« スピード違反は急患でやむを得ず、医師が軽減措置求め提訴、、氷山の一角 | Main | 冬の旭山動物園 攻略法 »

March 21, 2009

ヤッターマンは深田恭子のドロンジョで、、

1970年代、タイムボカンシリーズの第二作としてシリーズ最長の108話という長期人気を誇ったのがこの、”ヤッターマン”。放映当時幼児だった僕には、ドロンジョとボヤッキーという悪役の二人とヤッターワンというあか抜けないヒーロー側のメカが記憶の隅に残っている程度。
しかしながら、30年以上の時を経て今春、この竜の子プロの伝説的作品が実写映画化された。しかも監督はあの僕が今までみた中で一番怖かったホラー映画”オーディション”の三池崇。この三池監督はVシネマ量産で培った基礎体力と類い稀なる才能を有し、ホラー、アクション、コメディなんでもござれの、いま日本でもっとも活力溢れる鬼才。 面白くないはずが無い!さらには、天野喜孝の秀逸なデザインで当時の子供達を悩殺していたボンデージに身をつつんだドロンジョ役に深田恭子をキャスティング!!。当然、そのコスチュームは相当な力作で、作品全体での深田恭子@ドロンジョの比重はとても高い。櫻井翔扮するヤッターマン等ヒーロー側の存在感は非常に希薄である一方、ドロンジョ率いるドロンボー一味の魅力で物語を引っ張る構成。 今回、我がちびっ子と鑑賞するにあたって、予習のため前夜にオリジナルのヤッターマンの第1、2話を揃ってみて行ったのだが、ヤッターマンの変身時のつなぎの翻り方から、冒頭の町並みのシーンに至るまで、ほぼ完コピの拘りよう。我がちびっ子達もご満悦で劇場を後にしました。

リンク: 2009.3.7 公開:映画「ヤッターマン」公式サイト.

|

« スピード違反は急患でやむを得ず、医師が軽減措置求め提訴、、氷山の一角 | Main | 冬の旭山動物園 攻略法 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/44370305

Listed below are links to weblogs that reference ヤッターマンは深田恭子のドロンジョで、、:

« スピード違反は急患でやむを得ず、医師が軽減措置求め提訴、、氷山の一角 | Main | 冬の旭山動物園 攻略法 »