« April 2010 | Main | June 2010 »

May 2010

May 30, 2010

白石川水系 渓流釣果報告 2010年5月第4週

年券買っちゃってるし、、でも連日、月の輪グマに誰かしら襲われているニュースが流れているし、手足の指、、折れてるし、、とかなんとかで、いっこうに足の向かなかった渓流釣りだが、手指の骨折も仮骨が十分上がって来たタイミングで、重い腰を挙げて見る。 職場のリハスタッフに特別に作ってもらった最新式のシーネで骨折部を保護してテーピング、、これで、浮き岩を踏んで岩場に転げ落ちても、まあ、他の部分は折れるかもだけれども、いま折れているところは無事だろうという、あまり根拠の無い安心を支えに、白石川へ出発。 んで、しばらくスプーンを投げてみるのだけれども、先日の雨の影響か濁りがあり水量も多く、釣りにならない。 もう少し、小規模な渓流が良さそうと言う事で、弥次郎地区へ入渓。 いつもの風景と違い、大きく淵がえぐられて増水している、、、一方、かなりの確率でバイトがある実績ポイントも、反応無し。 なんだか、釣れる気がしない、、、まあ、このまま粘ったところで、またどっか怪我するのが目に見えている、、大人っぽく撤収。 渓流沿いで山菜拾いをしていた近所のおばちゃんとしばし談笑してみたり、、。 この宮城蔵王地区にも、管理釣り場が乱立しているけれども、それぞれに経営は成り立っているのだろうか? 管釣りデビューは未だ果たしてないけれども、別に否定する立場にも無い、、でもそれにしたって、これだけ奇麗な渓流が目の前にあってなお、渓流には目も向けず管理釣り場に足しげく通い積める人が多いのは、結局、安全性や利便性といる理由だけではないだろう。 シーズン初期の成魚、稚魚放流分を早々に釣り切ってしまえば、生命反応すら感じられない、昨今の渓流をみるにつけ、けっきょく漁協にお金をはらって放流魚を漁協管轄下の渓流という管理釣り場で釣らせてもらっているにすぎない我々は、管理釣り場に足しげく通う人達と比べても、なんら本質的な違いは見出せない訳で。 魚の住処を奪い、川の持つ浄化作用を奪い、清冽な流れを土砂の堆積で埋めてしまう昨今の護岸整備事業が如何に、全てを駄目にしているか、、すべての根源はそのあたりの稚拙な環境アセスメントにあるのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2010

どれが一番?ブルーレイ プレーヤー持ってないのに、ブルーレイのソフト買った馬鹿へ

ブルーレイのソフトがかなり安くなって来た。 もちろん、画質音質ともにDVD版よりハイスペックになって、価格も手頃と言えば、ソフトを買う時にBD版が俄然欲しくなってしまうのが人情というもの。 欲しい洋画は、片っ端から投げ売りになった中古DVDで揃えているけれど、すでにDVDで持っているものでも、新たにBD版で再販されるとつい触手が伸びてしまう訳で。
そこで問題になるのが、プレーヤー、、、ブルーレイのプレーヤー持ってないという、激しく根本的な問題に突き当たる。 HD DVD陣の東芝が撤退し、ついに次世代規格としての認知を勝ち得たブルーレイではあるが、まあ、そうは言っても、はたしてブルーレイ、、この先どのくらい標準規格としての寿命があるのかは未知数。  とは言え、まあ、再生専用機の値段もこなれて来た事だし、ちょっと検討してみよう。 家電量販店で物色してみると、HDレコーダーもブルーレイ標準装備、なおかつHD容量1Tバイトというのが、標準的になってきていて、一世代前のDVD版HDレコーダーはほぼ投げ売りになっている。 ブルーレイ付きのHDレコーダーも7−20万円程の価格帯になっているので、ならばいっそ、HDレコーダーを買って、録再両用にしようかと思う方もいるかもしれないが、現実的にはHDレコーダーのDVDやBD再生能力や起動の機敏性は、ぶっちゃけおまけ程度のものであり、気軽に高音質高画質で映画、音楽ソフトを楽しむことは難しい。 とにかく、スイッチを入れてからディスクを認識し再生が開始するまでにやたら時間がかかるし、再生が始まっても、HDや2個搭載が当たり前のチューナーや録画機構など、ともかくノイズの原因になる余計な部品が大量につまっているHDレコーダーでは、高精細なソフトの再生は困難と言っても過言ではない。

