« October 2009 | Main | December 2009 »

November 2009

November 29, 2009

志津川 カレイ釣果09.11月

湾内の牡蛎棚付近のかかり釣り。恐ろしい程、あたりなし。激渋。 頑張ったが、小さな鰈3、小さなアイナメ7。投資にみあわず。敗退。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2009

どうしたローランド!!再び暴落!日本市場の行く末は、、

 ローランドが好きである、、キーボードが弾ける訳でもないし、シンセ使いでもない。だがしかし、ローランドが好きなのである。この、大不況の折、だれしもが生きて行くことに精一杯で、音楽なんぞに金をかけてられるかァ!という日本国民のいや北米も含む世界の怒号を意にも介さず、ただひたすらに、音質とユーザーフレンドリーを目指して日々新製品を発表し続けるローランド、、そのひたむきなローランドが大好きなのである。
 デジタルピアノの独創性は他社の追随を許さず、USB電源で駆動するミキサーや、いままでありそうでなかった、ステージ上で演奏者がコントロール可能なモニターシステム、ボーカル用のマルチエフェクターなど、音楽を愛するものにとって、夢のような機材をこれでもかと発表し続けているのである。
 当然、この円高不況のおり、、そんなもの売れるはずも無く、株価は下落の一途、、。でも、好きなのだ。まあ、銘柄に惚れ込んだらおしまいとは良く言ったもので、奈落の底にまっしぐらの勢い、、まあ、20年塩漬けってのも、ありかもね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2009

バトルフィールド2 モダンコンバット攻略!RPGなんてだるいのやってられっか!

 基本、ゲーム嫌いである、、いや正しくは、ゲーム好きではない、、かつ巧くもない。我が家のオーディオ類のラックにおすまし顔で鎮座する日本の誇る名機PS2はもっぱら、ストレス解消と現実逃避を目的とした、シュミレーター系のソフト専用となっている。一番のお気に入りは、エースコンバットシリーズ、、なかでもエースコンバット5 ジ アンサング ウォーが特に秀逸!! この、緻密な音楽と、映画さながらの演出と、、こりゃ相当の巨額を投じてまとめあげたことが否応にもひしひし伝わってくるし、なにより脚本といい、絵柄といい、音楽といい、センスが良すぎる!!まあもともと航空業界志望だったもので気に入るのも当然と言えば当然か。ただし、最新作のエースコンバット ザ ベルカン ウォーは、かなりな駄作!!それだけ4、5が凄かったと言う事なんだろうけどね。


 そして、もう一つ、めちゃめちゃ自由度の高い作品設計にノックアウトされたのが、バトルフィールド2モダンコンバット。この作品、カザフスタンを戦場に、NATO軍と中国軍の戦いを描いているが、なにが凄いって、プレーヤーが操る歩兵が、軽車両から戦車、果てはヘリ、ボートに至るまでどんなものでも自由に使いこなせて、戦況に応じた戦いを行えるという自由度の高さ。 およそ半年ほど、最終面の攻略につまづいて放置していたのだけれど、久々にやってみると、またしても今一歩のところで、敗退。うーん、悩ましい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2009

どうしたニコラス? WTCワールドトレードセンター&ユナイテッド93

アメリカ万歳映画の極みなんだろうなーとあまり期待せずに、劇場で観る気にもならず今更ながら、レンタルしてみたニコラスケイジ主演、オリバーストーン監督作品ワールドトレードセンター。

作品自体は、思いのほかこじんまりして、まじめな造り。アメリカ万歳映画然とはしていないのには好感が持てるが、そこに込められたメッセージはあまりストレートに伝わっては来ない。その点、ユナイテッド93の方は、キャスト、予算ともさらにこじんまりした作品でありながら、圧倒的な緊迫感を以て、僕らに何かを語ろうとしている。

ユナイテッド93

衝撃の同時多発テロ、、、9.11。
ハイジャックされた4機の民間機のなかで唯一目的を達さずに墜落したユナイテッド93。墜落途中の携帯電話の会話やボイスレコーダー、その他数々の記録をもとにテロ発生から、管制官の混乱、後手後手にまわる軍部の対応などを忠実に描いたセミドキュメンタリー、、、、本機のなかで繰り広げられた実際については憶測と想像によるしかないものの、圧倒的な緊迫感を持って、なぜ本機だけが攻撃目標に到達する事無く墜落したのかの真実に迫る。
ハイジャックされた機内、、身代金目当てなら抵抗しなければ命に支障はないと当初は比較的冷静だった乗客だが、家族との携帯通話から本機が航空機テロに巻き込まれた事を知る乗客、、、WTC,ペンタゴンに次々と特攻を果たした事が報告される中、自らの運命に生還が用意されていないことを理解する乗客。彼らは一つの決断をするのだった、、、。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

