« 天戸川 釣行記 2008年6月 | Main | エプソンアクアスタジアム 水族館レビュー »

June 22, 2008

鳥の海 釣果報告2008年6月第4週

仕事に区切のついた土曜日の夕刻、、、夏場バテ気味でくたびれ果てたため、子供を連れてインディジョーンズでも観に行こうか?と企むも、16時の回はすでに始まっている。やむなく、自然と車は自宅とは反対方向へ、、さらには知らないうちに高速に、、そして、いつものように鳥の海に着いていた。すでに時刻は18時、そしてなぜかかなりの濃霧。いつもアオイソメを買う”たまや”のおじさんも渡船が休みなのかお店番をしている。 いつもの、サーファーたちの浜を通り、防波堤へ向かうと、なんと護岸工事中のためゲート閉鎖中。やむなく、1キロ程の道程を装備を背負って歩く。 いつもは、車高のないコペンをバコンバコン言わせながら、轍をさけてアプローチする未舗装路を歩く歩く、、そういえば、釣り用のブーツではなく、Batesのタクティカルブーツのまま来てしまった。以前愛用のブーツが海水でダメージを受けたこともあり、ちょっと心配、、けど、きっとこのブーツなら大丈夫だろう。

夕暮れ時の、鳥の海の防波堤、、人影ひとつ見えなかったのに、水路近くから釣り人がちらほら、、みな砂浜側を迂回して車でやって来たみたい、ぺたぺたの僕の車では無理な芸当だ。 釣果は、水路側とサーファーの砂浜側でイシモチとアイナメが少々とのこと。僕はいつもの防波堤尖端まで歩いて行く、こちらはみな動きがない。 イカとイソメで投げ釣りを挑むも、全くと言っていい程喰わない。 真っ暗になって、釣り人も消え、心細くなった20時30分過ぎに撤退を決意。明日の日曜日も朝から仕事だし、、。
真っ暗な水路沿いを、とぼとぼと歩く、、防波堤に無造作に置かれた巨大な鋼鉄製のクレーンや鉄籠のシルエットが幻想的といえば幻想的、、しばらく歩くと、赤外線系のあかりがちらちら、、水路沿いで七輪をともして宴会のおじさん達だ、、しばらく、釣果報告。おじさん達も釣れないと酒の肴が無いらしい。
にしても、やはり暖かい炎は心が安らぐものだ、、最近のLEDや蛍光灯ランタンの寒々しい青い光とはまったく違う。 とはいえ、僕の装備的には、LEDランタンが最も必要な物ではあるのだけれど。

|

« 天戸川 釣行記 2008年6月 | Main | エプソンアクアスタジアム 水族館レビュー »

釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/41610536

Listed below are links to weblogs that reference 鳥の海 釣果報告2008年6月第4週:

« 天戸川 釣行記 2008年6月 | Main | エプソンアクアスタジアム 水族館レビュー »