« August 2011 | Main | October 2011 »

September 2011

September 30, 2011

ラジオの魔法?いつもの聞き慣れた曲がラジオから流れてくると、、、

随分昔に、CDをジャケ写買いして、夏の間中、目覚めの曲として聴きまくっていたスウェーデンの歌姫、メイヤの楽曲が、東北道をひた走る車中のラジオからふと流れてきました。 

いつもiPodやカーステレオ、自宅のオーディオなんかで飽きる程聞き慣れたはずの曲が、ふとラジオから流れ始めた途端、普段とは全く違った曲に聴こえることが良くあります。 ラジオを通して流れてきたその聞き慣れた曲は、妙に新鮮で素敵な曲に聴こえてついつい聴き入ってしまうのがとても不思議です。

ラジオから流れてくる楽曲は、電波の特性上、低音と高音域がカットされ、中域が強調された独特のイコライジングで装飾されてしまうということも、普段と違った印象を与える一つの要因でしょう。 でも、決してそれだけではないような気がします、、きっと、一人で聴く音楽とは異なり、ラジオを通して聴こえてくるその曲は、いまその瞬間に、僕以外の遠く離れた他の誰かも様々な想いを胸に聴き入っている、、そんな、他者との繋がりを内包することで、非常に幅広く奥深いものになるのかもしれません。

ラジオから流れる楽曲、、それは、何気ない普通のポートレイトが、モノクロやセピア調に焼き直されただけで、にわかに芸術性を帯びていくような、そんな感じにも似ているのかもしれません。 僕以外の誰かが、この曲を選んでラジオに流している、、そう思うだけで、ワクワクするのかもしれません。 物事の本質は以外と、そのものの素性だけではなく、それを取り巻く様々な人や意思によって彩られているような気がするのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2011

原発事故から半年、放射能ではなく福島市の無策振りに見切りをつけ続々と福島市を脱出する小学生達、、。

 また一人、我が子のクラスメートが県外転居を決めた。 つぎつぎと、我が子の同級生達が福島を去って行くのを、親子共々しょんぼりと見送るこの数ヶ月。 新築したばかりで、旦那さんにいたっては、単身赴任で一度も新居に住んだことが無いというのに、転居を決めた方も、、。 去りゆくママ友の言葉からは、放射能汚染を超えた福島脱出の理由が見えてくる。

我が子の通う福島市内の小学校では、原発事故から半年を過ぎ、空間線量も徐々に下がりつつあるこの9月になってから、あらたに続々と県外脱出を決める家族が後をたたず、すでに100名を超える転校者が出ている。
 
 福島市からの脱出を決意している小さな子供を抱える親御さん達は、みな若く、住宅を新築したばかりという方も多い。 多くの負債を抱えながらも、苦渋の決断をせざるを得ない理由は、もはや福島市に降り注ぐ放射性物質による高い放射線線量に対する不安ではない。
 遅々として進まぬ行政の除染、安全対策、、地産地消をスローガンに抱える地元で安全な食材を確保する事の困難さ。いくら家庭で食材や水などに気をつけていても、福島市の学校に通う限りは、地元産食材による給食を食べ続けざるを得ない。 現時点での、地元産食材の安全性は十分に確保されているはずと、不安を押し殺して信じようとするが、 放射能を含む可能性のある生乳をその他の生乳で希釈してから測定するという牛乳の放射性物質測定方法の意図的としか思えない変更による不自然な検出率の低下。想定外とされていた予備検査通過後のコメの出荷停止など、検査体勢そのものに対する不信は拭いようがないのが現実で、福島市に子供を置く限り、家庭でどんなに気をつけていても、内部被曝の蓄積は避けられないのが現状だ。

