« 再び四ッ谷にて | Main | 屋久島でちょい投げ釣り、、本州の釣りが通じるか? »

September 04, 2009

スピリーツーで海に出てみたら?  海でも使える?インフレータブルカヌー

海でも使えるのかな?スピリーツー、、、。F3

かねてから目論んでいた、インフレータブルカヌースピリーツーでのカヤックフィッシング。ここまで、ダム湖などの止水域への出撃で調子をつかみ、満を持して、、というより半ばぶっつけで海へと繰り出す事に。
果たして、この安価なスピリーツーがシーカヤックとしての役割を果たせるのか?波風に耐えうるのか?不安は尽きない。さらに、不安なのが上腕二頭筋長頭腱炎で壊れている僕の右肩、、。仰臥位だと、酷い痛みで30度も腕を持ち上げられない状態だけれども、不思議なことに立位になればある程度は使えそうな気になるという不思議な壊れっぷり。もし、海に出て途中でパドリング出来なくなれば、即遭難という事になる。ゼビオの投げ売りのラッシュガードをゲットして、これが5回目になる肩関節へのめちゃ怖い注射をして船出を待つ。心強い仲間がカヌーの師匠であるノンタン、僕の肩がポシャっても彼の経験と馬力があれば何とかなりそう。
選んだフィールドは、南三陸の内湾、、、これだけ入り組んだ内海ならそうそう荒れる事もないだろう。そんな読みは的中して、湾内は鏡のような静けさ、、、これならこないだの風の強い七ヶ宿よりも穏やかなくらいだ。気持ちよく漕いで、無人島へ上陸、、透き通った海、、魚影は遠く、、、。
すこし欲張って、沖へ向かう、、、漕いでいる間はいいのだが、いざポイントについて釣りをしようとパドリングをやめると、とたんに木の葉のように波にもてあそばれる我がスピリーツー、、ゆらゆら、、カレイの仕掛けにイソメを、、あ、、外れちゃった!もう一回、、、なんてやっているとたちまち船酔い、いやカヤック酔いに苛まれる。なんとか良型のカレイをと粘ってみるも、やはりギブアップ!ふたたび無人島へ上陸。F2


やっぱり、カヤックでも酔うのだ、、、。上陸後、しばらく灼熱の太陽に暖められた岩盤で岩盤浴よろしく休んでみるも、吐き気はおさまらず、、このところ連用しているロキソニンだの、モービックだの、ソレトンだの、セレコックスだのといった消炎鎮痛剤で胃袋がかなりヤバい状態になっているみたい。それでも、ノンタンが昼食をセッティングしている間になんとか復活!おいしい中華飯にありついた。
カヤックに乗っての釣りは、今日は無理、、ここは正当にシーカヤックツーリングを楽しもうということで、さらに沖にある無人島を目指す!ちょっとでもパドリングをやめると恐ろしいスピードで流される我がスピリーツー、、あらためて潮流と風の影響を痛感。それでも、小さなうねりと波を乗り越えて進む爽快感は他では得られない快感。暫くの後になんとか美しい玉砂利の無人島へ上陸。しばし、ブラクリでのロックフィッシングを楽しんで、日暮れ前に無事帰還!!海(湾内)でのスピリーツーはその安定性はかなりのもので、転覆の不安は皆無であった。かなり切り立った岸辺からの上陸でも船底布が破れる事も無く結構な堅牢さを発揮!本格的なリジット艇に比べたらそのスピードなどは比べるべくもないだろうが、静かな湾内なら十分に遊べることが解った。後半は、右肩からパドリングの度に轢音が響いてかなりキツかったが、ノンタンのサポートもあり運動不足の我が身には良い運動になった。肩はやはりきちんと修理しなくてはだめだろうか?というか、やっぱり無茶し過ぎなんだろうか?楽しくも、釣果には恵まれなかった初めてのカヤックフィッシング、、やっぱり酔い止めは必要なようで、、。

|

« 再び四ッ谷にて | Main | 屋久島でちょい投げ釣り、、本州の釣りが通じるか? »

アウトドア」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/45964743

Listed below are links to weblogs that reference スピリーツーで海に出てみたら?  海でも使える?インフレータブルカヌー:

« 再び四ッ谷にて | Main | 屋久島でちょい投げ釣り、、本州の釣りが通じるか? »