« 壁紙はパステルグリーンでいいですか? | Main | はじめてのホームシアター&ドラム室 防音壁構造の悩み »

January 21, 2011

三菱HC4000 HC6800 実物を見て比較してみた、買うならどっち プロジェクターレビュー

 新築に際して、ホームシアター導入も企てるも、新規導入費用は最低100万円が相場。 予算の多くを占めるのが、映像ソフト再生の要となるプロジェクターだ。 ついこの間までは、まともな映像を期待するなら最低でも30万円以上の中級機を選ぶしかなかったわけだけれども、ここに来て様相は一変!!液晶テレビの大型化から、リビングシアターの主役を液晶テレビに奪われることに危機感を抱いたのかどうかは解らないが、いま、新型プロジェクターの価格破壊が進んでいる。 発展途上かつ真面目な映画愛好者にはあまりメリットのない3D搭載機の陰で、現在世の中の話題をさらっているのが、三菱のホームシアター用プロジェクターの新製品HC4000とHC6800の2機種。 どちらも17−20万円という低価格帯の入門機ながら、数年前の中堅機を凌ぐスペックをそなえた実力機種である。


 もちろん、ビクターだのエプソンだので60万円とかする高級機を買えるなら、それにこした事はないのだろうけれども、はじめて導入するホームシアターだもの、お手頃な予算で最大限の効果を狙いたいもの。 現在、ホームシアター導入を考えている人のほとんどがこのHC4000とHC6800を初めて買うプロジェクターの候補として上げているはずだけれども、この僕も同様に、どちらにしようかと悩んでいる最中。 そもそも、三菱というメーカーは、自動車をみても解る通り、かなり頑固かつ変なこだわりがあるようで、唯一国内メーカーとしては反射型液晶、透過型液晶、そしてDLPと3つもの異なる機構のプロジェクターをラインナップしているこだわり様。 そして、注目の高スペックな入門機として世の注目を浴びる、HC4000とHC6800はそれぞれDLP方式と透過型液晶方式という別方式を採用しているため、コントラスト比やなんかのカタログスペックでの比較は全く無意味なのである。 
 ともかく、どちらを選ぶか決めるためには外観も映像も実際に見比べてみるしかない、、特にDLPのカラーブレーキングノイズがどの程度のものなのかは是非実際に見ておく必要がある。 そこで、地元のオーディオショップに依頼し、HC4000とHC6800の視写機を取り寄せてもらい実物を並べて比較してみた。
【送料無料】【smtb-u】MITSUBISHI/三菱 LVP-HC...

【送料無料】【smtb-u】MITSUBISHI/三菱 LVP-HC...
価格:188,790円(税込、送料込)


 一応、肝心の映像以外の違いといえば、まずHC4000の方がHC6800に比して以下の特徴を有する。
1、DLP方式なので早い動画への追従性が良い
2、DLP方式なので、発色が鮮やか
3、DLP方式なので、人によってはカラーブレーキングノイズが目につく(見える人と見えない人がいる)
4、高価なDLPを採用するため、レンズシフト機構を省いたあおりで設置場所が限定されてしまう(HC6800はレンズシフト、ズームともに電動で装備)
5、HDMI入力が1系統(HC6800は2系統)
6、筐体がコンパクトかつ軽量(HC6800は大きくて重い)

さて、いよいよ映像の方だ、まずブルーレイソフトを見比べる、、、皮膚、車両の塗装の質感といい見事である、、HC6800、、、。動きのあるシーンでも、とくに破綻無くBDの実力を遺憾なく再現。 一方のHC4000もまったく遜色ない映像、、、。これがBDからDVDへとソフトを変更すると、プロジェクターの優劣以前に、ソフトの情報量の差が如実に出てしまい、こればかりは如何に高級なプロジェクターを浸かったって、いかんともし難いことが痛い程解った。 はっきり言って、個人的にはどちらも優劣はつかない出来映えだが、DLPの運命か、黒いスーツなどの切り替え時に、瞬間的に虹がちらつく、、、なるほど、これがカラーブレーキングノイズか、、それと知らずに見ればべつに気にならないだろうが、個人差も大きいようで、、2名で試写を見ていたのだが2名ともノイズを検出。
映像の特性は方式自体が異なる訳なので、それぞれに差異はあるが、優劣はかんじなかったため、そうなると選択のポイントとしては、カラーブレーキングノイズがなく、レンズシフトがついていて設置に気をつかわずに済むという点で、HC6800を選択した僕であった。

|

« 壁紙はパステルグリーンでいいですか? | Main | はじめてのホームシアター&ドラム室 防音壁構造の悩み »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/50641985

Listed below are links to weblogs that reference 三菱HC4000 HC6800 実物を見て比較してみた、買うならどっち プロジェクターレビュー:

« 壁紙はパステルグリーンでいいですか? | Main | はじめてのホームシアター&ドラム室 防音壁構造の悩み »