 すでに、小さなお子さんを抱える比較的経済的に余裕のある世帯や身軽な熟年世帯は早々に福島市からの脱出を済ませており、ビジネス面でも多くの外資系企業営業所の仙台などへの統合移転が進んでいる。 市内に留まっている若い夫婦も、当面は子づくりを控えるし、他地域から生殖年齢にある若い世代が、就学や就職等で福島市に転入することもまず無いだろう。
 今後福島市は、富裕層や大手企業の営業所、工場の撤退等による激しい税収の低下と若年層転出の増加と転入減少による激しい高齢化に晒される事になる。 福島市に残るという事は、放射能の問題以前に今後長期にわたってこの福島の抱えた困難な負の遺産を、水道、電気、ガス、税金、高騰する医療、社会保険等により生涯に渡って負担し続ける事を強いられ、その生活コストの増大は莫大になることに疑いはない。
 医療、福祉、経済、文化、税制そしてなによりも教育、、、これらの点において、福島市に留まる事で背負ってしまう目を覆う程の困難を補って余有るほどの魅力を備えた市政の展開がない限り、今後も福島市の将来を担うはずだった若年層の流出は止められないだろう。  しかしながら、つい先日も、原発事故対策そっちのけで、震災のはるか以前に決まっていたというどうでも良い、公共事業に血税を羽振り良く注ぐ姿をはずかしげも無く晒していたから、ま、、無理だろうけどね。  公園や堤防の草刈さえもストップしていて、もの凄い事になってるんだけど、、、住民自らの除染を推奨!って、、数十万円かかる費用や除去した汚染土どうしろというのだろう?


東電の賠償指針 むかついてみる気にもならんが、見てみたらやっぱりむかつきました(笑)。
http://www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/baisho/1304756.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2011

久々の映画館、、そう言えば復興支援の”風とロックフェスティバル”結局、福島市には誰も来なかったな。

出張の夜は、きまって劇場に足を運ぶことが多い。
ここ、神戸でも仕事を終えたあと、食事もそこそこに、レイトショーへ。
もうとっぷりと夜がふけているというのに、訪れたミントシネマは地元じゃ考えられない程の賑わい、、。
やっぱり、文化、芸術に対する意識が、地元福島とじゃ違いすぎるんだろうね。

そういえば、福島応援プログラムの一環として、福山雅治やサンボマスター等、多くのアーティストが集った”風とロックフェスティバル”も、郡山、会津、いわき、猪苗代と盛況に開催され福島県を横断したのに、やっぱりといっていいだろうけれども、肝心の福島市には誰一人として来なかった。 いつだってそう、、郡山や会津や、、さらには南相馬あたりにはかなりの数のアーティストが頻繁にライブを行っているのに、福島市はまったくの文化不毛地、空白地帯。 企業の誘致もすべて郡山に持って行かれ、福島市に出来るものといえば競馬場とか、競艇や競輪のサテライトなど、地元にお金を落とすどころか、市民をギャンブル付けにして市民からお金を巻き上げる施設ばかり。
如何に、当該地域の行政の長が愚かなのかが透けて見える、、もっとも、そんな輩をトップに据えることを黙認している我々住民にこそその非の根本は存在するのだろう。 更けゆく神戸の夜、、熱気溢れるシネコンでふとそんなことを思うのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2011

ダッチオーブンで作る鯛飯

ダッチオーブンで作る鯛飯
ダッチオーブンで作る鯛飯
ダッチオーブンで作る鯛飯
ダッチオーブンで作る鯛飯
ひたすらカニを食べ続けるのも、なかなかハードなので、夜は別メニュー、、夕食は、鯛飯。ダッチオーブン大活躍。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かにスープ

かにスープ
カニ多過ぎて、スープすくえず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リビングスペース

リビングスペース
リビングは、ケシュアのポップアップ、BASESECONDS、タープ等を合体。台風15号の降雨に備える。強風の場合は、耐風性抜群のBASESECONDS
単独へコンバート。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

和島オートキャンプ場Bサイト

和島オートキャンプ場Bサイト
今年も2家族、総勢14人での寺泊、魚介類食べ尽くしキャンプ。サイトは2区画確保し、寝室サイトとダイニングサイトに割り振る。我が家は、ケシュアのポップアップのテント、ロゴスのポップアップテント、そしてジイジの骨董品テントの3張りで10人以上は余裕。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風一過 やってくれたな、ロウキー

