« カラフル Colorful〜原恵一氏クレヨンしんちゃんからの到達点 | Main | ルンバが家にやってきた!お掃除ロボ長期使用レポート、何処でどの機種を買うのが賢いか? »

June 15, 2011

トロン レガシーを見たらやはりレンズマンやオーディーンを観たくなるね 

アバターやマクロスフロンティアはじめ、いまや映画作品に描かせない技術となったCGを初めて本格的に映画に導入したのが1982年に公開された”トロン”。 オリジナルをリアルタイムに劇場で見た事もなければ、その後DVD ソフトなどで鑑賞したこともない僕ですら、幾何学的な蛍光をアクセントにしたその衣装デザインの強烈なビジュアルと斬新なCGアニメーションの衝撃ははっきりと記憶していた。 このトロンの技術革新以降、邦画でもSF新世紀レンズマンや宇宙戦艦ヤマトの後続企画であるオーディーン光子帆船スターライトなど、次々とCGが映画作品に取り入れられるようになった。 不思議と、レンズマンも、オーディーンも優れたSF作品ではあったし、テーマソングをアルフィーやラウドネスなどが担当するなどかなり贅沢なプロモーションをしていたはずなのだが、いまや絶版となってしまっていて、ブルーレイはおろか、DVDすら手に入らないという悲しげな状態。

(LD)オーディーン 光子帆...

(LD)オーディーン 光子帆...
価格:14,490円(税込、送料別)


はじめは線画のみであったCGも進歩を重ね2010年ついに一つの到達点に達し、アバターが公開された。 しかし、アバターのヒットの陰で、もう一つ忘れてはいけない作品が公開されていた、、それが、トロンの正式なDNAを受け継ぐCG作品である”トロン レガシー”。 オリジナルのトロンへのリスペクトに満ちた世界観とビジュアルを下敷きにして観る!から体感する!と映画の在り方を変えてしまう程の映像技術が惜しげも無く注がれた本作。 ストーリー的には特筆すべきものはないものの、ダフトパンクをフィーチャーしたテクノサウンドと音響設計も相まって、サラウンド環境をもつホームシアターで体感するには最適な作品となっている。
【送料無料】トロン:レガシー【Blu-ray】 ...

【送料無料】トロン:レガシー【Blu-ray】 ...
価格:2,953円(税込、送料別)

トロン(DVD) ◆2...

トロン(DVD) ◆2...
価格:1,200円(税込、送料別)

|

« カラフル Colorful〜原恵一氏クレヨンしんちゃんからの到達点 | Main | ルンバが家にやってきた!お掃除ロボ長期使用レポート、何処でどの機種を買うのが賢いか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/51955266

Listed below are links to weblogs that reference トロン レガシーを見たらやはりレンズマンやオーディーンを観たくなるね :

« カラフル Colorful〜原恵一氏クレヨンしんちゃんからの到達点 | Main | ルンバが家にやってきた!お掃除ロボ長期使用レポート、何処でどの機種を買うのが賢いか? »