« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

May 30, 2008

Augusta Camp 2008とELTと情熱大陸と、先行予約の甘い罠、、

イナ妻が持って来たローソンチケットだかなんだかの小冊子。
おーおー、ライブ行きてー!
本来は、バイクに跨がり、北の聖地で行なわれるRISING SUN ROCK FESTIVAL in EZOに行くのが悲願でもある僕だが、如何せん子だくさんでは叶わぬ夢。 聴かせられるアーティストも限定されてしまう。
ぱらぱら見てると、まあ、当たり障りの無さそうでかつ、良さげなステージとして、ELT, Autusuta Camp 2008, 情熱大陸ライブ、、あたりが目に留まる。 Augusta CampなんかはDVDも持ってるくらいなので結構、好きな面子、、出演は杏子、山崎まさよし、スガ シカオ、COIL、あらきゆうこ(mi-gu)、元 ちとせ、スキマスイッチ、長澤知之、秦 基博、、、うーん、やっぱり杏子最高!

どのみち、プレプレ予約で抽選なんだから、3つ全部申し込んで一個でも当たればラッキーなんじゃない?と言う事で、イナ妻がケータイからネット予約。
数週間後のち、見事にと言うか、やっぱりというか、三つともすんなりと抽選を通りぬけ予約完了との知らせ、、、家族6人の我が家は、一つのライブだけでもチケット代は3万円をゆうに越える、、やべ、、ちょっぴり青ざめる、イナ妻と私であった。

http://www.office-augusta.com/ac2008/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2008

SHAKA LABBITS 嘘を混ぜ込んだ真実のスープ

無類の女性ボーカル好きの僕が数年前に見つけたのが、SHAKA LABBITS なるグループ。アルバム CRUTCH で怒涛のグルーブと圧倒的歌唱力を見せつけた。Pearlの田村直美が、汎用性の乏しいカミソリのような声質とするならば、こちらは野太い鉈のような声。器用にポップからパンクまでこなせるみたいだ。 本作、嘘を混ぜ込んだ真実のスープ は、世界観を統一するあまり、個々の楽曲がこじんまりしてしまったのは、とても残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2008

BATES C.T. M6 GORE-TEX SIDE-ZIP BOOTS良品ひとつあれば良し、そんな僕のFoot wearは、、

ついに見つけたか?理想のブーツ!C.T. M6 GORE-TEX WATER-PROOF SIDE-ZIP BOOTS

世の中にモノ溢れども、、自分としては、一つ信頼にたる品があればそれで良いと思い30年余、、。
靴もしかりで、もはや20年来、苦楽をともにしてきたのは、とある外国のショートブーツ。
職人さんが一所懸命作ってくれたその靴をはいて、北は北海道、、南は沖縄まで、、いや海外にも進出したけれども、バイクに乗る時も、ライブをする時も、野原を駆け巡る時も、合コンをするときも、、いつだって一緒だったあのブーツ。
しかし、悲しいながら、海釣りだけはいただけなかったらしく、Oil resisitのソールは船釣りで海水にまみれたあと、十分なケアをしてあげなかったばっかりに、後日ばっつりと割れてしまったのだった。ソール以外の革はいまなお堅牢で、通常履きにはいまでも現役だけれども、命がけのミッションには割れたソールは連れて行けない。すでにそのメーカー自体が消滅し、二代目を求めることも叶わないまま、これぞという出会いを求めつつもすでに十年余の月日が流れて来た。

バイクにも乗れて、街も歩ける、旅にも行けるし、険しい谷ものぼれる、もちろん仕事もこなせる、、そんな信頼性のあるかつデザインの優れたFoot wearを探し続けて来たわけだ、、オフロード用の強固なライディングブーツで有名なGAERNEが日常使用も考慮したショートブーツを数年前に開発して、それも候補に検討を続けて来た訳だけれど、やはりデザイン的に今ひとつ垢抜けない、、そんなこんなで悩みつつも、ついに、長い相棒になりそうな、ブーツを発見!、、あのアメリカンテイスト溢れるバイク乗りの革ジャケットで印象的なメーカー、、BATESのブーツだ。 驚いた事に、このBATES、、バイク乗りの僕には、単なるバイク関連のアパレルメーカーとしての認識しかなかったのだけれども、じつのところバイク用の革ジャケットこそが副業で、本来は軍用品メーカーなんだとさ、、、そうか、、そうだったのか、、。