台風一過 やってくれたな、ロウキー

牛歩の如き歩みで、甚大な被害をもたらした、台風15号ロウキー。翌朝、我が家の前の河川敷の公園は完全に水没。 風は吹かなかったんだけどね。
地震、津波、原発事故と、、稀有な出来事が現実化した、2011年。
堤防決壊! なんてことも、近々有るのかも。 水着、、、新調しとこうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2011

新潟寺泊 カニ喰いキャンプ 和島オートキャンプ2011

新潟寺泊 カニ喰いキャンプ 和島オートキャンプ2011
臨戦体制。
カニはやや品薄感あり。人出も控え目。 かに食いは花火大会以来、約一ヶ月振り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2011

新潟寺泊 和島オートキャンプ

新潟寺泊 和島オートキャンプ
2泊なんで、買い出しも、メニューを考えながら。カニを12ハイ、甘エビに、鯛を一尾、、今晩はダッチオーブンで鯛めし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2011

町の救急病院も小児科も、産婦人科もどんどん消えて行ってるけど、ほんとにそれでいいんかい?

なにやらモチベーションの上がらない9月。 このところ、病院通いに忙殺される感じで、お財布もすっからかん、、改めて、医療費って馬鹿にならんことを痛感。 健康保険が効きますし、高額療養費制度もあるんで大体月8万をこえた分は戻ってくるはずですよー、、なんてどのツラ下げて言ってたんだか、、。 月1万円でも十分過ぎる程痛いですよ、、しかも、病気や怪我でまともに働けないとなれば尚の事、、ね。

確かに、日本国民の享受している医療は破格に安価で、それを提供している医療者や病院は慢性の赤字に喘ぎながらも、ある種の使命感をよりどころにかろうじて踏ん張っている。 医療点数はもっともっと高く、医療スタッフの技術料ももっと適正に評価されるべきであるが、しかし、医療を受ける側の負担もまた大きい。
癌に対する先進的な治療薬の開発が相次ぎ、究極のオーファンドラッグとして、目玉が飛び出るくらいの薬価が付けられる。たしかに、それだけの意味がある命の薬であるし、僅かな癌患者のためだけに投じた膨大な研究開発費を回収するためには1錠数万円とか1アンプル10万円とか、ま、、仕方ないと思う。 だが、一方で、どうでもいいような病態に対して、馬鹿げたほどの多くの種類の薬剤が開発され処方され続けている現実もある。 さんざん贅沢して、油物を食べて、運動もせず、タバコを吸いまくって、、挙げ句、気休め程度にしかならないような、生活習慣病薬を貰いにやってくる人々。 そして、それらどうでもいいような、つまり効果も無い代わりに副作用もそれほど問題にならないような適当な薬を大量に処方し続けなければ経営が立ち行かない状態に追い込まれている市中の医療機関。それら、恰幅の良い、メタボな小金持ち達が、本来命を左右する小児難病や癌の方々に投じるべき限りある医療費を食いつぶしている現状。 

いよいよ、緊張感を失いつつある我が腹直筋を直下に眺めながら、くれぐれも社会に余計な迷惑をかけないように、少しは節制しないとねーと反省する秋の夕暮れであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2011

材木岩崩落

材木岩崩落
意外にも震災から半年、足を向けてなかった七ヶ宿。やくせんまでの峠もかあちこち、路肩が崩れている。材木岩も崩落、、改めて、震災のエネルギーを痛感。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラックスワン バレエが題材のサイコサスペンス風スポコン物語

ナタリーポートマン主演のサイコスリラーサスペンス風スポコン物語。
長年の勤勉さと努力に裏打ちされた技術力が信条のナタリーポートマン扮するバレリーナが、古典白鳥の湖のプリマドンナに大抜擢されるところから物語は始まる。 白鳥の湖のプリマドンナは清楚な白鳥と、そして王子を誘惑する黒鳥の二役を完璧に演じ分けなければならない。 白鳥はなんなくこなせるものの、色情に訴えかける黒鳥を演じ切ることが出来ず葛藤するうちに、徐々に狂気と錯乱の淵に踏み込んでしまう。 夢と現実が交錯する中、ついに迎えた初舞台で、彼女は見事に白鳥をそして黒鳥を演じ切る事が出来るのだろうか?


