« ホームレス中学生 | Main | 事実列記の野暮日記、、こりゃいかん。カヌーとキャンプと音出しと、、。 »

November 12, 2008

景気対策?それとも生活支援? 所得制限を巡る給付金の行方は、、

 麻生内閣の景気対策の目玉であったはずの、2兆円規模の生活支援給付金。国民全員へもれなく支給、、だったはずが、与謝野さんの茶々入れで、所得制限付きに一転!かと思いきや、それも事務方がメンドクサイということで、右往左往。
 べつにどうでもいいけれども、ぶっちゃけ本来は景気刺激目的だったはず。ならば、気兼ねなく市場にお金を落としてくれる裕福層にばらまかなきゃ、景気刺激にはならないはず、、だって、貧困に喘ぐ我ら貧民にたかだか数万円をくれたところでタンス貯金になるだけで、経済効果を生む可能性は皆無であるのだから、、。しかも、そんな端金じゃ生活支援にもならんて、、、。そんな、国民の給付金に対する評価は明らか、、。 
 一方、国民も国民であくまでこの国のあらゆる困窮は他人事としか思ってない様子。早急に、消費税を15%くらいにまであげて、現状に則した負担を国民に与えなきゃ、この国の皆さんは自分たちが永年、都合のいい無い物ねだりを繰り返してきているのか気付けないと思う今日この頃。足りないのはお金じゃなく当事者意識だ、、。すっかり崩壊してしまった医療、介護、教育システムが一体誰のためにあるのか、当事者になるまで忘れてしまっている人達が多いんじゃないだろうか。大切なものは、その恩恵を授かる自分たちで賢明に守る努力が必要。
 充実した医療、福祉、教育を望むのであれば、それに見合ったお金と労力を出しなさいよ、あんたたち、、、ってのが、福祉、介護、医療に従事している人々の本音だろう。税負担はやだ、福祉は充実させて年金もよこせ!なーんてのは都合良すぎるんじゃないの? 、、ってね。
 もっとも、役所の不正なんかは論外で、そんなこんなで皆、疑心暗鬼に陥って行き場の知れない負担をいやがっている側面も大きいのだろうね。 なーんてことを思いつつ、時刻はAM3:50、、、有り難いことにお客様は絶えません。こうして、36時間勤務は続くのでした。

|

« ホームレス中学生 | Main | 事実列記の野暮日記、、こりゃいかん。カヌーとキャンプと音出しと、、。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/43087915

Listed below are links to weblogs that reference 景気対策?それとも生活支援? 所得制限を巡る給付金の行方は、、:

« ホームレス中学生 | Main | 事実列記の野暮日記、、こりゃいかん。カヌーとキャンプと音出しと、、。 »