« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

February 22, 2009

2月の札幌にて

2月の札幌にて
10代に3月の北海道で凍死しかけた経験が生き、ポリシーに反して購入したダウンジャケットといつもの相棒である、BATESのCTM6という最強のフットウエアの組み合わせは、ここ、2月の札幌でもその性能をいかんなく発揮。これでも、雪は少なく暖かいとのことだが、やはり夜の札幌大通りは寒く、顔が痛い。今晩は仲間と、札幌ラーメンに取って代わった感の名物、スープカレーを堪能。人気店はスープ切れを以て早々と閉店するため、かなりの激戦!大通り至近のドミニカで憧れのスープカレーにありつく。ウマイ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2009

20世紀少年第二章 小泉響子一人勝ち!

チビッコ2人を連れて、20世紀少年第二章へ。まあ、正直、かなり辛い仕上がり。端からコミックスのダイジェストにならざるを得ない劇場版だから、兎に角主要なエピソードを網羅しストーリーを成立させるのに手一杯で、全く話に緩急や盛り上がりが無い! まあ、全てのカットがクライマックスの連続なんだから仕方ないけど。 唯一の救いは、今回の主役であるカンナを完全に喰った、小泉響子役の新人女優の木南晴夏(きなみ・はるか)のキレた演技。これは凄い!まさにコミックスそのままの小泉を目にすることが出来た。後は、ユースケサンタマリア扮するサダキヨが意外にはまっていたのが印象に残ったくらいか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2009

チビッコ御用達、塩沢スキー場

チビッコ御用達、塩沢スキー場
札幌から引き続く過酷な日々を抜けなんとかたどり着いた日曜日。ハードな日々が祟ってか、壊れてる所がずんずん痛んで眠れない。そういやここ3日ばかりマトモに寝てないっけ。なのに、やっとこたどり着いた寝床で唸ってるんじゃ浮かばれない。眠れぬ夜が明け、チビッコがスキーに行きたいと言う。毎月第三日曜日は塩沢スキー場子どもの日!ということで何かとお得なんだと。疼く部分を補強して、朝飯代わりのロキソニンを飲み下し、いざ出発!不況もどこ吹く風。リゾートとは無縁の真のスキーヤーやボーダー達は健在!上二人のチビッコはスクールに預け、僕はソリ係りに。好天に恵まれた日曜日の昼下がり、、家で布団を被って、痛みに悶えてるよりか全然ましであることは間違いない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2009

最強の防水デジカメとライカのレプリカトイカメラ 時々、川や海に落ちる釣り人のために、、

近く誕生日を迎える我がちびっ子 女児9歳。 昨年末のクリスマスプレゼントにはiPodが欲しいとのたまい、サンタさんからは、微妙に異なる”サウンドキャリア”なるMusic playerをもらったのだが、今度の誕生日にはデジカメが欲しいのだと言う。 ならば、デジカメをプレゼントしてあげよう、それも父親である僕の愛用の逸品 FinePix Z3を! そして、釣り人として僕は、新しく今をときめく最新の防水デジカメを入手しようと頭を回転させたのだった。
店頭やWebでの調査の結果、防水デジカメの2大メジャーはオリンパスとペンタックスの2社、それぞれ1030SWとW60という代表機種でしのぎを削っている。その戦いはスペックの点でもほぼ互角で、共にレンズが弱く、光学式手ぶれ補正が省かれており、屋内や暗いシーンでの実用性はいまいちという弱点をかかえている。 うーん!、、Fine PIXを愛用し、Fujiの優れた高感度技術を常日頃から享受している僕としては、感度上がり過ぎでノイジーな画質には耐えられない。そして、もう一つの課題は手ぶれ補正、、。
 そんな、こんなの二つの課題を抱えたオリンパスとペンタックスをよそに、いきなり脇からこの防水デジカメ市場に手ぶれ補正を装備して殴り込んできたのがパナソニックLUMIX DMC-FT1-Gである。 この暴挙に対抗すべくオリンパスもμ TOUGH-8000というSWの後継機を満を持してぶつけてきた。 そして、おそらく残されたペンタックスも渾身の新作を今年中に打ち出してくるに違いない!、、、って、いつまでも決められないじゃん。 ぬめったアナゴをつかんだ粘液だらけの手で、finepixを触るのは忍び無い訳で、、、うーん、はやく欲しいぞ防水デジカメ。
 そんな、こんなで、今ひとつ決め手にかける防水デジカメをよそに、こんなノスタルジーなライカのレプリカDCC Leica M3 (5.0)GOLDもいいなあ、、なんておもっている今日この頃。

Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »