« 世界から取り残された日本のケータイ Docomo i-Mode信者達へ | Main | 仙台 »

June 16, 2010

エビネ、ツリガネソウの自生地が危ない!山野草愛好者による盗掘乱獲は止められるか?

ツリガネソウ、雪割草、エビネなど、、、山深い地にひっそりと佇む山野草を愛でる方々は年配者を中心に多い。
山野を巡り、お目当ての美しい山野草の自生地を見つけ出す喜び、、。ところが、年々それらの貴重な山野草が姿を消し、幻の植物となりつつ有るようだ。
環境汚染や温暖化、都市開発などの影響はもちろん有るのだろうが、実際にはもっと深刻な実態が隠されていそうだ。 我が父もまた、山野草の愛好者、、、にわか愛好者ではなく若いときから山に入り、山菜やキノコなどを含め山の恵みを享受してきた男である。 そんな父をはじめとする山野草愛好者達の嘆きはこうだ。 
”最近、めっきり山野草の姿を見る事が出来なくなった、一日中山を駆け回っても、お目当ての植物を見つける事が出来ない。 やっとのことで夕暮れ、15株の群生を見つけたよ、、放っておくと他のものに採られるから、根こそぎみんな抜いて持って来た。” どうやら、これが、一部の山野草愛好者の思考形態らしい。 
愛するものを傷つけずにはいられないのが人間の性なのであるが、いくらなんでもこんな考えがまかり通っている限り、山野草の乱獲、盗掘は後を絶たず、絶滅は避けられないであろう。
山野に華麗に咲く山野草は、山野の自生地で咲くからこそ、その美しさを保てるのであって、環境や標高や気候の違う市街地のプランターでは繁殖も、栽培もままならないことも多い。 貴重だから故に、そこにそのまま残しておかなくてはならないと理解しながら、自分が採らなくても、必ず誰かに採られてしまうという思いから、根こそぎ採取して来てしまうと言う悪循環。 山野草は現代の愛好者のためだけのものではなく、次世代へも引き継ぐべき貴重な財産であることを、野草愛好者一人一人が理解しなければ、この危機は決して乗り越える事は出来ないだろう。
 まずは、父に説教、、、まずあなたが皆を啓蒙しないとね。



ナツエビネ

ナツエビネ

価格:1,155円(税込、送料別)





夏咲きエビネ

夏咲きエビネ

価格:1,260円(税込、送料別)


|

« 世界から取り残された日本のケータイ Docomo i-Mode信者達へ | Main | 仙台 »

アウトドア」カテゴリの記事

Comments

うんうん、それはあるね。
実際、クワガタ、カブトムシ採集にしたって、マナーを守りましょう、と専門書には書いてあるが、では此処に載っている野外採集したという個体はなんなのよ。といいたいな。

究極の思いやりは、関わらない事なのかもな。

でもさ、ここのブログって、急激にどっかの通販サイトみたいになってきているぞ。甘い汁を吸いすぎてしまったのか?

Posted by: どどん | June 16, 2010 at 10:01 PM

実際、自然との関わりが深いというイメージがある渓流釣りにしたって、結局は漁協の成魚放流直後だけ魚がいるのであって、すぐに釣り切られて越年する個体などほとんどいないのが現状。 熊や蜂の影におびえながら、大掛かりな釣り堀で釣りしてる訳だから、まあ、おめでたいといえばおめでたいね、、もちろん自分もその一人。  甘い汁を吸って、マクロスゼロのブルーレイBOXを買っちゃった(笑)。

Posted by: ryu | June 23, 2010 at 12:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/48641951

Listed below are links to weblogs that reference エビネ、ツリガネソウの自生地が危ない!山野草愛好者による盗掘乱獲は止められるか?:

« 世界から取り残された日本のケータイ Docomo i-Mode信者達へ | Main | 仙台 »