« 愛すべき里山の風景とこけしの未来 | Main | 白石川水系 渓流釣果報告 2010年5月第4週 »

May 27, 2010

どれが一番?ブルーレイ プレーヤー持ってないのに、ブルーレイのソフト買った馬鹿へ

ブルーレイのソフトがかなり安くなって来た。 もちろん、画質音質ともにDVD版よりハイスペックになって、価格も手頃と言えば、ソフトを買う時にBD版が俄然欲しくなってしまうのが人情というもの。 欲しい洋画は、片っ端から投げ売りになった中古DVDで揃えているけれど、すでにDVDで持っているものでも、新たにBD版で再販されるとつい触手が伸びてしまう訳で。
そこで問題になるのが、プレーヤー、、、ブルーレイのプレーヤー持ってないという、激しく根本的な問題に突き当たる。 HD DVD陣の東芝が撤退し、ついに次世代規格としての認知を勝ち得たブルーレイではあるが、まあ、そうは言っても、はたしてブルーレイ、、この先どのくらい標準規格としての寿命があるのかは未知数。  とは言え、まあ、再生専用機の値段もこなれて来た事だし、ちょっと検討してみよう。 家電量販店で物色してみると、HDレコーダーもブルーレイ標準装備、なおかつHD容量1Tバイトというのが、標準的になってきていて、一世代前のDVD版HDレコーダーはほぼ投げ売りになっている。 ブルーレイ付きのHDレコーダーも7−20万円程の価格帯になっているので、ならばいっそ、HDレコーダーを買って、録再両用にしようかと思う方もいるかもしれないが、現実的にはHDレコーダーのDVDやBD再生能力や起動の機敏性は、ぶっちゃけおまけ程度のものであり、気軽に高音質高画質で映画、音楽ソフトを楽しむことは難しい。 とにかく、スイッチを入れてからディスクを認識し再生が開始するまでにやたら時間がかかるし、再生が始まっても、HDや2個搭載が当たり前のチューナーや録画機構など、ともかくノイズの原因になる余計な部品が大量につまっているHDレコーダーでは、高精細なソフトの再生は困難と言っても過言ではない。

さらには、録画後の編集機能の秀逸さにかけて、他の追随を許さない東芝のRDシリーズが、過去を清算しやっとBD搭載を開始したとは言え、まだその開発は道半ばで、BD版HDレコーダーの買い時は東芝が実力を発揮するまで、あと二三年先のこと。 というわけで、やはり再生専用機の購入が現実的である。 そこで、メーカーの選定になるのだが、迷わずパイオニアを選択。 というのも、とにかくかつてのKUROに代表されるようにコストや会社の存続を問わない技術偏重主義を誇り、映像および音楽再生に常識を逸した情熱を傾けてしまうパイオニアの実力を知っているからだ。 大まかに高級機と普及機の2グレード展開であるが、いま持っているパイオニアのプラズマはフルハイビジョン仕様ではないので、それほどの高スペックは不要で、全体的な絵作りと音がきちんとしていれば良い。 そんなこんなで、近日発売予定の普及機パイオニア(Pioneer) ブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-330に決定! 予約中にも関わらず、現行機BDP-220の店頭価格を下回る価格で予約受付中の店を発見!即予約と相成った。


パイオニア(Pioneer) ブルーレイディスク/DVDプレーヤー BDP-330

|

« 愛すべき里山の風景とこけしの未来 | Main | 白石川水系 渓流釣果報告 2010年5月第4週 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/48474492

Listed below are links to weblogs that reference どれが一番?ブルーレイ プレーヤー持ってないのに、ブルーレイのソフト買った馬鹿へ:

« 愛すべき里山の風景とこけしの未来 | Main | 白石川水系 渓流釣果報告 2010年5月第4週 »