さらには、録画後の編集機能の秀逸さにかけて、他の追随を許さない東芝のRDシリーズが、過去を清算しやっとBD搭載を開始したとは言え、まだその開発は道半ばで、BD版HDレコーダーの買い時は東芝が実力を発揮するまで、あと二三年先のこと。 というわけで、やはり再生専用機の購入が現実的である。 そこで、メーカーの選定になるのだが、迷わずパイオニアを選択。 というのも、とにかくかつてのKUROに代表されるようにコストや会社の存続を問わない技術偏重主義を誇り、映像および音楽再生に常識を逸した情熱を傾けてしまうパイオニアの実力を知っているからだ。 大まかに高級機と普及機の2グレード展開であるが、いま持っているパイオニアのプラズマはフルハイビジョン仕様ではないので、それほどの高スペックは不要で、全体的な絵作りと音がきちんとしていれば良い。 そんなこんなで、近日発売予定の普及機パイオニア(Pioneer) ブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-330に決定! 予約中にも関わらず、現行機BDP-220の店頭価格を下回る価格で予約受付中の店を発見!即予約と相成った。


パイオニア(Pioneer) ブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-330

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛すべき里山の風景とこけしの未来

愛すべき里山の風景とこけしの未来
愛すべき里山の風景とこけしの未来
よく行く渓流近くにあるこけし村。 日本の誇るべき伝統工芸のひとつであり、全日本こけしコンクール開催などもありマニアも多い。 だがしかし、現代にあって、こけしはどれほど人々に必要とされているのだろうか? 失われつつある里山の風景とこけしの行く末が、ちょつぴり気になる昼下がり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2010

そういや釣りしてないなあ、、

そう言えば、めっきり釣りしてないなァ、、。 白石川水系の年券買ったのに、七ヶ宿ダムで2回程カヌー遊びしただけで、渓流にはまだ一度も出撃してない。 もっとも、右肩がもともと壊れてテーピングしながらという悪条件に加えて、GWの手指の骨折に加え、足の指も折れてるという、我ながら近年まれに見る壊れっぷりなんで、まあ仕方ないといえば仕方ないか。 渓流に出撃するにはもう少しリハビリが必要なんで、まあ、もっぱら海釣り船釣りでまったりすることとしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2010

しんぼる 松本人志監督作品 逝っちゃってるね、、

大日本人に続く、松本人志監督作品第二弾!
今回は、CubeやSawを彷彿とさせる密室劇、、ただ、Solid situationと言う訳ではなく、
状況は柔軟な展開を見せて行く。 まあ、面白いし、シュールな笑いも健在だけれども、
わざわざ映画で、、というのはどうなのだろう。かつて、舞台でも同様な趣向のかなり独創的な世界を作っていた松本人志、、まあ、表現の媒体としては、演劇舞台よりかは、格段に使い勝手がよいというのも事実ではある。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2010

BOBLBE-E(ボブルビー) MEGALOPOLIS AERO長期使用レポート&徹底比較2

愛用のボブルビーメンター(MENTOR)の故障のため、新たに購入したのがボブルビーのフラッグシップモデルであるメガロポリス エアロ(BOBLBE-E MEGALOPOLIS AERO)。  小柄な女性も意識してダウンサイズされていたMENTORに比べて、オリジナルサイズのMEGALOPOLIS AEROは一回り大きく、重量も僅かに重い。
Photo
しかしながら、背負ってみての印象も狭いコペン車内での取り回しもまったく違和感なくほぼ同等。
ハーネスは、かなり進歩していて、背中にあたる部分のパッドも、ショルダーベルトも登山用のザック同様の機構で一ランク上の造り。これはかなり背負いごこちが良い。Photo_2
ショルダーベルトに標準装備されている携帯ポケットも、歩きながら着信に気付ける適正な位置を保ちつつ左から右側へ変更されていて、さらにMENTORの携帯ポケットにはない止水ファスナーが奢られており、雨天での走行にも配慮されている。この小さな部分一つとっても、その進化の程とヘビーデューティーな使用に耐えるバッグ作りへの信念が伺い知れる。Photo_3
Photo_4 
次に、この防水仕様はバッグの蓋の部分であるフラップのポケットにも徹底されていて、ここにも防水ファスナーが採用された。 このフラップは、さらに防水性のある生地と、バイクでの高速走行時の空力特性を考慮した特別仕様になっている。 さらに、うれしいことに、バッグの蓋の生地がハードシェルの上端の角ですり切れてしまう事の無いように人工皮革で補強されている点などはこれまでのユーザーからの要望を確実に昇華しているようで、その堅牢さにさらに磨きをかけている。Photo_5 Photo_6
メガロポリスエアロで起きた大きな変化といえば、フラップのロック機構。 MENTORでは、単純なバックル式で、とても簡単に蓋を閉じれたのだが、MEGALOPOLIS AEROでは、スノーボードのブーツなどにも採用されているラチェット式でベルトと組み合わせ無段階に締め付け加減を調整できる。そして、左右のゴムコードを引っ掛けて閉じるという仕組みだ。 これが、なかなか慣れるまで面倒、、、しっかり蓋を固定できるのは良いのだが、ものぐさな僕にはこれまで一カ所止めればよかったのに、3カ所止める事となりちょっと残念。Photo_7
Photo_8


