« 泣きっ面にプルトニウムはいただけない | Main | カレー鍋5日目 東日本大震災 »

March 16, 2011

東北地方太平洋沖地震 ガソリン不足の現況

東北地方太平洋沖地震 いわゆる東日本大震災と続発した福島第一原発事故 被災地である東北地方へのガソリンの供給拠点である石巻が、地震にひきつづく津波によって大きなダメージを受けた結果、周辺地域の買い占めも相まって震災後のガソリン不足が際立っている。 おりからの停電とも相まって、町中のガソリンスタンドは閉店。 わずかに営業を続けるガソリンスタンドでも、給油を求める長蛇の列。

顧客の避難先である町の中学校体育館と、勤務先を何往復もするなか、我が愛車のガソリンは枯渇。もはやガソリンスタンドまで行けるかどうかというところ。 もっとも、大震災に被災しただけならば、徒歩なり自転車なりのECOライフに立ち返るということで問題の大部分は解決するわけだけれども、福島第一原子力発電所の水素爆発、炉心融解の危機に瀕し、さらには10usvの環境放射線が現に降り注いでいるこの被災地にあっては、たとえ、レントゲン写真一枚の5分の一ですから大丈夫!なーんて、東京のスタジオのしたり顔のコメンテーターが100%他人事面して叫んだところで、不安になるのは仕方が無い事だろう。  そんな不安のなか、雨と雪と放射性同位元素が降り注ぐ中自転車や徒歩で通勤しろなんて、指示をだす上司がいたとしたら、たとえ実害が無いにしても、そりゃついては行けない。

放射能被曝のリスクに晒され、また、容態の切迫した身動きのとれない高齢のゲストを搬送するには、どうしたって自動車が、ガソリンが必要になるわけだが、町のスタンドはすべて閉鎖、、、そして、開店していても、5時間待ちで1000円分の限定給油だったりするわけで、、。 さあ、この危機、どう切り抜けるか?

|

« 泣きっ面にプルトニウムはいただけない | Main | カレー鍋5日目 東日本大震災 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/51139290

Listed below are links to weblogs that reference 東北地方太平洋沖地震 ガソリン不足の現況:

« 泣きっ面にプルトニウムはいただけない | Main | カレー鍋5日目 東日本大震災 »