« 子連れ富士山登山2008序章3、これって高山病ですか? | Main | オリオン座からの招待状 »

July 27, 2008

子連れ富士山登山2008序章4、8合目での御来光、、そしてリベンジへ

<子連れ富士山登山2008序章4、8合目での御来光、、そしてリベンジへ>
Fuji41

さて、暗闇の中、嘔吐しにトイレと寝床を行ったり来たりしていたわけだが、外はかなりの強風!夜半を過ぎて寒風吹きすさぶ中、山小屋に入れずに地面に皇帝ペンギンのように寄り添って夜を過ごす一群もいたりして、まさにここは過酷な山であることを実感。本来ならば、翌朝2時までの仮眠ののち、夜明け前に山頂めがけて再び登り始める予定だったが、折からの強風のため、登山自粛勧告が出され断念、、。もっとも僕はすでに虫の息だったわけだが、、。結論から言うと、天候の変化の激しい山頂よりも八合目の方が綺麗な御来光を拝める確率は高いとのこと、、AM5時。8合目から眺める御来光、、河口湖と山中湖を金色に染めながら現れる神々しい光にしばし呆然。
Fuji42
Fuji43

 さて、5時50分に下山開始、、、正直下山の方がしんどい。ここにきて杖の必要性をあらためて痛感。気温も低く、防寒着を着込みそれでも足りず、雨具を重ね着する、、。下山はふかふかの火山灰に足を取られつつ、埃との戦い。靴の中への小石の侵入を防ぐスパッツはやはり必需品と思われた。 酷かった高山病の症状も、標高を下げるにつれて無事消失、、、標高が下がるとともに直線的に気温も上昇、、一枚、また一枚と装備を脱ぎ捨てて、最後は長Tのみという軽装に戻って9時27分に5合目へ無事到着!!うーん富士はやはり手強かった。 しかし、不思議な事にこの富士登山、、全くと言っていい程、その後のダメージはなく筋肉痛すらなかった。 下山後の湯治がよかったのか?それとも圧倒的心肺機能への負荷の大きさ故に骨格筋をフルに活用する事すら出来ていなかったのか?ともかく、イナ妻は早くも翌年へのリベンジを誓っていたわけで、、、あれから1年、、、いよいよ、そのリベンジの時が近づこうとしているのだった。
Fuji44
Fuji45

|

« 子連れ富士山登山2008序章3、これって高山病ですか? | Main | オリオン座からの招待状 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 子連れ富士山登山2008序章4、8合目での御来光、、そしてリベンジへ:

« 子連れ富士山登山2008序章3、これって高山病ですか? | Main | オリオン座からの招待状 »