圧倒的、人気にてもはや在庫希少、、、






| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボブルビー長期使用レポート&徹底比較1 BOBLBE-E MEGALOPOLIS AERO

ボブルビー長期使用レポート&徹底比較BOBLBEE MEGALOPOLIS Aero (メガロポリス)とMENTORの徹底比較!!長年に渡って愛用してきた、ボブルビーBOBLBE-E のバックパック。
フラッグシップモデルのMEGAROPOLISは、小柄な自分には大きすぎるということで、初代の僕の愛用ボブルビーとしてボブルビーメンター(Mentor)を選択。こいつはMEGALOPOLISの小型版でしかも可変容量システムを持ち、十分な容量を誇る優秀なボブルビーの一機種。 5年間連れ添ったこのMENTOR、ほぼ毎日僕のPOWER BOOKやMacBookを含む超重量級の重い荷物を飲み込んで、職場への道のりを時にはバイクで、時にはコペンで一緒に通った。 故障知らずのこのボブルビーだったが、肩の故障のため、ストラップを痛みのない方の肩だけで背負うようになったため、負担がかかり過ぎたらしく、ハーネスの付け根にダメージが蓄積してしまったのだった。 すでに、MENTOR自体が絶版となっていることもあって、部品交換は断念! 他のバッグも検討してみたのだが、あれだけの重い荷物を飲み込んでも軽々と背負えて、尚かつバイク通勤でもMacやPCノートバソコンを安心安全に運べるのは、結局ボブルビーをおいて他にないという現実に直面。 結局、二代目のボブルビーを購入することになったのだ。
そして、本日、待望の新機種ボブルビーMEGALOPOLIS Aeroが我が家にやって来た! 
さっそく、MENTORとMEGALOPOLIS Aeroの比較をしてみようと思う。 まずサイズは、一目瞭然だが、MEGALOPOLIS Aeroが一回り大きく、全高 56 cm x 幅 30cm x 厚み15cm、容量:20~25L、重さ:2.1kgに対してMentorは全高 49cm ,幅29cm ,奥行き18cm,容量:最小10litter、最大22litter、重さ:約1.6Kgである。






| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2010

今日も丸亀

今日も丸亀
今日も丸亀
予期せず、新たな骨折を指摘されつつも経過良好に勤務に励む週末。夕刻からの30時間連続勤務に突入するまえに、しばし腹ごしらえ。やっぱり、今日も丸亀。安いはずだが、ついつい盛りすぎて710也。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

指を骨折したら、面倒なシーネの固定はこれが便利ーくっつくバンデージ、くっつく包帯

骨折したり、捻挫したりでシーネ固定(副木、副子)されることもある訳ですが、実際面倒なのがこのシーネを固定する作業。湿布変えたり、入浴したりでその度に、骨折患部のシーネ固定の包帯やバンデージを巻き変えるのって結構面倒。 大きな部分の固定は、エラスティックバンデージが強度も適度な伸縮性もあって適切だけれども、今回骨折した指等の小規模な骨折のシーネ固定の場合は、最近値段も安価になってきた自着式バンデージ、自着式包帯がめちゃ便利でした。 病院では、最初伸縮性包帯で固定されたんだけれども、巻き終わりをテープで固定したりしなきゃならないし、なにより大げさで目立つ、、そんなわけで、テーピングの最終仕上げカバー用に準備してあった自着式バンデージ、自着式包帯で巻き直しました。 勝手に、包帯同士がくっつくので、一人で片手で楽に巻けますし、テープと違ってシーネや皮膚自体にはくっつかないので、巻き変えも簡単。 適度な伸縮性があってこれ自体も患部のサポートに使えます。 色も肌色(ベージュ)を選べるので目立たないのも魅力。 世の中つくづく便利。 もちろん、病院ではこの自着式バンデージ、自着式包帯、、コストが嵩むので採用しにくいでしょうけどね。

各社からたくさん販売されています。 通常の回復期の手首足首捻挫の軽いサポーター代わりにも便利


ラテックス(天然ゴム)アレルギーがある方はこちら
Photo

オレンジケアくっつく包帯


また、小指骨折後、リハビリを終えて試合復帰!なんて場合には、骨折した指をとなりの薬指を添え木代わりにして一緒にテーピングするのが一般的だけれども、それをサポーターとして手軽にしたのがこちら。
Photo_3
アシックス ユビサポ