んで、僕の無軌道な生活について来てくれそうな靴がこれ、、BATES C.T. M6 GORE-TEX WATER-PROOF SIDE-ZIP BOOTS。やっぱりバイク乗りとしてはGORE-TEXは欠かせないもの、、、耐水透湿性は大切!ソールはおなじみのビブラム、金具という金具部分を樹脂製に替えてステルス性に配慮してあるんだそうな、、 なんでも、都市型テロに対応する特殊部隊採用のものだそうで、それなら僕の生活にも耐えうる造りになっているはずだろうと感じた次第。 さて、到着が待ち遠しい今日この頃。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2008

天然コケッコー

田舎の分校、、複式学級。
プール代わりの海水浴、、
イナ妻が通ったであろう、かの小学校も、大体こんなかんじだったのかな?

”今日の給食は なかよしごはん です” なーんていうお昼の放送がなんだかじんわりと効いてくる、そんな作品でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2008

仮面ライダーThe Next

仮面ライダーThe First に続く、オリジナル仮面ライダーシリーズのリメイク。
Thenext_2

圧倒的なライダーの造形のリファインは感動的。 これまでも、劇場版やOV作品では、余裕のある予算を背景にライダーの造形に拘るケースはあったものの、どちらかと言うと、昆虫をベースにしたデザインの基本に立ち返り、如何に虫っぽく見せるか?に拘る傾向にあった。

しかしながら、今回のシリーズでは、昆虫らしさには拘らず、本気でプロポーションを追求! 今回初登場となる、仮面ライダーV3の美しさは特筆に価する。 ストーリーうんぬんと言うより、その進化した造形美を堪能あれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2008

クリスピークリームドーナツ体験記!宿無し親子旅GW5 Krispy Kreme Doughnuts

Photo

築地での寿司で朝食を済ませた僕らは、無軌道に早朝の銀座を徘徊。当然、なーんも、する事無し。そういえば、あの行列の出来る有名なドーナツ屋が近くにあったっけ?クリスピークリームドーナツ? 今からなら、そう並ばずに買えるかも?ということで有楽町の地下駐車場に車を停めて、いざ出撃。開店の30分前の朝7時だが、人気のないビル内から有楽町駅に向けて早くも行列が、、。クリスピークリームドーナツ恐るべし!
クリスピークリームドーナツ
ここは、並んでいる間に各自一個づつ、試食用のドーナツが配給される。一家六人中、行列をリタイアした僕と一才のチビ以外が、無事にドーナツをゲット! 12個のバラエティーアソートを購入。ミスタードーナツと異なり、縦ではなく平置きに箱詰めされるため、パッケージは巨大! 早朝の有楽町界隈を巨大なドーナツ箱を抱えて離散するクリスピークリームドーナツ帰りの人々の姿もまた重要な広告媒体になるんだろう。 肝心のお味の方は、大方の既報通りとにかく甘い!せっかくの溶けるような生地がもったいない? 我ら六人はドーナツの大箱を抱え何故か浅草へ進路をとるのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2008

つばめKitchenにて

つばめKitchenにて
土曜日の夜、地元での仕事を終えて、なぜだか今、品川のAtre内のつばめKitchenでつばめ風ハンブルグを食べている僕。 つい3日前に、クリスピークリームドーナツを買いに有楽町に来たばかりだけれども。 福島の街には、全く出て無いと言うのにね。まあ、あすこは飲み屋しか無い廃墟と化して久しいが、、人の流れを取り戻すのは難しいだろう。 仙台か東京があまりに近すぎるもんね。 さて、AXCはどう奮闘するのか? 期待したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

