« ヤマハのお膝元 | Main | ターミネーター4 悪くない、決して悪くないよ、、でも。 »

February 19, 2010

鈍獣 南野陽子完全復活!!

鈍獣、、南野陽子復活!!
生まれ故郷に戻って来た、鈍すぎる男、、凸川。
有名作家となった凸川は、小さな田舎町で過ごした少年時代の暴露ネタを小説化。
ネタもととなった級友達は、封印されたはずの過去を守るために、凸川をなんとか殺そうとするのだが、、。

浅野忠信演じる凸川の不死身ぶりと、北村一輝、ユースケサンタマリア演じる級友たちの濃い演技と宮藤官九郎脚本のマニアックな笑い満載でおくる、サスペンスコメディ? しかし、まあ、南野陽子相変わらずお美しい。

|

« ヤマハのお膝元 | Main | ターミネーター4 悪くない、決して悪くないよ、、でも。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/47543838

Listed below are links to weblogs that reference 鈍獣 南野陽子完全復活!!:

» 【MOVIE】鈍獣 [思いつくままに]
■感想など: おしまい? 超がつくほど鈍い作家の凸川(浅野忠信)、失踪した彼を探して彼の 地元を訪れた編集社の静(真木よう子)、小説の題材にされ、凸川を 殺そうと企む幼なじみの江田(北村一輝)と岡本(ユースケ・サンタマリア)、 そして彼らがたむろすバーにいる順子(南野陽子)とホステスのノラ (佐津川愛美)の怪しい人々が引き起こすおかしな話。 凸川は不死身か?と思うくらい鈍い男。何しても死なない感じ。あんまりも 鈍く、周りの連中もおかしなやつらばっかりなので、観ているうちに何が何 やらよくわから... [Read More]

Tracked on February 20, 2010 at 01:39 AM

« ヤマハのお膝元 | Main | ターミネーター4 悪くない、決して悪くないよ、、でも。 »