ユビット 二本指固定で安定感抜群の指サポーター。アスリートに愛用されているユビットの二本指固定タイプ!!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2010

指の骨折の味方!?こんなのあるんだ、、軽くて、コンパクトで便利な新型シーネ

昨年の肋骨骨折につづく、7度目の骨折は指、、末節骨のDIP関節側。
腱に引っ張られて割れた骨の欠片が、完全に剥がれてしまえば、指が伸びなくなり、いわゆるマレットフィンガー(槌指)という状態になってしまう。 こうなると、手術、、キルシュナー鋼線という固い針金を折れた骨にずぶずぶと貫通させて固定させたりと、大事になってしまうからさあ大変。 基本、ビビリの自分は、そんな恐ろしい観血的処置には絶対耐えられない。 幸い、僕の骨片はかろうじてもとの骨と連続性を保っているので、このままくっついてくれればそれでOK。でも、関節が動いて剥がれたら、だめ、、。 ということで、街の整形外科の先生が標準的なアルミ製のシーネを使って固定してくれたわけだけれども、如何せん指がでっかく、しかも重く、、辛いし邪魔だし、仕事にもならない。 そんな、僕をみて職場のプロフェッショナルが、便利なのあるよ、、と教えてくれた。 さっそく、リハの先生に”折れた指の固定用シーネ、、もっと、軽量コンパクトにカスタマイズしたいのですけれど、、”と相談し作ってもらったのがこれ、、メッシュ状の熱可塑性素材を使った完全オリジナル成形のギプス。 水にもつけられるし、めちゃ軽いし、指細い、、、。 過去3回の指骨折でこんな便利なの初めて、、でも、こんな便利なのがどこの病院にでもある訳じゃないそうで、我が施設になんでも舶来の細心技術に目がない方がいて、いろいろなものが入っているんだそうな。 ともあれ、感謝! これで、骨くっつくまでの、あと1−2週間切り抜けられそう。手首の打撲と捻挫の方がしつこかったりして。

ちなみに、今回の指骨折の通院のおり、数ヶ月前にぶつけた足の薬指の腫れと痛みがずーっと続いているので、折れてたのかなと、一緒に写真をとってもらったところ、案の定 折れてましたとさ。 すげー、年二回のペースになっちゃってる、、一挙に8回目。そりゃ、釣りしてても、フットッサルしてても痛い訳だ、、。転位無く、無事についているとのことで、まあ、あとはひたすら耐え忍ぶうちに落ち着いてくるでしょうとの事。これ、幸い。 今、悟ったのだけれども、けっきょく、骨が脆いんだよな、、きっと。 こんど、骨密度計ってもらおう。Photo


| | Comments (0) | TrackBack (0)

新型RVR試乗記 レビュー こんどこそコペンから乗り換えか?

 新型RVRがついにデビューした。三菱独特の押しの強いフロントマスクと、湾岸ミッドナイトの悪魔のZよろしくの大きなグリル風フロントマスク。 デザイン的には、垢抜けない三菱もこのところのiMiEVや直近のランエボあたりから、随分と洗練されてきて、ついにこの新型RVRもデザインでアピール出来るほどのスタイルを手に入れたようだ。
 大好きなコペンの釣り車としての秘められた潜在能力に驚きつつも、車中泊が出来ないとか、砂浜に乗り入れられないとか、振り出しロッドしか乗っけられないとかの限界に、新たな釣り車の投入を検討してはや2年。
 大家族であることを考えて、スバルのエクシーガなども試乗をしたり検討したけれども、いまひとつピンと来ず。
で、雑誌で見かけてそのデザインの良さに引かれたのがこの新型RVR。 骨折通院帰りに、通りがかりの三菱ディーラーで早速試乗。 エンジンは1800CCとコンパクトながらいっぱしの4WD RV車としての風格は十分。そのかわり、エンジン出力に対する車重は重いようで、動きは鈍重。燃費も良くは無い。エクステリアもインテリアも悪くないのだけれども、パジェロやデリカD5やアウトランダーなどの、自社の本気RVと競合を避けるためにコンパクトRV以上の作り込みは出来なかったようで、非常に残念な事に、天井が非常に低く、さらにシートアレンジはまったく困難。つまりは、ロッドホルダーをルーフにつけることは難しく、また、後部座席はほぼ固定でリクライニング出来ず、前席のシートもフラットにはならず、、、結局、狭くはないのだけれども、快適な車中泊は難しいし、釣り竿の収納も今ひとつ、、結果、こんなに大きいのにコペンとさほど変わらん、、、という残念な仕様。 まあ、確かに、これ以上室内を広く、シートアレンジを普通レベルにしたら、きっと三菱にある既存RV車との住み分けが出来ないもんね、、、、。だから、RVの顔をしてはいるけれども、結局はコンパクトカーの変わり種、、というアピールの仕方のよう。でも、それってとっても勿体ない。 そこさえ、普通並みになっていたら、とっても魅力的で購入していたはずなのだが、、、。 
まあ、この規格で乗り出しで320万円ってのも辛いけどね、、。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2010