草津温泉さようなら!僕らは築地に寿司くいに、、:宿無し親子旅GW4

 草津で当然のように、今夜の宿がないことに気付いた僕ら宿無し親子6人、、、ここ草津で温かい温泉と布団を手に入れるか?それとも、新たな展開を求めて旅立つのか?決断の時、、。旅程は残りわずか1日、、ここ草津にとどまる理由はあまりないだろう、、ここから、長野に抜けるか?軽井沢か?しかし昨年の展開も能登半島から軽井沢、長野へと展開して行っただけに、重複は避けたいところ。ここは、関越を南下して東京を目指してみよう、、、現在20時、、渋滞がなければ東京までは約200Kmの距離、、日付が変わる前後で東京へ着けるかも知れない。 
 
 信州伊香保ICから一挙に南下、、しかし、ほどなくしてGW特有の渋滞にはまる、、ナビをたよりに下道を迂回、、東京へ入ったのは、すでに最終日AM1時を過ぎた頃、、もう少し早ければ、お台場まで抜けて大江戸温泉物語で入浴と仮眠を目論んでいたのだが、すでに入浴はしまくった訳だし、ちびっ子もすでに夢の中。GW2夜目は首都高速南池袋PAでの車中泊と相成った。しかしながら小さなミニバンでリクライニングもままならない状態での、車中泊はかなりきつい、、。こりゃ絶対血栓飛んでるな、、。

 ぎりぎりの状態で迎えたGW3日目最終日、、AM5時、、首都高を抜けて、銀座のメインストリートへ、、、人の気配の無い早朝の銀座を一家6人を載せた愛車はまさにブラブラ、、、これがまさに銀ブラだなーなどと感想をのべつつ、朝食場所を探すがファミレスライクな店舗は銀座には見つけられず。より庶民的な新橋を経て、修業時代に多少土地勘のある築地へと足を伸ばす、、、ここ築地は魚市場という土地柄、朝が非常に早く、新鮮で美味しい寿司やどんぶり物等を早朝から堪能することが出来るのだ。築地市場内の駐車場へ車をとめて、市場をそぞろ歩き、、、ここ築地にはかの吉野家の1号店もあるのだが、せっかく築地に来たのだからと、朝っぱら(AM6時)から寿司屋へ、、、。
 Photo_6

 かつてない、ヘビーな朝食に胃袋も多少驚きを隠せない印象か?美味しいお寿司を堪能して、築地をあとにしたのが6時50分ほど、、、まだまだ、東京が目覚めるには時間がある、、、さて、どうしようか?
 ふと、ここ数回、食べ損ねている高級ドーナツのクリスピークリームドーナツが話題にのぼる。なんでも、長蛇の列がいまだに絶えないプレミアムなドーナツブランド、、、いまから並べばたいして待たずに食べられるんじゃないだろうか?という、なんともいい加減な論拠に基づいて、今度は有楽町へ車を走らせる。クリスピークリームドーナツの入ったビルの地下に駐車し、まだ眠りから覚めていない暗いビル内を覗くとそこにはすでに行列が、、、。恐るべし!クリスピークリームドーナツ! 果たして僕ら宿無し親子はこのプレミアムドーナツにありつけるのであろうか?Photo_7

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2008

勢いで訪ねる草津温泉:宿無し親子旅GW3

せっかく近くまで来たのだし、もう二度と訪れる事も無いであろう、草津温泉に立ち寄ってみる事になった。草津温泉は、あまりに有名すぎる温泉地であるため、駐車場は何処も満杯!湯畑などの見学は諦めて、すこし離れたところにあるテルメテルメという日帰り温泉施設で温泉とプールで子供達を遊ばせる、、、。それなりの施設ではあるが、プールも温泉もこじんまり、、、、どうしてもサンバレー那須と比べてしまうと、インパクト不足の感あり。やっぱ、サンバレー那須は半端ないことを改めて痛感!
Photo_5

