« FINEPIX Z33WP 手頃な防水デジカメ 時々川に落ちる人に | Main | はじめてのメバリング 鳥の海漁港2009年4月 »

July 01, 2009

天使ランド 天使温泉 探検記3最新情報2009

 4号線を北へ、、公立藤田総合病院を左に折れて、国見インターを左に眺めながら尚、奥へ進んでいくと、道は急勾配かつスリリングなヘアピンの連続となる。それが小坂峠、、国見から七ヶ宿へ抜けるお決まりのルートである。 その小坂峠を、10年程前から、バイクのツーリングルートとして、釣り場へのアクセス路として足しげく通っていたわけだが、いつの頃からかずっと気になっていたのが、峠の電柱に設けられた”こども天国、天使ランド”の看板とのぼりであった。
 こども天国、天使ランド、、、ネーミングからは、子供向けのテーマパークのような楽しげな施設である印象。気になりつつも、時は過ぎ、数年が過ぎた頃、相も変わらず峠に華を添える看板に、ついに思い立って天使ランドへ足を向けてみたのが数年前。
 七ヶ宿ダム売店の後ろ側を左に折れて、橋を渡ればそこには”ようこそ天使ランドへ!”の立派なゲートと天使温泉の幟が訪れるものを迎えてくれる。 左手には、広大な公園が広がり、数々の遊具が備えられている。 しかし、人の気配は乏しく謎は深まるばかり、、、。Photo

 ネット上での天使温泉入浴記も2006年あたりを境に、ぷっつりと途絶えていた、、、。かのマイケルジャクソンの居城、ネバーランドを彷彿とさせる荒廃振りにさらに興味は高まるばかり。 ネット上に転がる断片的な情報から、

1、少なくとも2006年くらいまでは一部の浴槽に入浴した人間が存在する
2、管理人らしき男性が存在するが、農作業に出ていて常駐しているわけではない
3、泉質は非常に優れていて、強アルカリ性の珍しく貴重な湯であるらしい
4、メダカ温泉はすでに存在しないらしい、、

以上のことが解った。こうなったら、やはり自分の目で確かめるしか無いだろう。
そんなこんなで、職場のツーリングチームを中心に決死隊を結成し、2009年5月の終わりに、僕らは謎の巨大施設、天使ランドへむけ走り出したのであった。

|

« FINEPIX Z33WP 手頃な防水デジカメ 時々川に落ちる人に | Main | はじめてのメバリング 鳥の海漁港2009年4月 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天使ランド 天使温泉 探検記3最新情報2009:

« FINEPIX Z33WP 手頃な防水デジカメ 時々川に落ちる人に | Main | はじめてのメバリング 鳥の海漁港2009年4月 »