静止画ばかり馬鹿みたいに奇麗な今時の液晶テレビに満足してる?

静止画ばかり馬鹿みたいに奇麗な今時の液晶テレビに満足してる?
少しでも絵が動き出すと途端に、観ちゃいられない程のだめだめ画質になってしまう液晶大型フルハイビジョンテレビ。 登場以来、さんざん指摘され各社しのぎを削って改善に努めた液晶の致命的欠点である動画への追随遅延、画素書き換えに時間がかかってしまうという問題は、10年経ってもやはり、ほとんど解消されず、ゆっくりした映像では目を見張る程奇麗なのに、画面が動き出した途端に観るに耐えない画質になってしまう液晶パネル。 やっぱり、パソコン画面ならともかく、動きのある映画を観るならプラズマじゃないと厳しい。  いまでは伝説になっているプラズマディスプレーの最高峰パイオニアが放った渾身の最終作”KURO"。 いまでも、探している人が絶えない程の出来。 画質の良さは、単に画素数などの数値的なスペックの追求とは別なところにあることを痛感する。 我が家のテレビももちろんパイオニアの42インチのプラズマディスプレイ、、、これがフルハイビジョンでもなんでもないけれども、めちゃくちゃ奇麗、スポーツでもアクションでも奇麗に映してくれる。 スピーカーはおろかチューナーすら省いて画質のみを追求した”あんたら馬鹿じゃないの?”と叫びたくなるほどマニアックに画質を追求したパイオニアが撤退した今、その技術移転をうけたパナソニックのプラズマの行く末を多くの人々が見守っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2010

DVDプレーヤーしか持ってないのにブルーレイソフト買う馬鹿は、、

DVDプレーヤーしか持ってないのにブルーレイソフト買う馬鹿。
それは、自分、、。 先日、ブルーレイのソフト2タイトルを購入。
なぜならば、DVDソフト単品を揃えるより、ブルーレイのBOXの方がリーズナブルだったから。
んでもって、大人買いなので、すぐ観たい!  と言う訳でもない、、というか、ブルーレイディスクプレーヤー持ってないから観れないし、、。

まあ、それでも、一応行ってみました、コジマとYAMADA。どうも、BD付きHDレコーダーが全盛で、プレーヤー単品には各店あまり力が入っていない様子。 一応、各社の代表的な機種は揃っているも、いまいちピンと来ず。ブルーレイディスクプレーヤー単品で約2万円前後、、HD付きのBDレコーダーが5万円から。 そんなら、いっそHDレコーダー買った方が良いかも、、とは決して思わない。 レコーダーはあくまでレコーダーであって、動作が重すぎるし、再生能力もおざなり、、鑑賞専用として使い倒すには役不足だし小回りが効かないのである。  HD付きブルーレイディスクレコーダーを買うならば、編集機能が群を抜いている東芝RDシリーズ以外に選択の余地はないのであるが、ご存知東芝はHDDVD規格を捨て、やっとBD市場に乗り出した最後発メーカーであり、まだまだ開発は途上。 やっと製品化したレコーダーも、、フレーム単位で可能な編集機能など東芝本来の実力を発揮するには至っておらず、とりあえず出してみました的な出来映え。その反映として型番が、RD ではなく、Dシリーズでの販売なのである。 
そんな訳で、HDレコーダーの買い替えは、東芝のRDシリーズがブルーレイでも登場するのを待つしかないのだ。 まあ、、そうだね、、待つしか無いな、、。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サスケ発見!

東京モノレール、乗り込んできたマスクマンは、みちのくプロレスのサスケ。 まあ、折れる骨も出会う著名人も、微妙なところが自分ながらおくゆかしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2010

なぜに、リフト?