 夕方になり、多少人気もひいた事を期待してもう一度草津温泉中心街へアタック!やはり駐車場は満杯ながらも、ちょっとの待ちで無事駐車。宿泊の予定も無いのに、温泉客にまぎれて街をそぞろ歩く、、夕暮れの草津温泉街は結構味があるもんだ、、蒸したての温泉まんじゅうは、日頃口にするものとは全く別ものの美味しさ、、とそこで事件が起こった! イナ妻が饅頭の試食に没頭しているうちに、下から二番目のちびっ子が行方不明になってしまったのだ、、待てど暮らせど、探せども手がかりなし、、やむなくバスターミナルからほど近い交番へ。”すいません、子供が迷子になってしまって、、、” ”それは心配ですね、さっそく手配しましょう、お子様の服装は?” 正直、びっくりしたのだが、我が子の出で立ちをまったく記憶していなかった僕はかなりしどろもどろ、、、。”今晩はどちらにお泊まりですか?” ”いや、、宿泊の予定はないんです、、これからどこへ行くかもまだ未定ですし、、” うーん客観的にどうみてもかない怪しい親である。 冷や汗をかきながら質問に答えていると、交番の電話が鳴った! どうやら、我がちびっ子を保護してくれている方かららしい。”では行ってみましょう!” これまでも、幾度となく警察の方々にはお世話になっているが、毎度の事ながら頭の下がる思いである、、、親の監督不足での迷子だというのに、嫌な顔一つせずに保護されているところまで案内して頂いた。保護してくれたのは、ガラス工房のお店のスタッフの方で本当に親切にしていただき、お礼の言葉も無い程であった。 


ほっと一息、夕食の蕎麦を食べ終えて、夕闇に染まる湯畑を家族6人でぼんやり眺めながら、頭に浮かぶのは当然、、今夜のこと。 夕暮れの草津温泉街、、浴衣姿で宿へと帰って行く人々の背中を見ながら、気分はすこしマッチ売りの少女的なモードへ、、そう、僕ら6人に宿は無いのだから。 GW2日目、夕闇せまる草津に寝床を探すか、それとも再び新たな展開を求め旅立つのか?僕らはこれからどこへ向かうべきか?それが問題だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2008

尻焼温泉 あこがれの秘湯へ!宿無し親子旅GW2

尻焼温泉は群馬県草津温泉の隣にある。のどかな風景と渓谷美に彩られた六合村を流れる河川そのものが湯船と化したダイナミックな温泉だ。広い河川の川底からは所々源泉がわき出し、自然そのままのワイルドさ満点の秘湯である。
もちろん、自然そのままの温泉なので、湯温も湯量も自然任せ、、気温と、水温、降水量などによって入浴に適さない時期もあるようだ。
日本中の秘湯をこよなく探求しつづけている僕にとっては、この尻焼温泉はまさにあこがれの地。別冊OUT RIDERでその存在を知ってから、いつかは、、と想いをはせて十数年、、、これまで、幾度となく至近を通過しながらも立ち寄る事の出来なかった温泉なのである。Photo_3
 上毛高原キャンプグランドのテントで朝を迎えた我々は、コーンスープと焼きたてのパンでの朝食を済ませ、早々と撤収。上毛高原に別れを告げて、一路尻焼温泉を目指した、、。渓谷沿いのワインディングをひた走る事およそ50Km余り、、、山深い県道沿いに数多くのバイクと車、、そしてキャンプ生活をしている人々がちらほら目に止まる。河原脇の村営の駐車場はすでにかなり混雑していたが、なんとかスペースを見つけて駐車。すでに、家族一同水着は着込んである、、タオル片手に川沿いの道を250mほどのぼって行くと、眼下に広い川いっぱいに入浴を楽しむ人々を発見! ちびっ子達も浮き輪片手にこのワイルドな湯を堪能。川底は大石がごろごろしていて、膝下から肩までと深さもまちまち、、、。堰を隔てた湯温の下がった下流では子供達がプール代わりに泳いでいる。尻焼温泉の川自体は混浴で脱衣所もなにもないため、水着着用が基本になるが、川の横にはこれまたワイルドな半露天の内湯?もあって、こちらは水着禁止である。Photo_4

