« 誰かが世界を回している? | Main | 復興ムードの陰で »

March 25, 2011

福島第一原子力発電所の稼働維持、廃炉回避のシナリオ

震災に引き続く福島第一原子力発電所の放射線漏洩事故から約2週間。
熱し易く冷め易い日本人、テレビ番組も災害情報では視聴率を稼げなくなったらしく、震災や放射能に関する報道はひとまず陰を潜めて、以前と変わらぬ非生産的なバラエティ番組が華々しく画面を飾っている。 もっとも、被災地でテレビを見て過ごすにも、風や雨に乗って確実に体内に入り込んでくる放射能の恐怖を煽る報道番組ばかりでは、気も滅入るわけで、能天気なお笑い番組も大きな役割を担っているのも事実。

だがしかし、この熱し易く冷め易い、飽きっぽい日本国民にとっては、この盛り上がりも明らかな幕引きもなく、長期的な影響を及ぼし続ける放射能汚染事故は致命的。 緊張感が途切れて、危機意識が下がってからが、今回の事故の災禍が本格的になる可能性が高い訳で。 被災地の土壌汚染、農業の廃絶、地価や不動産価値の毀損、、、損害は計り知れない。 このおとしまえを、加害企業はどう着けるつもりなのだろうか。
金銭的な補償には、増税と言う名の国庫負担も加わるのだろうけれども、東電本体はどう動くのだろうか?
もちろん、自治体の原発誘致に際して、放射能事故という多大なリスクと引き換えに多額の補助金という名の免責取引をした地域住民と首長が企業に対してものを言う余地があるのか僕には解らないが、もはや所属自治体には収まらない被害の拡散が刻一刻と進行している。
ちらちらと、頭を霞める最悪かつ最もありがちな今後の展開は以下の通り。

1、被災者の救済には多額の財源が必要。
2、福島第一原子力発電所を廃炉にすれば、東電本社の経営維持は困難
3、被災者の補償を担保するためには原発の稼働再開が不可欠であり廃炉の選択肢はない
4、被災者をも巻き込んで、原発維持の世論を形成。被災者も原発稼働再開を容認

うまく丸め込まれて、こんな感じなんじゃないかと、、、心配しているのは僕だけだろうか。

|

« 誰かが世界を回している? | Main | 復興ムードの陰で »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/51214890

Listed below are links to weblogs that reference 福島第一原子力発電所の稼働維持、廃炉回避のシナリオ:

« 誰かが世界を回している? | Main | 復興ムードの陰で »