« ルネッサンスリゾート沖縄攻略法 2日目いいねえ、サンセットクルーズ | Main | 京都はやはり洋食でしょう »

October 12, 2008

おとこのロマン、沖縄でちょい投げ釣り?本土からの遠征結果は如何に?

 Photo_6
親族13人を引き連れての沖縄法要の旅、、まさか、こんな不均一かつ趣向の異なる面々を引き連れて、コンダクトするためだけにこのRYUが心血を注いで島に渡ってきた訳ではない訳で、、。 メンバーが皆、常夏リゾートに備えた装備を抱える中で、僕はひっそりと、本土からトラウト用の振り出し竿とPE0.8号を巻いたリール、そしてブラクリ、スプーン、ミノー、ワームを隠し持ってきたのである。
 沖縄二日目の夜、マリンメニュー盛りだくさんで皆が疲れきって寝静まった深夜、ついにチャンスは訪れた!そそくさと、竿を持ちホテルのポーターに車をまわしてもらう。夕方のヨットクルーズのとき、海面には大量の得体の知れない巨大魚が群れていたのだ、、。深夜の沖縄を、ナビをたよりに24時間営業のマックスバリューまで車を走らせる。 沖縄の釣りについて、全く予備知識を持たぬまま、頭空っぽのRYUはとりあえず、えさになりそうなイカとさんまの刺身を購入。 海岸沿いをポイントを探してい移動を始めたところでふと気がつく、、、沖縄、、珊瑚礁の海、、、ずーっと浅瀬、、投げ釣り出来ない。 もしくはちょい投げでは太刀打ちできない。 がーん!! そうなのだ、ここは沖縄、、本土のような磯場はあまり無い、、ちょい投げしたところで、そこいらには”ニモ”しかいないのではないか???。案の定、水深の稼げる漁港でちょい投げしてみるが、熱帯魚がつつくだけである。
 しばらく彷徨うと、防波堤のほとりで、ケミホタルがゆらゆら揺れている、、、第一島んチュ発見!!時刻はAM2:00だ、、。”釣れますかー?” ”いやあ、さっき始めたばっかりよ、、でもあたりがこないから6時ぐらいにはかえろうかなとおもっていたところさ” ”あなたも釣りですか?” ”いやー本土から来たんですが、全然雰囲気がちがうのでまったくだめです、この辺は何が釣れるんですか?” ”んー、タマンとかGTとかだねー、こっちは当れば50cmオーバーだからでっかいよー” うーん、タマンもGTも脳みその片隅にもない魚種だ、、しかも、たしかに巨大魚ばかりらしく、竿も巨大、道糸は16号だって、、おれ0.8号、、、なんじゃそれ?
 完全に、沖縄をなめていたのか?沖縄の魚達と戦える装備にはほど遠いちょい投げスタイルのRYUは自分のあまりの小ささに清々しさすら覚え、朝方までやさしく揺らめくケミホタルをながめながら、29歳だという島の釣り人と語り明かしたのだった。 ”沖縄は初めて?” ”いや、、以前は青春18切符とヒッチハイクで巡りました、、今回が3度目です” ”一人旅ですか?” ”いや、母の法要のために親族13人で来ました、、母の死に際にも沖縄に連れてきたので、、” ”そうですか、そんなに好きなら移住すればいいですよ、、仕事はなに?” ”こうみえて**してます、、、一応、、” ”**なら大歓迎ですよー、どうですかあ、ぜひ!” ”いやあ、真剣に考えて住宅情報とかも買ってみたりしてましたけど、やっぱりいろいろ難しいですよね” 
 彼曰く、年間3万人程が沖縄を夢見て移住するそうだ、一方転出者も同様に3万人、、、これは、本土から夢を描いて移住した人々が定着しきれないことを物語っている。 気候、風土、歴史、そして基地、、、厳しい雇用環境、、、どこに行ったって現実は厳しい。 またいつかお会いすることを願って、夜明け前僕はホテルに戻った。Photo_7

|

« ルネッサンスリゾート沖縄攻略法 2日目いいねえ、サンセットクルーズ | Main | 京都はやはり洋食でしょう »

釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/42694536

Listed below are links to weblogs that reference おとこのロマン、沖縄でちょい投げ釣り?本土からの遠征結果は如何に?:

« ルネッサンスリゾート沖縄攻略法 2日目いいねえ、サンセットクルーズ | Main | 京都はやはり洋食でしょう »