なぜに、リフト?
松山市街にBEAMS発見! ポリ100%のシワの出来にくい、ヘビーデューティーなスーツを探していたのだが、何故かいつもと同じ、パンキッシュな黒いスキニーパンツをゲット。何故にスキニーかと言えば、自身がスキニーであるから。 普通の履くとタボダボで袴になってしまう。 さて、フライトまで少し時間がある。店のお兄さんに、聞いてみると、すいません、、松山城しかないんすよね。とのこと。 さっそく、城を目指すが、なぜかリフトにのせられて、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここは高松市

ここは高松市
路面電車サイコー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高松市って?

高松市って?
取り敢えず、会議も無事終わって朝ごはん。 ん?ここは高松市、某日航系ホテル。 高松市って何処?本州? いまいち、自分が日本の何処に居るのかわからん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

川沿いの家は

川沿いの家は
川沿いは地盤が緩いからとか、、もっともらしく言われる事ながら、見てごらんよ、空から見れば一目瞭然。川沿いにしか、人は住んで無いんだって。 まあ、たまに浸水するのもご愛嬌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

機上にて コナンはあの翼の上を

機上にて コナンはあの翼の上を
どんだけの風圧だい、僕には無理。しかも足の指でね、、コナンはやっぱスゲー。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2010

朝が蕎麦なら

朝が蕎麦なら
昼はラーメンでしょ。 しかも、醤油、、あれ?味の時計台って、、しまった!味噌が正解。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

頑張れJAL

頑張れJAL
羽田は一年ぶり? あこがれた仕事だったけど、何事も現実は厳しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蕎麦食った後は

蕎麦食った後は
蕎麦食った後は
ぐ、グリーン車。 脚、伸びのび。青春18派としては、戸惑いを禁じ得ず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旅立ちはやはり、立ち喰いそば

旅立ちはやはり、立ち喰いそば
真っ黒いダシに、びっくりするほど甘いアゲ。 旅立ちはこれじゃなきゃ。目的地は、未だ見ぬ都府県。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2010

マグロ不要論

マグロ不要論
マグロ不要論
骨折療養中の通院帰り、お一人様のお昼は、かっぱ寿司。正直、マグロ不要。なぜなら、美味しくないから、、ありていに解凍されて、細胞膜の破綻したマグロなど、水っぽくてかなわない。 多少の凍結解凍ストレスをものともしない、モンゴイカや貝類が正解。 もっとも、非回転系の高級寿司店なら、事情は異なるが、当面 回転系列しか行けないので、やはりマグロ不要論は生き続ける。因みに、動物愛護の観点とは無関係。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱ折れてました、今度は指だ!骨折7回目ってどういうことだ、、。

