« ピュアオーディオの幻想 本物は実は大した事無いって、、 | Main | アブラクサスの祭り、、スネオヘアーさんはスネ夫のような髪型で、、 »

November 24, 2010

ホームシアターにフルハイビジョンプロジェクターだって?まず眼鏡買えば?

 多くの映画ソフトがネット配信を迎える時代、、生き残りをかけた劇場が藁にもすがる想いでこぞって導入し始めたのが3D上映によるレンタルソフトおよびネット配信との差別化。 3D元年と呼ばれた2010年終盤に至って、それまでのサラウンド音響のホームシアターへの導入と同様に、あっというまに民生機に3D技術が普及、、家庭での映画ソフト視聴環境は、iPhone, iPadに代表される携帯端末でのミニマムなものから、フルハイビジョンパネルを備えたプロジェクターによる100インチ超の大画面ホームシアターという二極化が進行。
 当然、大の映画好きで、地元劇場に多大なお金を落とし続けている我が家も、本格的にホームシアターの導入を検討することになったのは自然な流れ。 ホームシアター、ピュアオーディオを専門に扱う業者は地元では限られているため、、というよりほとんど一社しかないわけで、さっそく 地元のだやへ相談へ行ってみる。 AVアンプが15万、一個4万円の埋め込みスピーカーが5.1chなら5個、7.1chなら7個、、まあスクリーンは真っ白な壁で我慢するとして、プロジェクターが約20万円、、、。まあ、100万円コースだ。
 これで、フルハイビジョンの大画面、大迫力の音響!! しかしまて、フルハイビジョンと言ったって、僕の裸眼視力はせいぜい0.3、、これで日常生活をしているし、たった14時間前にも劇場でハリーポッター死の秘宝をちびっ子達と堪能して来たばかりだ。べつに困ってはいないのだが、当然我が家の42インチのプラズマディスプレーの番組表なんてぼやけて読めやしないわけで。 どう考えても、フルHD化して描画ピクセルを数十パーセントあげるよりも、二蔓円堂で眼鏡を買った方が、画質の向上は確実かつ激しく安価だろう、、、まず眼鏡買えよ、眼鏡、、。 そういうことだな。

|

« ピュアオーディオの幻想 本物は実は大した事無いって、、 | Main | アブラクサスの祭り、、スネオヘアーさんはスネ夫のような髪型で、、 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/50114852

Listed below are links to weblogs that reference ホームシアターにフルハイビジョンプロジェクターだって?まず眼鏡買えば?:

« ピュアオーディオの幻想 本物は実は大した事無いって、、 | Main | アブラクサスの祭り、、スネオヘアーさんはスネ夫のような髪型で、、 »