November 20, 2009

肩関節造影(アルトロ)&肩関節造影MRI 体験記〜上腕二頭筋長頭腱炎とおつきあい〜

これまで、上腕二頭筋長頭腱炎、肩インピンジメントとして、肩峰下滑液包へのステロイド注とリハビリを続け、激烈な夜間痛の改善を得たものの、腕を内側へまわした時の強烈な痛みは、改善せず。主治医曰く、インピンジメントに加えて関節唇損傷の疑いがあるという。
そんなわけで、いよいよ恐れていた、関節造影と相成った。透視室で、右の肩口を消毒、、穴あき布を掛けられていざ開始。ちょっとチクッとしますよ、、、局麻の針がチクッと右肩を貫く、、、おおお、、こえー。 その後、なにやらもぞもぞと針を替えて、再穿刺、、その際にはもはや痛みもなく、いつもの肩峰下滑液包への注射よりも安楽な感じ、、局麻って凄い?。 では入りますね、、、右肩の中に圧迫感を感じる。造影剤が入っているらしい、、でもまったく痛み無し、、緊張しまくっていたのだけれど、あまりのスムーズな進行にちょっぴり拍子抜け。穴あき布の下でおもわず満面の笑みがこぼれる、、よかった、、こわくなかったし痛くなかった。

そのあと、MRIに移動し、肩コイルを使って撮影。頸椎ヘルニアの時のMRIは体動による画像のブレを防ぐために首をコルセットでがっちり固定されてたため、つばをうまく飲み込めず結構きびしかったのだけれど、今回の肩のMRIは胸郭の動きを抑えるためのバンド固定はされたものの、とくに痛みなし。暗いよ狭いよ怖いよーという点ですこしハカハカするも無事に終了!!
結果、関節唇損傷が判明、、、障害箇所は二カ所ということが明らかになった。
なんとか保存的に頑張って、、だめなら、、という方針。うーん、テーピングにかぶれる右肩を庇いつつ生活する日々の夜明けは遠い?。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2009

ボブルビー長期使用レポート2:ノートパソコンを背負ってスノーボードや自転車やバイクに乗りたい人へBOBLBEE

ノートパソコンを背負ってスノーボードや自転車やバイクに乗りたい人へBOBLBEE
ノートパソコン(Mac)を背負って、バイクに乗るためにボブルビー(BOBLBEE Mentor)を手に入れたのが2004年の事。以来、このボブルビーはロングツーリングを除いて、ほぼ毎日、通勤にも、通学にも、出張にも僕と一緒だった。Dsf0003_2
 ハードシェルのあまりある堅牢さゆえ、新幹線の狭い通路で不用意に、振り回そうものならケガ人がでそうという気遣いは必要であるものの、それ以外は、どんな状況でもしっかり確実に、ノートパソコンを含む内部の荷物を守ってくれた。
 そんな、愛用するボブルビーも、5年が経ち、ちょっと浮気がしたくなったのと、自分が肩を傷めた影響で、ストラップ一本で背負っていたためハーネスが少々痛んでしまい買い替えを検討。ボブルビーの次のバックパックは、、やっぱりボブルビー以外に選択の余地が無い訳で(唯一無二ですから、、他のバックではこのハードな使用状況を代替しようがない)。 
 現在、選べるラインナップは、BOBLBEE MEGALOPOLIS(メガロポリス)かメガロポリスを小型軽量化して、女性や小柄な日本人にもフィットするように配慮されたBOBLBE-E PeoplesDelite(ピープルズデライト)の二機種である、、それぞれに、ハーネスがメッシュになっていて、透湿性に優れたスポーツや、スキーやスノーボード、自転車やバイクでの高速移動時に空力学的にフラップのバタツキと防水性を追求したAeroなどのバリエーションが用意されている。
 サイズ的には、今持っているBOBLBEE MentorDscf0028
と同等なのが、ピープルスデライトなのだが、Mentor は可変容量システムを備えていて、小型なのに自在に容量アップが可能という優れものだった。一方、ピープルズデライトは容量15-20L、、と幾分少なめ(まあ、十分なのですが)。ボブルビーで2−3泊の出張をこなす僕としては、旅先で手に入れた書籍なども詰め込んで帰る事が多いため、やはり容量は大切。そこで20-25Lの容量のあるメガロポリスエアロを選択し早速、ネットで購入!!かなりの売れ行きらしく、在庫はすでに希少だったがなんとか間に合った。






| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2009

肩関節への注射は痛い?〜肩峰下滑液包に注射されるの巻〜上腕二頭筋長頭腱炎と戦うために

上腕二頭筋長頭腱炎で恐怖の肩関節注射、、、幼少の頃から、注射が大嫌いで、一通りの予防接種はすべて逃亡していたそんな僕も、数ヶ月にわたって夜も眠れぬ肩の激痛に悩まされ、ロキソニンだのセレコックスといった消炎鎮痛剤やモーラスなどのパップ剤も効かず、ボルタレンの座薬に泣きつくもお尻が持たずで、いよいよ、肩の痛みで死んじゃうかも、、と窮地に陥るにあたって、主治医から”注射する?”の言葉に、背に腹は代えられず、”すこしでもこの痛みが和らぐなら、、”と半べそで同意するに至りました。
 注射嫌いの僕、、ほくそ笑みながら、肩口を消毒するナース。”痛くしないで、、”と少女のように懇願する僕をよそ目に、”じゃあ18G(ゲージ)で”とシャレにならないボケをかます主治医。 僕の壊れた肩は、上腕二頭筋長頭腱炎と肩峰下インピンジメントが合併していて、結果、鎖骨の肩側と肩峰のつなぎ目の下にある肩峰下滑液包というところに炎症が波及している。 今回の注射は、その炎症の場である肩峰下滑液包へステロイドと局所麻酔薬(キシロカイン)を直接注入するというものだ。 ”じゃあ、ベッドに腰掛けて腕をだらっとおろして手のひらを上に向けていてね”というや、右肩のやや外側前方からチクリと21Gの針が肩の中へ刺さっていく、、痛みは皮膚を貫く瞬間だけで、あとは薬液を注入される圧迫感があるだけだった、、。 ”はい、終了です。” 予想より痛みは少なく、確実にインフルエンザの予防接種の方が痛いと思う。 とは言え、緊張しまくりだった僕は、ナースが刺入部を消毒して、服を着直すころには、ちょっぴりくらくらしていた。 さて、効果の程は、、というと、僕の場合は複数箇所が損傷して炎症を起こしていたこともあって、痛みが全くなくなったということはなかったが、明らかに注射直後は局所麻酔薬の効果で痛みは40%減。 ただし、その効果は2日程しか持たなかった。 しかしながら、強烈な抗炎症作用をもつステロイドの効果も後から発揮されるため、ある程度反復する必要がある。結局、それ以降僕は2−4週おきに、肩の痛みに悶えながらこの肩峰下滑液包への注射を受け続け、5回目の注射を終えたあたりで、やっとのことで、あの強烈な夜間の肩の激痛からは見事解放されたのであった。  びば、肩注! ただし、ステロイド注射自体は腱を脆弱化させるとも言われていて、一般的には4−5回くらいが限界との説もあるが、そのあたりは担当医の見解もばらばらである様子。 ちなみに、その間、ステロイド量を極力少なくするべくアルツなどのヒアルロン酸の注射も受けたが、全く効果は得られなかった、、これは単純に潤滑剤としての役割が主なもののため、これも個人差があるみたい。

注射にサポーターにテーピングとにかく全てにすがって切り抜けます。
ありとあらゆる肩サポーターを愛用してみた結果について

〜肩関節への注射体験記〜肩峰下滑液包に注射されるの巻〜上腕二頭筋長頭腱炎と戦うために。
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 12, 2009

フィッシュストーリー 森山未來と田部美華子が相当効いてる奇跡の物語

 伊坂幸太郎原作、中村義洋監督作品 ”フィッシュストーリー”。あの名作”アヒルと鴨のコインロッカー”の最強コンビが放つ、時空を超えた壮大なストーリー。 音楽は斉藤和義という豪華さ。