 近くに温泉旅館はあるものの、この尻焼温泉そのものは自然の賜物であるため、入浴料は無料で24時間いつでも入れる。しかしながら、自然そのままの川底には水苔がびっしりと生えていて、非常に滑りやすく夜間の入浴はとても危険と思われた。この5月のGWは湯温も安定していい湯加減、、初夏の新緑を眺めながらの入浴は素敵な体験であった。ただ、ちびっ子達といえば、昨年も黒部渓谷に湧く、釣鐘温泉河原の湯という、これまた凄い川そのものが湯船になっている温泉を経験していることもあって、あまり驚く様子も無いのがちょっと複雑、、。 1時間ばかり、のんびりしたあと、昼過ぎに尻焼温泉を後にする、、、例によってこれからの予定はなにも決まっていない。時刻はちょうど昼下がり、、さて、これから僕らどこへ向かおうか、、、?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2008

上毛高原キャンプグランド: 宿無し親子旅GW1

上毛高原キャンプグランド
GW中盤戦。ガソリン価格に脂が乗った頃合いに、またしても無軌道な旅に出撃。目指すは、幾度も近隣を通過しながら逃していた、尻焼温泉。 草津温泉の近くに湧くこの尻焼温泉は川そのものが湯船になっているダイナミックな温泉。 福島からの距離300余Km。 11時に出発し17時に群馬県高山に到達。当然宿なしはいつもの事ながら、1才から8才までの4人の子連れが故に、野宿は避けて、尻焼温泉近くでキャンプ。 サイトは上毛高原キャンプグランドをセレクト。 近くにある、みどりの森キャンプ場に比べて子供向けのアスレチック施設があるわけでも無く、サイト自体は非常に硬派なつくり。 すべてのサイトに車を横付け可能で便利な一方、サイト内を瀕回に車が往来するため、幼児を放し飼い、、という訳にはいかない。 レンタル備品は一通り揃い、男女別のお風呂が無料。大人がのんびりするには良いサイトである。 水が良いのか、入れたお茶はマイルドで旨い。アクセスは高山ゴルフクラブを目標に来ると見つけやすい。
Photo_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2008

松川 釣果報告2008年5月第1週ABUのCardinal33レプリカモデル水没

松川 釣果報告2008年5月第1週ABUのCardinal33レプリカモデル水没
先週三尾を掛けた松川に朝イチで赴く。水量がかなり多く、ワンサイズ重いスプーンで何とか様になる感じ。魚影薄く、アタリ無し。 フライのおじさんも、昨年は30尾掛けたんだけどね〜とのこと。 大本命のプールの手前で根掛かり。軽く煽ると、バリバリっと、心地よい乾いた音が響いて、あろうことかグリップが真ん中から真っ二つ。当然リールから先は濁流に没し消え失せた。 そんなバカな? ロッドが折れるならまだしも、何故にグリップが?手元に残ったコルク製のグリップを見つめ暫し放心。 確か高級コルク製グリップだっけ、、そんなことはともかく、ルアーもロッドも諦めよう!だが、リールまでもが川の底なのだ。プレゼントでいただいたABUのCardinal33レプリカモデル、、CRC556を吹いて磨いたばかりだったのに。
回収を決意し、川の中へ、大石周りの深みの中足先で探ると幸運にも根掛かりしたラインを感じる、慎重にラインを手繰って無事回収。
今日は大人しく三次郎で温泉にひたって、子育てにいそしもう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳥の海、磯浜漁港 釣果報告 2008年4月第4週

鳥の海、磯浜漁港 釣果報告 2008年4月第4週
ゴールデンウィーク開幕の鳥の海。ファミリーで一杯。防波堤側もかつてない程の混雑ぶり。水温が上がらず、魚影無し。先攻者の釣果は全員でアイナメ一匹のみ。試しに竿を出すと、テトラ周りでドンコがかかった。
磯浜漁港に南下するもこちらも奮わず。浜辺には、先日辛うじて引き上げに成功した難破船が真っ二つに割れた醜態をさらしていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »