« 鳥の海 釣果報告2008年6月第4週 | Main | こむこむ にて »

June 25, 2008

エプソンアクアスタジアム 水族館レビュー

品川プリンスホテルに隣接しているエプソンアクアスタジアム、、都市型の水族館である。品川駅直近でアクセスも良く、子供連れにも持ってこい!の好立地。 これまでも結構、業務上おなじビルのシネコンなどには足を運んでいたのだけれども、今回家族連れでこのエプソンアクアスタジアムを訪れる機会があったので、ちょっとしたレビューをのこしておこうと思う。
Photo_3

さて、品川駅を降りたら、徒歩にて品川プリンスホテルへ向かうと、そこにエプソンアクアスタジアムがある。品川プリンスホテルAnnexビルに入っている訳だけれども、水族館の他に銀河鉄道999の世界観を持ち込んだジェットコースターと屋内のメリーゴーラウンド、そしてこれまた屋内のバイキング(船がスイングするあの定番アトラクション)の3つの施設が入っている。銀河鉄道999のコースターは確か昨年乗ってレビューしたと思うので、今回は水族館に絞ろう。

地元のいわき”アクアマリン”や沖縄の”美ら海水族館”なども含めて、水族館はかなり網羅した側の意見として、当初さほど期待もなく入場。しかしながら、エントランスから続く、もはや定番となった感のあるトンネル状の水槽での展示は結構ガンパっている印象。サメやエイなどインパクト重視で成功している感じ。もっとも、それ以外のブースではスペースの制約も大きく、これといって突出したものはない。それならばと、アシカのショーに期待!! ここでは、二組のアシカとトレーナーが出し物を競い合い、観客の歓声や拍手を集音計で数値化し勝敗を決めると言う趣向になっている。この、勝負を持ち込んだ事で、芸がさほど無くても、テクニック次第で観客を湧かすことに成功している。 続いて、イルカのショーへ移動。イルカやクジラでかなり高度な出し物を展開しているのに、前説やショーの最中ずーっと唄い踊りつづける良くわからないサンバチームのようなMC軍団がいて、観客はイルカに目が行かず、彼らの唄と踊りに注意をそらされてしまう始末。結果として、一生懸命頑張っているトレーナーとイルカ達のパフォーマンスをスポイルしてしまっているような気がした。 また、派手さを演出したいばかりに、とにかく複数のイルカとトレーナーが一斉にジャンプや芸をするもんだから、観客は何処をみていいのかまったく解らない。 ひとつひとつ丁寧にみせてくれると、もっと素敵なのにとすこし残念。総じて、いろいろあるけれど、子供達はそれなりに満足したみたい。 アクアマリンみたいに、何かを学ぶ、、というコンセプトではなく、水族館以外のアトラクションも抱き合わせた上でレジャー用、デート用としては必要十分な施設と思われました。Photo_2

|

« 鳥の海 釣果報告2008年6月第4週 | Main | こむこむ にて »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/41610950

Listed below are links to weblogs that reference エプソンアクアスタジアム 水族館レビュー:

« 鳥の海 釣果報告2008年6月第4週 | Main | こむこむ にて »