« 物流に回復の兆し | Main | 福島第一原子力発電所の稼働維持、廃炉回避のシナリオ »

March 23, 2011

誰かが世界を回している?

多くの人々が、これは再臨界も不可避かと危ぶんだ福島第一原子力発電所事故も、消防の特殊車両による持続的な放水に引き続く、外部電力の敷設が完了するに及んで、ひとまず全世界が安堵に胸を撫で下ろし、リーマンショックを上回る経済界の動揺も一端収束。 

放射能残留物による生乳や農作物、漁業への影響は深刻ながら、熱し易く冷め易い日本国民の事だから、きっと数年後には、そんな危機的な事故があったことすら誰も振り返ることはないだろう。 人間は忘れるから、生きて行けるというのはあるいみ真実であるのだけれど、ただ忘れる以前に今回、かりにこの危機をなんとか乗り越えられたとして、それがただ単に、その程度の事故だったという風に考えてはいけない。

何事に置いても、無関心な多くの人々や単なる傍観者が溢れる陰で、自分の命や人生、そして家族を犠牲にして問題の解決に日々砕身する一部の人間が問題を解決に導いていることを忘れてはいけない。今回の震災や続発した原発事故に限らず、あらゆる問題において同じ事が言える。 結果だけを見て、ほら、大丈夫だったろう?そんなに騒がなくてもなんとかなるものさ、、なんて、さらっと他人事のように嘯く多くの人々。 しかし、それは大間違いで、誰かが自分を犠牲にして問題の解決にあたってくれたから、ぎりぎりのところでなんとか事態の収拾がついたに過ぎない事を自覚するべきだろう。  ただ、そこにいるだけの多くの人々と、問題の解決に動く極少数の人々、それこそが、組織の本質であり、社会の本質。 結論から言えば、なにもせずにそこにただいる人々、、彼らも組織集団や社会にとってはまた必然である、、というのも真実なのだろうが、やっぱりちょっと、いらっと来ることもあるような。  さてさて、実社会でも問題は山積み、、顧客の利益を守るため県外各施設との交渉も昼夜を問わず、、原理的には、まあ、倒れたら、だれかが後を引き継いでくれるのだろうから安心して燃え尽きてみようかなと思うここ数日。  7日目のカレー鍋は怖くて蓋をあけられない3月の夜更けでありました。

|

« 物流に回復の兆し | Main | 福島第一原子力発電所の稼働維持、廃炉回避のシナリオ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/51192901

Listed below are links to weblogs that reference 誰かが世界を回している?:

« 物流に回復の兆し | Main | 福島第一原子力発電所の稼働維持、廃炉回避のシナリオ »