 数尾のチェイスが有るも口を使ってくれず。スプーンのカラーチェンジ、ミノー、そして最終兵器のスピナーと手を尽くすもヒットに持ち込めず。再試合を約束し川を後にした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2008

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ なんで英語?

鬼才 三池崇史監督の和製マカロニウエスタンならぬスキヤキウエスタン。冒頭からクエンティンタランティーノが出てくるあたり、すでにどういった路線を狙っているのかは明らかだが、クエンティンを除く全てのキャストが日本人の邦画なのに西部劇だからやっぱりセリフは全編英語の日本語字幕という、超無駄なエフォートが課せられている作品。 伊藤英明、佐藤浩一、伊勢屋祐介、香川照之、木村佳乃、石橋貴明などなど、あまりに濃いキャスティングのせいか、主演の伊藤英明の影は非常に薄く、実際上、スクリーンで観客の視線を釘付けにするのは、その美しい肢体を踊らせて活躍する桃井かおりだったりする。 実年齢がいか程かはまったくしらないけれども、あの年齢でなおあの身のこなしと美しさを保っているのはやはりひとえにSK-IIのたまものなのであろうか?
実際、期待していた程、突き抜けてはいなかったけれども、それなりに楽しい一作である。
リンク: Sukiyaki Western Django Official Site/ スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ - オフィシャルサイト.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2008

Stick It!  以外と骨太な女子体操映画

Stick It!  以外と骨太な女子体操映画
かつて、天才少女として期待を浴びた若き体操選手、、世界選手権団体戦の床を目の前に突然のリタイアをし、団体のメダルをふいにしたという苦い汚点を持つ。生活は荒れるに任せて、仲間とつるんでは悪さし放題、、保護観察処分を経て、少年院入りか選手復帰かの選択枝を突きつけられる。
しぶしぶ、競技復帰を果たした彼女がとった行動とは、、?

古くは頑張れベアーズやマイティダックス、、、マーチングバンドでの若者の再生を描いたドラムラインや、とことん青春コメディに徹したチアーズなどの米国スポ魂路線というのが、一つの確立されたジャンルになっているようだけれども、本作”Stick it !"もその流れを組む、女子体操もので配給も由緒正しく健全なディズニーときている。

、、、が、しかし、その内容たるや、かなり骨太で熱くアナーキー! 自分自身、体操に関する知識は、当然ながら持ち合わせていないけれども、つねに評価にさらされ、革新的な技術や表現で新しいことにチャレンジしようと取り組む若き選手が、いかに旧態然とした形式を重んじたジャッジに苦しめられているかが非常に端的に描かれていて驚くことしきり。

リンク: Stick It! -- The Official Movie Website.

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 07, 2008

一番大切な人の怒らせ方、温厚な上司の怒らせ方

先月、渋谷のTSUTAYAで目に飛び込んできた、碑文谷教授による”一番大切な人の怒らせ方、温厚な上司の怒らせ方”。 業務上、悲しい出来事が重なり、脳みそを溶かしておきたいと思っていた矢先に見つけたのがこのDVD。 パッケージからは相当の期待感が持てたため、即購入したわけだが、これがかなり厳しい出来、、というか、痛い作品。 あらためて、マーケティング上のタイトルとジャケットの大切さを痛感。
これを、ヒットさせた業績はまさにマーケッティングの妙にあろう。 即、BOOK OFF行きとなりました、、、だって、もらってくれる人すらいなかったもんで、、(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2008

かくして親子は疎遠になっていくのか、、?

 7歳のわが子は僕同様の旅好きである。 子供をまだ持たなかったころ、子供が生まれたなら、一緒にいろんなところに旅をして、いろんな映画を観て、、といろいろ思い描いていたもの。
 確かに、第1,2子までは、生後6ヶ月の時点から飛行機で飛び回り、北海道やらなんやらと無軌道に旅を続けたものだ。1歳で字幕の洋画デビューも果たし、相当の数の映画も観たりしたっけ、、、あての無い旅を喜んで、和気藹々と楽しんでいたものだが、最近は小粒な企画ばかりが多く、なかなかに思い切った旅に出れない。

その理由は分析するに以下のとおりだ

1、子供が増え、飛行機、電車、宿泊などのコストが増加
2、物理的に抱ききれない、危機管理の限界をこえている(水際には連れて行けない)
3、それぞれの子のニーズが分散し始めた(映画を見に行くにもそれぞれに観たいものが異なる)
4、それぞれの子の社会生活環境が確立した
5、父親は実は隙あらば釣りとバイクの出動の機会をうかがっている

そんな、こんなで、最近では出来合いのキャンプやらなんやらの企画が増えている、、、。ちびっ子らにとっても、TDSなんかよりも仲良しの友達とあそぶ近くの公園の方が圧倒的に楽しいはずで、それは親としても十分に理解出来、かつコスト的にも望ましい現象である。 、、だが、やっぱり、旅はしたいもので、、、。

今年に入ってからも一月ごとに、大阪、兵庫、そして大阪、東京と最近めまぐるしく駆け回っているが、やっぱり家族で緊張感のある旅をしたいと切に願う新宿の夜であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2008

ユナイテッドアローズの憂鬱 どうした?がんばれ!

ユナイテッドアローズが元気ない、、、かなり無い、、。ゼビオでさえ頑張ってるのに、、、。
そんなわけで、本日、丸の内のユナイテッドアローズ店舗を偵察、、、。うーん、、やっぱり元気ない、、ほしい服も無い。はあ~、、、IRでは、和服にも力を入れていきます、、なーんて、意味不明の方針を打ち出しているし。
一方、BEAMSは、、やっぱり結構いいんだよね、、雰囲気も。 しょんぼり。
もっとも、今後の購買層の推移を見れば、確かに若向けよりも、どんどんシルバーよりに商品レンジを移すというのは理にかなった話ではある、、が、しかし、、和装とはまた、、、動機は伝統技術および伝統文化の継承という高尚なものなのだから、今後もひっそり応援していきたいと思う夜なのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »