« ボブルビー長期使用レポート&徹底比較1 BOBLBE-E MEGALOPOLIS AERO | Main | しんぼる 松本人志監督作品 逝っちゃってるね、、 »

May 24, 2010

BOBLBE-E(ボブルビー) MEGALOPOLIS AERO長期使用レポート&徹底比較2

愛用のボブルビーメンター(MENTOR)の故障のため、新たに購入したのがボブルビーのフラッグシップモデルであるメガロポリス エアロ(BOBLBE-E MEGALOPOLIS AERO)。  小柄な女性も意識してダウンサイズされていたMENTORに比べて、オリジナルサイズのMEGALOPOLIS AEROは一回り大きく、重量も僅かに重い。
Photo
しかしながら、背負ってみての印象も狭いコペン車内での取り回しもまったく違和感なくほぼ同等。
ハーネスは、かなり進歩していて、背中にあたる部分のパッドも、ショルダーベルトも登山用のザック同様の機構で一ランク上の造り。これはかなり背負いごこちが良い。Photo_2
ショルダーベルトに標準装備されている携帯ポケットも、歩きながら着信に気付ける適正な位置を保ちつつ左から右側へ変更されていて、さらにMENTORの携帯ポケットにはない止水ファスナーが奢られており、雨天での走行にも配慮されている。この小さな部分一つとっても、その進化の程とヘビーデューティーな使用に耐えるバッグ作りへの信念が伺い知れる。Photo_3
Photo_4 
次に、この防水仕様はバッグの蓋の部分であるフラップのポケットにも徹底されていて、ここにも防水ファスナーが採用された。 このフラップは、さらに防水性のある生地と、バイクでの高速走行時の空力特性を考慮した特別仕様になっている。 さらに、うれしいことに、バッグの蓋の生地がハードシェルの上端の角ですり切れてしまう事の無いように人工皮革で補強されている点などはこれまでのユーザーからの要望を確実に昇華しているようで、その堅牢さにさらに磨きをかけている。Photo_5 Photo_6
メガロポリスエアロで起きた大きな変化といえば、フラップのロック機構。 MENTORでは、単純なバックル式で、とても簡単に蓋を閉じれたのだが、MEGALOPOLIS AEROでは、スノーボードのブーツなどにも採用されているラチェット式でベルトと組み合わせ無段階に締め付け加減を調整できる。そして、左右のゴムコードを引っ掛けて閉じるという仕組みだ。 これが、なかなか慣れるまで面倒、、、しっかり蓋を固定できるのは良いのだが、ものぐさな僕にはこれまで一カ所止めればよかったのに、3カ所止める事となりちょっと残念。Photo_7
Photo_8


圧倒的、人気にてもはや在庫希少、、、






|

« ボブルビー長期使用レポート&徹底比較1 BOBLBE-E MEGALOPOLIS AERO | Main | しんぼる 松本人志監督作品 逝っちゃってるね、、 »

BOBLBEE」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/48450591

Listed below are links to weblogs that reference BOBLBE-E(ボブルビー) MEGALOPOLIS AERO長期使用レポート&徹底比較2:

« ボブルビー長期使用レポート&徹底比較1 BOBLBE-E MEGALOPOLIS AERO | Main | しんぼる 松本人志監督作品 逝っちゃってるね、、 »