« 日常使用に最適な肩のサポーターは?五十肩にはまだ早い、肩の痛みと戦うために | Main | BALLAD 名もなき恋のうた、、、クレヨンしんちゃんの壁高く »

October 04, 2010

愛用のバッグが壊れちゃった、 福島じゃ修理出来ないって???そこまで空洞化かい

 過酷極まりない静岡、伊豆ツーリングの終盤に、過負荷のあまりファスナー部が裂けてしまったツーリングバッグを補修してもらおうと、携帯からネットで鞄修理の店を検索。 よく駅地下やデパートなどに入っている大手の靴、鍵修理専門フランチャイズ店が福島市内にもあり、さっそく電話問い合わせ。一件目は、靴は扱うが鞄は扱ってないとの事、、もう一社は、鞄の修理はかつて受けていたがいまでは扱っていないとの返答。 どこか修理頼めるところないか尋ねるも、うーん、、、と回答に窮している。 あきらめて、コペンに乗り込み足で探す事に、、福島市街を走ってそれらしい店がないか探すが見当たらず、よく洋服お直しの代理店を兼ねる事もあるであろうクリーニング店のおばちゃんに、尋ねてみるも、、うーん、バッグや鞄の修理はねえ?とやはり解らず。 やむなく、道すがら見つけた老舗の帽子制作店のご主人に尋ねてみるも、やはり知らないとのこと、ご主人直せませんか?とたずねるも直せないねえ、、と困り顔。 パセオ通りに足を伸ばして、傘やバッグ等を古くから扱う老舗にも直接尋ねてみる、、バッグの修理どこかでお願いできませんかね? バッグの修理はね、、わかりませんねえ、、昔は一見だけ、鞄屋さんがあってそこで修理も受けていたらしいけれど、とうの昔に廃業してしまったし、、。 
 店内、ところ狭しとありとあらゆるバッグが陳列されているにもかかわらず、壊れたら直してもらう術が無いって。それって、どうよ、、これぞ使い捨て社会の悲しき現状?と頭の中がぐらんぐらんしてくる。 ちゃんとした鞄屋さんなら、きっと直してくれるはずと、福島市を代表する鞄屋さんに問い合わせ、、、すいませんねえ、職人さんが入院しちゃって修理はもう受けていないんです。 との悲しいご返事をいただいた。
ほんの少し、ジッパー部が破けてしまった僕のツーリングバック、、、全然高価なものでもないけれど、ちょっと直せばまだまだ使えるのに。 
 壊れたバッグを修理してもらうことが、福島市ではこんなに困難な事だとは思いもよらなかった。もっとも、ブランド品はその販売店系列でメーカー対応があるだろうし、実際僕がとある工房にオーダーで作ってもらっている本革製のバイク乗り用のヒップバッグなんかも、永久保証で補修してもらえる。 また、ネットでしらべれば補修品を郵送で送れば見積もりと補修を行ってくれる県外の業者さんはいくつもあるにはある。 だがしかし、ちょっと壊れた時に気軽に修理を頼める近所の鞄屋さんってのが福島市には見当たらないという事実はちょっぴり悲しい。それだけ、需要もなければ採算もあわず、さらにはここまでの経過を鑑みると技術者(後継者)不足ということが見て取れる。  ”おおよそが台湾あたりで作られている安いバッグなんて、人件費の高い日本の職人さんに修理を頼むよりも、捨てて新しいの買った方が断然合理的!” って事なんだろうね。 人々の関心の及ばぬところで確実に進む、技術、そして人材の喪失。 産業の空洞化というほど大げさな問題じゃないにしても、、まあ、僕らも実は絶滅危惧種なんだけれども、、運命には従うしかないのだろうね。

|

« 日常使用に最適な肩のサポーターは?五十肩にはまだ早い、肩の痛みと戦うために | Main | BALLAD 名もなき恋のうた、、、クレヨンしんちゃんの壁高く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/49651699

Listed below are links to weblogs that reference 愛用のバッグが壊れちゃった、 福島じゃ修理出来ないって???そこまで空洞化かい:

« 日常使用に最適な肩のサポーターは?五十肩にはまだ早い、肩の痛みと戦うために | Main | BALLAD 名もなき恋のうた、、、クレヨンしんちゃんの壁高く »