7回目の骨折は小指ちゃん、思いのほか痛かったりして、、。2010年のゴールデンウィーク。3度目のかに食い新潟ツアー最終日早朝AM2時。ちびっ子達が寝静まった後、門限のある寺泊近傍の和島オートキャンプ場を抜け出した僕は、メバリングしながら寺泊港のテトラ帯へ、、SORAS条約の絡みで非常に釣りにくくなってしまったこの日本であるが、深夜にも関わらず、イカ釣り客で岸壁は大賑わい。現地の釣り人におしえてもらった防波堤角のテトラ帯から常夜灯周りを攻めるも、振るわず。先客の邪魔にならないように、テトラ帯から磯場に降りて行く。先客に気を使って、照明をけしていたこと、足下がいつものタクティカルブーツやフェルト底の釣りブーツでなかった事も災いしたようで、、。しっかりと踏みしめた乾いていると思われた岩が、尻焼き温泉の川底のように藻で覆われ抵抗ゼロの状態。見事にスッテンコロリン日本海に左半身を浸す羽目になった。磯場にしたたかに打ち付けた左大腿のカーゴパンツはさけていたが、幸か不幸かポケットの携帯がプロテクターとなり、携帯の水没と外装が削れただけで自身はノーダメージ。
その後も、何喰わぬ顔で釣りを続けたのだが、撤収後車に戻ると、なにやら小指に激痛が、、早くも腫れ出して来ている。 こりゃ逝っちゃった感じ、、。キャンプ参加者唯一のそのみちの関係者として、応急処置道具を揃えていたけれども、自分専用になるとは思ってなかったりもしなかったりして。 小指は何かとあちこちにひっかかり、ポッケに手を突っ込む事も叶わない。関節の動揺性は強くないので、靭帯はつながっている様子、、まあ酷い打撲か、捻挫か、、ただ打ち身にしては小指の末節骨と中節骨の間の関節部の表も裏も内出血している、、このDIP関節をかなり痛めたのは確かの様。 テーピング固定して、その後のキャンプメニューをこなした。 二年前も、渓流でロッドをもったまま転げ落ちて、親指をしたたかに打ったことがあったけれど、これは骨砕けただろうとおもったが、痛みは数日で引き、レントゲン上も大丈夫だったっけ。 ただ、二ヶ月以上前にぶつけた足の薬指は、大丈夫だろうとたかをくくっていたら、いまだに痛みが引かず、これはおそらく骨折していたに違いない、まあ、足指は固定して耐えるしかないし、もう二ヶ月たっているので、いまさら何をどうするでもない。 さて、受傷翌日は怒濤の48時間勤務、薬指を副木代わりに、テーピングで固定して、サマリーの入力やら、深夜の顧客の対応やらで一晩を明かす。手袋がはめられないので細かい処置などがきたら厳しかったが幸い、切り抜けた。外傷の方もいらっしゃったが、どうみても僕の方が痛かったりして、、。 さて、患部の腫れも安静時の痛みも落ち着いたが、振動加わるだけでもかなり痛むし、手を下に下げているとまるで心臓が小指に来たようにずきんずきんと痛む。 薬指の二の舞になるのもなんだし、骨の安否だけでもと、、かかりつけ(といっても、大学時代に足を骨折して以来ご無沙汰だが)の町外れの整形外科へ。 かつては比較的新しくこじんまりしていた外観も老朽化が目立ち、午前中ともあって、老人ホームのような雰囲気。 ところが、 XP はフルデジタル化してあり、撮影からモニターでの説明まであっというま、しかも拡大、移動自由自在で高画質、、、これには、かなり感動。ここで、くっきり映し出されたのが、左小指の末節骨近位端背側の骨皮質がめくれ上がるような骨折。 ここの関節の屈曲が強制され、腱に引きはがされた結果の骨折のよう、、であるから、骨折の痛みはもちろん、関節、靭帯にもかなりテンションがかかったのだろう。全治3週間、固定2週間くらいの診断。 アルミのシーネは指専用の成形済みで挟み込むタイプのもの、、べんりなのがあるなあ、、。 骨折は何度目だろう、、またしても、小骨である、、みみっちい骨折だなあ。 一度目は小学生の夏、市民プール帰りのサイクリングロード、スコールのなか自転車で飛ばしていたちびっ子の僕は対向して来た女子高生の自転車と接触、、そのときに自転車の泥よけか、スポークに右足を巻き込まれたらしく、はいていた靴ごと右足薬指がもげかけるほどの深い裂創、、とおりかかったご夫婦に助けられて今はなき、近傍の診療所で縫合を受けるも、翌日骨折が判明、、ってか、だって骨ごとたちきれてるの見りゃわかるじゃん。初めての縫合で泣き、骨折っていったいどうなってしまうのか不安におののいたちびっ子の僕であった。ここまで学校を休んだ事なかったのに、、、。2度目は、19歳バイクで落ちて、薬指骨折、、右肩鎖関節脱臼。 3度目は、やはり20歳くらい?で同じく新潟寺泊で友人達と浜辺でキャンプ、料理中にマヨネーズを小さな野良犬に奪われ奪還を試みて、右手中指を犬に食べられ末節骨の亀裂骨折。 4度目は大学時代、自宅近くでVFR400Rでブラインドコーナーを対向してきた乗用車との接触回避で転倒、またしても、おなじ足指の中足骨を骨折。これは、逝ったとすぐに解った、、心配する相手の車をやり過ごし、ぷらぷらする足でバイクに股がり保険証を取りに家にもどると、なんと相手の車は我が家への来客であった、、。ふたたびバイクに股がり、整形へ、、即ギプス、、さすがにバイクで戻れないためナカジに迎えに来てもらったっけ。初自主企画武道場ライブはギプス姿でした。 5度目は、部活でサンドバックを殴り過ぎて右手親指を骨折、シーネ固定。そして6度目は2009年フットサル中に相手の肘が胸に入り、肋骨骨折、、これがじつは一番ながいこと痛くて苦しんだかも、、。 そして、2010年ふたたび今回の小指骨折、、覚えてるだけで7回目。 全部小骨じゃん、、。 ここ、二年間は年一回の快調なペース、、清水寺 おみくじ三連続凶の実力は伊達じゃないようで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2010

