« ゲリラ豪雨と治水問題、、これって人災?後先考えぬ治水行政 | Main | 2010年7月相馬沖防波堤 釣果報告 »

July 11, 2010

選挙に行かないやつに政治を語る資格なんてあんのか?あるとおもうよ、、。

予想通り民主党の不振、消去法的に浮上した自民党というなんとも、意味の見えない今回の参院選。
消費税アップの必要性に関しては、国民も、与野党ももはや避けて通れないという認識は共通なわけだから、お互いの政策に、日本の未来を左右するような差異は見出せない。

もちろん、自らの生活や家庭を犠牲にして高尚な理想を抱き選挙戦に臨んでいる候補者は多いはずなのだが、いち小市民の目からすれば、単に与野党とも落選して失業したくないから声高に、意味の無い何かを叫んでいるに過ぎないとしか映らない。 新党結成にしたって、このままでは選挙に勝てないから一抜けした、、っていうだけの話だし。 もっとも、選挙なんて自分の気に入った顔なり名前なり政党なり、労組の要請なりで好きに一票を投じればいいわけなんだろうけれども、如何せん真面目に日本と我が子達の将来を憂う僕らは、未来を託せる明確な政策を打ち出してもらわない限り、投票すべき候補者を見出す術がないのである。 単なる選挙マニアのマニアックな当落戦術などに粉骨専心している各政党の候補者達の叫びを僕らはかなりドンびきしながらきかされているのだ。 そんなのどうでもいいから、山積する医療介護問題、制度を解消して給付のあての無い若年者からの搾取をいち早く止めるべき年金問題、国民総平和ボケで危機感のつのる防衛問題、、これらを一体どうするつもりなのか、具体的に語ってもらいたいのに、どうでもいい揚げ足とりばかりで、真面目な僕らはもう投票会場に向かう気力すら萎えてしまうのだ。 上司に言われたからあの人、あそこに道路をつくってくれるからあの人、自己職種に有利な政策だからこの人、、、なんて投票していたような時代じゃないだろうに、、。 同居家族のうち、選挙権を有するのは三人、、これまでは、選挙会場に出向いて白票を投じていた訳だけれども、最近その気力も失せ、大切な一票を投じるに値する候補者を見出せないまま日々の暮らしに追われていた今日一日でした。

|

« ゲリラ豪雨と治水問題、、これって人災?後先考えぬ治水行政 | Main | 2010年7月相馬沖防波堤 釣果報告 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/48854599

Listed below are links to weblogs that reference 選挙に行かないやつに政治を語る資格なんてあんのか?あるとおもうよ、、。:

« ゲリラ豪雨と治水問題、、これって人災?後先考えぬ治水行政 | Main | 2010年7月相馬沖防波堤 釣果報告 »