« そろそろ補聴器?まずどうしたらいいの 1 | Main | メバリング 亘理鳥の海 2010年3月釣果 »

March 03, 2010

見事な今回の津波警報、、弾道ミサイル警報も見習って欲しいもの、、。

このたびの、チリ大地震による日本太平洋沿岸への津波被害に関して、迅速かつ具体的な津波警報の発令の果たした役割は大きい。 一部では、最大3Mの大型津波の予想に、過大な警報だったとの指摘もあるが、そのような声には津波をはじめとする自然災害の恐ろしさに対する認識の貧しさが見え隠れする。 
かつて、三陸沿岸を襲った大津波の被害は甚大で、今なおその恐怖の記憶は気仙沼をはじめとする三陸沿岸部を訪れる観光客でさえ、身近に感じることが出来る程インパクトのあるものだ。 今回の地震でまず頭に浮かぶんだのが、その過去の痛ましい津波被害だったわけだが、迅速な津波警報の発令で、沿岸部の方々は迅速かつ冷静に避難することが出来たわけで、自然災害に関する予知予測技術の著しい進歩を感じることが出来た。
災害予報に過小評価があってはならないはずだ、ともすればそれは安全のお墨付きを与えるという逆説的な役割を果たしてしまう。多少の過大評価がもたらすのは、パニックでも混乱でもなく、冷静かつ安全な当事者達の対応である。  定点観測という簡単な作業にも関わらず、混乱と誤報に右往左往した北の某国からのミサイル警報とは驚くほど対照的なスマートな津波警報だった。 もっとも、着弾までの時間的余裕があまりにもないため仕方がないのだろうが、ミサイル警報だって、事実確認に慎重を期すあまり、着弾後に警報が流れたところで無意味な訳で、、それらの警報発令を萎縮させないためには、われわれ国民の良識ある寛容さが求められている。

リンク: 津波警報は大げさだった?.

|

« そろそろ補聴器?まずどうしたらいいの 1 | Main | メバリング 亘理鳥の海 2010年3月釣果 »

アウトドア」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/47710099

Listed below are links to weblogs that reference 見事な今回の津波警報、、弾道ミサイル警報も見習って欲しいもの、、。:

« そろそろ補聴器?まずどうしたらいいの 1 | Main | メバリング 亘理鳥の海 2010年3月釣果 »