 1975年、パンクの先駆者セックスピストルズのデビュー1年前、日本に世界をリードするパンクバンドが存在した。その名も逆鱗、、、あまりに先駆的なその音楽は時代に受け入れられず、渾身のラストシングル”フィッシュストーリー”は、メンバーの誰かに届け!という熱い思いをよそに世に知られる事もなくバンドも解散。 それから、7年、、1982年のある日、間奏の一分間の謎の無音部分に女性の悲鳴が隠されている!、、と、限られたマニアの中で都市伝説的な注目を浴びた楽曲”フィッシュストーリー”。 合コン帰りの車内でフィッシュストーリーを聴いた男子大学生は、問題の無音部分で本当に女性の悲鳴を聞いたことをきっかけに、ある女性と運命の出会いを果たす。そして2009年、天才的な数学能力をもつ一人の女子高生は、シージャックされたフェリーの中で、正義の味方だという謎の料理人に命を救われる。そして2012年、、巨大彗星の衝突を5時間後に控え、地球最後の時を迎えるレコードショップで、忘れ去られた逆鱗のフィッシュストーリーを聴く店員と客。 1975年、1982年、2009年、2012年と4つの時代を鮮やかにフィッシュストーリーの激しいビートが繋いだ瞬間。地球最後の日に鮮やかな奇跡が起きる!。

 時代を飛び越え過ぎた売れないバンドが放った渾身の一曲。謎の無音部分には何が隠されていたのか?、フィッシュストーリーは如何にして時代を越え、世界を救ったのか? 期待に違わぬ、おもわずにんまりな衝撃のラストがあなたを迎える。 アヒルと鴨のコインロッカーとは対照的に、あくまで前向きで明るく、めちゃめちゃハッピーな現代のおとぎ話。



| | Comments (0) | TrackBack (2)

November 08, 2009

松川浦漁港 ハゼ爆釣 2009年11月釣果報告

松川浦漁港 ハゼ爆釣 2009年11月釣果報告
Dscf1539

いつもの鳥の海ではなく、今回は夕方より松川浦漁港へ、、。
えさ釣りにするか、ワームでメバリングにするか迷った挙げ句、両方ともやるというごく当たり前の結論に達した。松川浦に向かう途中の釣具屋で太めのアオイソメ500円分を購入し、松川浦へ到着。漁港に係留されている漁船の間やヘチをブラクリで探るもノーバイト。仕方がないので、胴付き仕掛けに小さな重りをつけて、イソメを引っ掛けてちょっぴり投げてみる、、すると即座にアタリが、、あげてみると、ハゼ。また投げると瞬く間にハゼ、、ハゼ爆釣!もう、そんな季節なんだねー。いい加減、飽きたあたりで日が暮れた、、さて、イソメはたくさん余っているけれど、ワームに切り替えてメバリング開始!いつもの市場前と、漁船の間を探ると、結構頻繁にアタリがあるがなかなかのらない。きっとサイズが小さいのだろう、、なんどか、ばらしつつも、フックを長めのものに替えてようやくメバルゲット!そこからは3匹連続でヒット。いつのまにか、連れになっていた野良猫がおねだりするもんで、メバルをあげると喜んでディナーを始める。よくもまあ、あんな鋭い背びれをものともせずおいしそうに食べるもんだ。 メバルは猫の夕食に、、つり上げたハゼは、水もないままにビニール袋で持ち帰ったのだが、唐揚げ用に父がさばいて冷蔵保存。翌朝、冷蔵庫を覗いてみると、一匹だけぴくぴく生命反応あり、、あまりに小さく、ワタをだしてないそのままの一匹がまだ生存していた。慌てて、ブルーギルを飼っている水槽に合流させると元気を取り戻し、現在同居中。ハゼって寿命一年らしいけれども、生命力つよいね。Dscf1541

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2009

インフルエンザワクチン狂想曲

国内での新型インフルエンザ罹患者の死亡が連日のように報じられるこの秋。季節性インフルエンザワクチンに引き続き、いよいよ新型インフルエンザワクチンの供給が開始された。 あらかじめ予想されていた流行を前にして尚、国の対応は滑稽なほど後手後手に回り、やっとのことで見切り発車されたワクチン事業。 

新型に対するワクチン製造のあおりを喰って、季節性に対するワクチンの供給も不安定ということで、まずは季節性インフルエンザワクチンすら品薄で完全予約制というところから始まった。現状、あるていどまかなえそうだということで、なんとか希望者には接種出来ている状態。 一方、新型インフルエンザに対するワクチンは、第一弾が10月末に医療関係者へ接種された。接種回数は一回。 そして、11月から、死亡リスクの高い病気の方や妊婦等を対象にした接種が始まっている。 ワクチンが足りないから、まずは弱者へ、、、その理論に異を唱える人はないだろうが、問題はその選択基準。一応の、ガイドラインはあるものの、結局は現場医師に丸投げである、、、しかも、国策としてのワクチン事業であるはずなのに、費用は国民個人持ちで尚かつ、任意接種。つまり、優先順位もなにも、”受けたい人は受ければ?”程度の予防接種なのである。 
 