THE 4TH KIND 矢追順一好きにはたまらない

THE 4TH KIND (The Fourth kind) 錯乱か?真実か?UFO好きにはたまらない矢追ワールドの集大成的作品誕生!! 骨折療養中の身では、バイクに乗る事も、フットサルで冷や汗を流す事も、下手なギターやパーカッションをいじくる事も出来ず、レンタルして来たのがこのThe Fourth kind。 いきなりタイトルがネタばれになっているという正直な作品。 本作では、不眠患者数と行方不明者数が突出して多いアラスカ州北部の町ノームを舞台に、その原因を催眠療法を駆使して探る心理学者が目の当たりにする、地球外知的生命体との衝撃の第四種近接遭遇が描かれている。 本作では、実際の被験者の催眠療法中の録画映像が使用され、観客もその衝撃的な言動を目の当たりにすることが出来るが、その言動があくまで催眠療法中の非生理的な状況のもとでのものである事、また、主人公の心理学者自身も、精神疾患を抱え妄想の中に置かれていることなども客観的に描かれている。 事実としてのオーパーツの存在や、確率論的に地球外知的生命体が存在しない可能性は低いと思われる事等、状況証拠としての真実と、妄想が入り交じり、最終的な結論は観客個々に委ねられる事になる。

系統的にも、シャッターアイランドとかぶる部分が多く、展開もほぼ同じ、、サイコサスペンスという範疇に宇宙人とオパーツ、をスパイスした感じの作品。娯楽ものとしても、世界中でこのような事実が起こりえるという警鐘としても、まあ、そこそこ楽しめると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2010

能生?それとも寺泊?おいしくて安いカニは?

新潟かに食いキャンプ第三弾! Photo
3年目となる今回の企画はついに二泊に拡大し、参加者は参家族13名。 カニや魚介類の買い出しおよびキャンプの拠点は、一昨年の能生かにや横丁か、寺泊か検討した結果、昨年同様の新潟寺泊、和島オートキャンプ場に決定! 理由は、カニの身入りやカニみその量など基本的なカニの質が高く、さらにはリーズナブルであること。一箱4杯入りで2000円のカニでもかなり巨大でかつ、カニみそも豊富!さらに、バーゲンプライスの5杯で1000円のものでも、みそは少なく、小振りではあるものの、十分おいしくいただける。 Photo_2Photo_3
今回、大人6名、子供7名の総勢13名で、5杯1000円の箱を5箱+4杯2000円を一箱、4杯3000円を一箱で計23杯のカニを購入! 結果、2日間に渡って脳みそがカニみそになってしまうんじゃないかと思う程浴びるようにカニを堪能。さらに、寺泊はカニ以外の新鮮かつ美味な魚介類が満載。 巨大な甘エビ一カゴ800円を2カゴ、ツブガイ1カゴ、ホタテ1ケース、マグロ、中トロ、ハマチ等の刺身、キス1カゴ、ブラックタイガー1カゴなどなど気がふれたのではと思われる程の魚介類を買い込み、 食いきれなかったカニ等を駆使して、ダッチオーブンで作るカニ飯、カニパスタ、魚介スープなど、これでもかというほどの殺人的な魚介メニュー目白押しの二日間であった。 やっぱり、寺泊は素敵。Photo_4


和島オートキャンプ場 カニ喰いキャンプ第三弾!Photo_5


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Shell seeker

Shell seeker
和島オートキャンプ場を拠点に48時間、釣って、遊んで、カニを食べ続けた我ら総勢13名様。 最終日は一転、エコ(エコノミー)な、貝殻拾い。 海辺に佇むちびっこ達のシルエットは毎年の事ながら絵になるわけで、、。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寺泊

寺泊
また、来てしまった! カニ 23パイ げと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2010

和島オートキャンプ場 カニ喰いキャンプ第三弾!

二年前は能生 荒崎キャンプ場、昨年は和島オートキャンプ場と二年続いた新潟でのかに食いキャンプ企画。
糸魚川での翡翠拾いや、長野への遠征などの展開も見せつつ、ちびっ子達の評判もなかなかで、今回第三弾と相成った。能生の荒崎キャンプ場は、かなり富山よりで遠い点と、カニの質では寺泊の方が幾分良かった印象もあり、今回、昨年に引き続き和島オートキャンプ場を選択。
ゴールデンウィーク中のサイト予約は、4月1日解禁なのであるが、人気アーティストのプラチナチケットよろしく、予約開始とともに、例年予約電話が殺到するとのことで、そのとおり、リダイヤルの嵐を駆使してもつながったのは夕方、、すでに、眺望のよいAサイトは満席、子供の遊技場近くのBサイトに若干空きがあるらしい。 前回、まったく未開拓であったBサイトを抑えることに成功。子供達を遊技場に放牧しサイトから様子が見える便利なサイトである。
今回の、カニ喰いキャンプメンバーは総勢12名の大所帯、、、うち我が家族は7名だ、新規に揃えた寝袋3つを合わせて、全部で6つ。まあ、暑がりのイナ妻にはゴアテックスのシェラフカバーで寝てもらおう。 おっと、釣り道具も忘れてはいけない、、子供達が寝静まったら、メバリングに勤しもう、、。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »