« Space battleship YAMATO(宇宙戦艦ヤマト) 男なら無駄だと解っていても観なければならない作品もある、、 | Main | バイオハザード アフターライフ 見事な小品ぶりに感服 »

January 05, 2011

座頭市 THE LAST ど、どうしちゃった?阪本順治監督、、綾瀬はるかの方が、、

勝新太郎主演のオリジナルから時を経て、新解釈での北野武主演監督作品 座頭市がそのリズムトラックと映像の融合に成功し、ガダルカナルタカの好演と北野武の下積みを活かした切れのある殺陣によって、世界的に高い評価を得たのは記憶に新しい。 ストーリーに深みもなにもなくとも、映像と音楽とアクションとそしてコメディがぴったりと決まりさえすれば作品としては成立するということを見事に証明した北野武版 座頭市。
 そして、まさかの綾瀬はるかが座頭市を演じた ICHI、、 多くの危惧をよそに、見事な演技で観客の度肝を抜いた。 その後を追う形で、公開されたのが 香取慎吾主演、阪本順治監督作品であるこの座頭市 THE LAST。
香取慎吾主演という点で、かなり不安要素が大きいが、そうは言っても、数々のドラマや映画でアクションをこなして来た経歴とその高い身体能力からは、うまくハマれば凄い事になりそうという期待も、、。さらには、坂本順治監督を起用するとあっては、どう間違ったってそうとう熱い作品になることは間違いないだろう、、と思っていた。
 で、結局のところ、敵役の仲代達矢の怪演や、反町隆史、倍賞千恵子、原田芳雄、岩城滉一といった主役級の超一流俳優で脇を固めたものの、どうにも話が転がらない。 雪中の峠での殺陣シーンも、相当過酷なロケであったことは伺えるし、香取慎吾の運動能力をもってこそあのようなシュチュエーションでの撮影が可能であったことも想像に難くないのだが、どうにも展開が緩い印象が否めない。
阪本順治のあのどついたるねんとか、鉄拳とか、KTなんかでみせた、あの火傷しそうな程の緊迫感、ナイフで切ったような空気が感じられなかった。 倍賞千恵子との雪を背にしたシルエットの長回しのシーンなんかはとても奇麗なんだけれど、、、 娯楽大作だと、どうしも緩くなっちゃうんだろうかね、、、ちょっぴり残念。 
、、で、タイトルの座頭市 THE LASTというのは、どういう意味なのか、今一不明、、もうリメイクは許可しませんよ、、ってことなのか?  スタイリッシュに徹した北野武版に対してどこまでも泥臭く描くという意気込みは見えました。 あ、、そうそう忘れてたけれども、綾瀬はるか主演の座頭市 ICHIもありました、、じつはこっちの方が、殺陣や演技は吹き替えながら二枚くらい上手だったりします。 北野武版、綾瀬はるか版、香取慎吾版を見比べてみるのも一興かと。

ICHI スタンダード・エディション 【DVD】

ICHI スタンダード・エディション 【DVD】

価格:3,591円(税込、送料別)


座頭市 THE L...

座頭市 THE L...

価格:3,152円(税込、送料別)


座頭...

座頭...

価格:3,591円(税込、送料別)


|

« Space battleship YAMATO(宇宙戦艦ヤマト) 男なら無駄だと解っていても観なければならない作品もある、、 | Main | バイオハザード アフターライフ 見事な小品ぶりに感服 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/50496727

Listed below are links to weblogs that reference 座頭市 THE LAST ど、どうしちゃった?阪本順治監督、、綾瀬はるかの方が、、:

« Space battleship YAMATO(宇宙戦艦ヤマト) 男なら無駄だと解っていても観なければならない作品もある、、 | Main | バイオハザード アフターライフ 見事な小品ぶりに感服 »