ワクチンは基本的に、全体で受けなければ集団全体における疾病抑制効果は期待しずらい。では、なぜ国民すべからくワクチンを受けるべし!と国が言わないかと言えば、それは、主に以下に述べる二つの要因からだと思われる。 一つは、任意接種とすることで、国がワクチンの合併症による災禍の責任を免れることが出来るという事実。 ”だって、あなた自分で希望してワクチン打ったんでしょ、なにか起こったって国は知りませんよ、別に受けろとはいってませんから” と、こういう訳だ。 諸外国には今回のワクチンの合併症は国が保障することを明言している国が多い。 もっとも、我が国も、法律の解釈を検討して云々と言い訳を始めているので、ようやく重い腰をあげそうだ。

もう一つは、本邦におけるインフルエンザワクチンには、一般国民の誰もがワクチンに当然期待しているであろう発症抑制効果がほとんど期待出来ないという事実。 主に、鼻やのどの粘膜から体内に侵入するインフルエンザウイルスは、のどの粘膜で急速に増殖し感染を成立させる。 発症を抑えるためには、急速に増殖するインフルエンザを、のどの粘膜の時点で押さえ込まなければならないのだから、二の腕に注射をする現在のワクチンでは、すでにのどでウイルスが増えるだけ増えて全身にウイルスがばらまかれて初めて戦いが始まるのですでに勝負は決まってしまっている。そのため、発症を抑えるワクチンとして、点鼻型や鼻への噴霧型のワクチンが開発され国外で臨床応用が始まっている。

つまり、現在半ばパニック寸前の状態で、国民から渇望されている現行のウイルスは、発症抑制効果が期待出来ず、その唯一の効能というべき重症化の抑制や死亡率の低減という効果すら十分な確証が得られていないのであるから、国が絶対に打て!とは言いづらいのも理解出来る。 さらには、国内産ワクチンは、副作用低減を重視するあまりに、抗原となるウイルス粒子を過剰に精製した結果、国外製ワクチンとはまったく別物と言える程効果が弱まっている。これは、副作用のあるワクチン等許さない!という我が国の民意を反映しての処理なのであるから、やむを得ないのだろうが、効果のある薬剤やワクチンに副作用の無いものなど無いという当たり前の事実を、もう少し皆が理解しておくべきだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2009

大人のキャンプ

Dscf1463
基本、一人が大好きだけれども、実のところは大の寂しがり屋。てなわけで、大人のキャンプ企画実行へ、、。
大の大人が、それぞれの仕事を片付けてから、夜の山小屋へ集うというなんともイカしたキャンプだ。

一昨日の、痛み止めの注射で幾分その働きを取り戻した右肩をいたわりつつも、いつも通りの日常業務をこなし、いざキャンプへ!! というわけにはなかなか行かないもので、仕事が終わるや否や、市内で行われている研究会に参加。アカデミックな時間にお腹いっぱいになりつつ、17時にやっとのことで解放!、、かと思いきや、これまた大切なバンドの練習の時間。こないだの風邪でつぶれたのどをあしらいつつ、練習終了。ギターのどどんと買い出しをして、真っ暗闇の林道を大人のキャンプ開催地点である、山小屋までひた走る、、。

どんな、奥地にも人は住んでいるもんで、そのたくましさにしばし感動。とは言え一人では到底たどりつけないような辺境地であった。 だるまストープに薪をくべつつ和む、社会人4人。夜半まで、ひたすら火をくべて、そして思い出したように会話をして、そして絶えず何かを食べつつ過ごした。翌朝、とっくに通り過ぎた紅葉と、山小屋の前に立つ二本の白樺がまぶしい、、。 また、近いうちに、、いや数年か十数年かは解らんが、ふたたび集おう。 家でビデオをみていても、飲み会に出ていても、海の上にいても、バイクで亜音速で移動していても、人里離れた山の中で燃える炎を見つめていても、、僕ら、同じく生きているのだから、ま、いろいろするのが良いでしょう。時間は待っちゃくれないからね。Dscf1467

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2009

深川飯

深川飯
別の会議出席のため朝6時起きの今日。最後迄頑張って、お勉強。 そしてサヨナラ京都。家に着くのは、夜10時、また明日も休みなく仕事。乗り継いだ東京駅で買ったのがこの深川飯、アナゴにハゼの佃煮に御飯はアサリ御飯と言う手の込み様。これは久しぶりにヒットの予感。さて、残された時間、駅弁でも楽しもう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »