« クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 | Main | 日常使用に最適な肩のサポーターは?五十肩にはまだ早い、肩の痛みと戦うために »

September 30, 2010

カラフルとカッパのクーとクレヨンしんちゃん劇場版にみるキャリアパスのあり方

 かねてから評価の高い”クレヨンしんちゃん劇場版第十作 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦”を観たのが先日の事。我が10歳の娘がしきりに観たがっていた、”カラフル”という劇場版アニメーション作品の監督がなんと、そのクレヨンしんちゃん劇場版を監督した原恵一氏、、その人であるらしい。 レンタルしていたスタートレック最新作を返しにいった書店にて、たまたま立ち読みした雑誌に、原恵一監督へのインタビュー記事が載っていた。うーん、なんてタイムリー。 記事によると、広告代理店を経てシンエイ動画に入社した原恵一監督はドラえもんなどの制作に関わり、クレヨンしんちゃんの劇場版を定期的に担当する事になったらしい。多くのクレヨンしんちゃん劇場版を演出担当するなか、ついに第9作の”クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲”で脚本に行き詰まり、その時に自分の作家性に素直になろうと決意したのだそうだ。 由緒正しいシンエイ動画の中にあって、子供向けに楽しく、明るくという暗黙のレギュレーションを敢えて打ち破り、解雇覚悟で完成した”クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲”は、やはり同社上層部を交えた試写会場でかなりの酷評を受け、観客である子供やその親からの怒りや失望を覚悟していたものの、公開後は世間一般から評論家まで非常に高い評価を受け、国内の映画賞への入選や雑誌主催の映画ベスト1に輝く事となった。
このことで、自身の作品制作スタンスに確信を持った原恵一監督は満を持して、主要キャストの死亡というショッキングな展開や、緻密な時代考証を重ねた第十作”嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦”を制作。その、高い評価は万人の知るところとなっている。 この2作でクレヨンしんちゃんの枠内での限界を悟り、徐々に関与を薄め、10数年来構想を温めて来た木暮正夫原作の「かっぱびっくり旅」の劇場版作品『河童のクゥと夏休み』を2007年に公開し文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞した後、フリーに転身。2010年、”カラフル”の制作に至って居る。このカラフル、、かなりな内容でエンディングにはTHE BLUE HEARTSの ”青空”が流れるらしいから、こりゃ放っとけない。
 職業人としてのキャリアパスを考えるとき、会社員なら課長、部長、社長、、大学研究者なら助手、講師、教授と上を目指すのが一つの道筋。 しかしながら、原恵一監督の場合は、演出家、監督としてより自分の制作に適した環境を求めて、転身を図っている。 一つ所で、最善の極みを尽くしたればこそ、次なるステージが開けて来るのであろう、、これは、おなじ技術系職業人としてはとても感銘を受けるキャリアパスである。 一度しかない人生、、出し惜しみせず全力を尽くしたならば、ぬるま湯から抜け出し新たなステージへ、、と心は騒ぐが、ローンも残ってたりして、やはり腰は重い。

河童のク...

河童のク...

価格:3,192円(税込、送料別)


映画 クレヨンしんちゃん 嵐を...

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を...

価格:1,512円(税込、送料別)

|

« クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 | Main | 日常使用に最適な肩のサポーターは?五十肩にはまだ早い、肩の痛みと戦うために »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/49601283

Listed below are links to weblogs that reference カラフルとカッパのクーとクレヨンしんちゃん劇場版にみるキャリアパスのあり方:

» カラフル [C note]
気がつけば、ブログ更新を1週間おさぼり。 『河童のクゥと夏休み』の原恵一監督作品 [Read More]

Tracked on September 30, 2010 at 08:49 PM

« クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 | Main | 日常使用に最適な肩のサポーターは?五十肩にはまだ早い、肩の痛みと戦うために »