« 東京大震災、確実に来ると解ってるのだから観ない訳には、、東京マグニチュード8.0 | Main | ドキュメント道迷い遭難とサバイバル登山家、、なぜ彼らは山で死ななければならなかったのか? »

October 30, 2010

新型ボブルビーの使い倒してわかったマルとバツ、、BOBLBE-E MEGALOPOLIS AERO長期使用レポート3

いつも一緒のボブルビー、、コペンの助手席にいつも鎮座しているBOBLBE-E。 愛機をMENTORから、最新型のMEGALOPOLIS AEROに替えてから、相当経つが、ようやく体にもなじんで、こいつの真価が見えてきたところ。

まずは、素晴らしい点はなんといっても、背面のクッションや肩ベルトの質感が圧倒的に向上したこと。そして、携帯ポケットから、上部フラップのポケットにいたるまで、止水ファスナーが装備されて圧倒的に防水機能が向上した事が挙げられる。 他方、残念なのは、バッグとして自立出来ない事、、、これは、職場でも家庭でもMac bookを突っ込んだまま、どこかに立てかけておかなければならないというメンドクサさがある。特に床が平滑な場合、こいつを立てておくのはかなり難しい。やっぱり、自立してくれると非常に助かる。 もう一つは、メガロポリスなので仕方がないが、身長160cm台の小柄な人間にとっては、かなりサイズ的に大きいということ。収納容量は必要十分だが、背負った時のシルエット上、ある程度の体格がないとバランスが悪い。 そして、せっかくの止水ファスナーの耐久性が今ひとつな事、、これは頻回にファスナーの開閉を繰り返しているうちに、ファスナーの金具が止水部分の樹脂を引っ掛けてしまい、せっかくの防水層が剥がれてしまうのだ。まあ、消耗品として考えるしか無いのだろうけれども。

そんなこんなで、いろいろあるけれども、今日も一緒のボブルビー、、。頼りにしています。 最近、上述した日本人にはちょっと持て余すサイズの大きさを考慮した短縮モデルとも言うべき新型も登場しているみたい。






|

« 東京大震災、確実に来ると解ってるのだから観ない訳には、、東京マグニチュード8.0 | Main | ドキュメント道迷い遭難とサバイバル登山家、、なぜ彼らは山で死ななければならなかったのか? »

BOBLBEE」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/49889062

Listed below are links to weblogs that reference 新型ボブルビーの使い倒してわかったマルとバツ、、BOBLBE-E MEGALOPOLIS AERO長期使用レポート3:

« 東京大震災、確実に来ると解ってるのだから観ない訳には、、東京マグニチュード8.0 | Main | ドキュメント道迷い遭難とサバイバル登山家、、なぜ彼らは山で死ななければならなかったのか? »