« インフルエンザワクチン狂想曲 | Main | フィッシュストーリー 森山未來と田部美華子が相当効いてる奇跡の物語 »

November 08, 2009

松川浦漁港 ハゼ爆釣 2009年11月釣果報告

松川浦漁港 ハゼ爆釣 2009年11月釣果報告
Dscf1539

いつもの鳥の海ではなく、今回は夕方より松川浦漁港へ、、。
えさ釣りにするか、ワームでメバリングにするか迷った挙げ句、両方ともやるというごく当たり前の結論に達した。松川浦に向かう途中の釣具屋で太めのアオイソメ500円分を購入し、松川浦へ到着。漁港に係留されている漁船の間やヘチをブラクリで探るもノーバイト。仕方がないので、胴付き仕掛けに小さな重りをつけて、イソメを引っ掛けてちょっぴり投げてみる、、すると即座にアタリが、、あげてみると、ハゼ。また投げると瞬く間にハゼ、、ハゼ爆釣!もう、そんな季節なんだねー。いい加減、飽きたあたりで日が暮れた、、さて、イソメはたくさん余っているけれど、ワームに切り替えてメバリング開始!いつもの市場前と、漁船の間を探ると、結構頻繁にアタリがあるがなかなかのらない。きっとサイズが小さいのだろう、、なんどか、ばらしつつも、フックを長めのものに替えてようやくメバルゲット!そこからは3匹連続でヒット。いつのまにか、連れになっていた野良猫がおねだりするもんで、メバルをあげると喜んでディナーを始める。よくもまあ、あんな鋭い背びれをものともせずおいしそうに食べるもんだ。 メバルは猫の夕食に、、つり上げたハゼは、水もないままにビニール袋で持ち帰ったのだが、唐揚げ用に父がさばいて冷蔵保存。翌朝、冷蔵庫を覗いてみると、一匹だけぴくぴく生命反応あり、、あまりに小さく、ワタをだしてないそのままの一匹がまだ生存していた。慌てて、ブルーギルを飼っている水槽に合流させると元気を取り戻し、現在同居中。ハゼって寿命一年らしいけれども、生命力つよいね。Dscf1541

|

« インフルエンザワクチン狂想曲 | Main | フィッシュストーリー 森山未來と田部美華子が相当効いてる奇跡の物語 »

釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/46703888

Listed below are links to weblogs that reference 松川浦漁港 ハゼ爆釣 2009年11月釣果報告:

« インフルエンザワクチン狂想曲 | Main | フィッシュストーリー 森山未來と田部美華子が相当効いてる奇跡の物語 »