« 恒例牡蛎食いパーティー2010松島 | Main | 国会中継にみる中堅議員の幼稚さ »

October 12, 2010

老いた父と行く釣り2010年10月松川浦河口ハゼ釣り釣果

多忙な夏を終え、消化しきれなかった夏期休暇を連休にくっつけて設定した本日。体調は風邪が進行形で最悪ながら、潮汐は昼から夜にかけての上潮と良好。 バイクにしても、釣りにしても、ほとんど言い訳程度の活動に留まった今年、まあ釣りぐらい行きたい、、このままじゃ人間としてダメになると思い至り、これまた人間として、ほんとにぎりぎりになってきた我が老父を誘って相馬の河口へハゼ釣りへ。 金と元気が無い時は釣りに限る、、途中、釣具店でメバリング用のワームやら、針やら、誘い釣り用の重りやらこまごま買ってたら14点で5000円の御会計。 しまった、この釣り具や駄菓子屋特有の、ちりも積もれば山となる方式の泥沼にまたしてもはまってしまった。
気をとりなおして、いつものポイントへ、、なにやら中層に大量の魚が回遊しているものの、ムシ餌にはまったく反応無し。投網を打ったり、いろいろとあがいているうちに釣果ゼロのまま午後の部へ、、こりゃいかん、真面目に釣らんと、、メバルジャックのワームをとっぱらって、イソメをつけて投入!!さっそくあたりあり、、とても小型のハゼが連発、、こりゃ8号の針じゃかからんわ、、唐揚げサイズをテンポ良く釣って行く。釣り大好き人間の父も、ゲームフィッシングと化したハゼの当りに大喜び。 もっと、ほんとは大きくなっているはずなのに、やっぱ、この異常気象のせいだろうか? とかなんとかいっていたら、父がかなり大型のハゼを上げた、、やっぱり良型も居るには居るんだな、、喰わんだけで。
日も暮れハゼ釣りにも飽きた所で、漁港へ移動し、ブラクリでヘチを探ってみるとあっさりアイナメを2連発!!おお、、、小さな当りがあるものののせきれないポイントで粘る事20分、、ついに上げたその魚はなんとカレイ。気を良くして、マイクロワームでのメバリングになだれ込むも、こちらはまったく反応無し。 まあ、父も喜んでくれたし、まあ大満足。親子の時間もそう長くは残っていないが、70歳を過ぎて我が子とのんびりした流れを前に釣りに興じるなんて贅沢、これから30年後、、4児の父である自分には出来るのだろうか? まあ、それは人としての自身のありよう次第なんだろうな、、とすると、アルコール依存、事業の失敗、家族の離散とまさに絵に描いたようなダメ父ぶりを演じて来たこの人は、果報者というより、事業と人生には失敗したが子育てには成功したという事なのだろうか?
とすると、、かなりの変化球じゃないと通用しないってことだな。うーん、奥が深い。

|

« 恒例牡蛎食いパーティー2010松島 | Main | 国会中継にみる中堅議員の幼稚さ »

釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 老いた父と行く釣り2010年10月松川浦河口ハゼ釣り釣果:

« 恒例牡蛎食いパーティー2010松島 | Main | 国会中継にみる中堅議員の幼稚さ »