バレエを舞台にしたドキュメントや映画は数多く、その過酷さは周知の事であるが、プリマドンナという重圧に押しつぶされながらも、舞台への情熱を燃やし続ける一人のバレリーナをナタリーポートマンが熱演。 個人的にはリュックベッソン監督のレオンで鉢植えを抱えながら奔走した少女から、スターウォーズのアミダラ女王というはまり役を経て、本作ブラックスワンでは、ついにここまでの難役を見事にこなすに至ったナタリーポートマンの成長ぶりに、ちょっぴり目頭が熱くなる想いである。 サイコサスペンス風ではあるけれども、実のところ純粋なスポコンものであって、ところどころヒリヒリするような怖さはあるが、それほどキツいシーンが多い訳ではない。 だがしかし、唯一、前任のプリマドンナがナイフで自傷するシーンだけは、いい年の大人である僕も正視に絶えず約30秒程目をつぶらざるを得なかった。  へたなスプラッタホラーなんかよりも、このシーンはキツい。 物語自体はラストも奇麗にまとまって、ちょっと出来過ぎじゃないかなーという感じ。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2011

トイカメラからトイデジへ、、Fish Eye2からMINIDIGIへ

カメラ女子全盛期を数年後に控えた昔。長女の誕生日にプレゼントしたのが、当時流行の兆しをみせていたトイカメラ。  魚眼レンズが標準装備で、何をどう写しても、めくるめく360度のミラクルワールドになってしまう楽しいカメラが、Fish eye2(フィッシュアイ2)。


当時8歳くらいだった長女が、このトイカメラをぶら下げて、あちこちでシャッターを切る姿は、まあ、可愛い事可愛い事。 通常の、フィルムカメラなので、お値段も6000−8000円程でリーズナブル。まあ、いいプレゼントをしたなー、と当時は思っていたのだけれども、のちにとんでもないランニングコストの高さに苦しむ事になる。 デジカメ時代の現在、写真はメディアに無制限に溜め込んで、好きなものだけをピックアップすればよいわけだが、通常のフィルムカメラはそうは行かない。 フイルム代、現像代が馬鹿にならないのだ、、数回写真を現像すると、カメラ本体の代金をあっというまに上回ってしまう。 子供達の撮ったピンぼけ、まっくろな写真も、お金をはらって現像してみるまでは、把握出来ないわけで、、、そんな、こんなで、今回5歳になる末っ子の誕生日のプレゼントはその反省を活かし、トイカメラならぬトイデジにすることに、、機種はMINIDIGIというとても可愛いトイデジカメラである。 ファインダーは光学式(というか単なる穴)で液晶モニターは無し。 フラッシュ無し、メディアのスロットなし、、本体のメモリに画像を保存し、PCへ吸い出す方式だ。 正直、そのミニマムなルックスとも相まって、ちびっ子がこのMINIDIGIを首から下げて歩く姿はめまいがする程可愛い。 これで2500円は安過ぎ!。
Minidigi


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2011

花のあと 

北川景子扮する武家の娘が、たった一度剣をまみえたことのあるだけの武士を弔うために、命を賭して戦いに赴く藤沢周平原作の時代劇。Photo

現代美女の代名詞である北川景子の和装と日本髪はかなり無理があり、その憮然とした表情からもなかなか劇中になじまない印象であったし、名うての剣士である父の英才教育で鍛えられた女性剣士という設定にそぐわぬ、ふにゃふにゃな中盤の木刀シーンなど、、、ちょっぴり不安に駆られたものの、道着に着替えて髪を降ろしたその凛とした美しさは、彼女以外のキャスティングは考えれられない程はまっている。 劇終盤のクライマックスである4対1での真剣での決闘シーンは、鳥肌がたつような緊迫感と切れのある殺陣を堪能出来る。 もちろん、北川景子ご本人の努力とスタンドインを努めた方の実力によるものだろうけれども、作品としては、最後の決闘に向かって、伏線を張りつつも一直線に流れるテンポのよさが好印象。 頑張っている北川景子を観るだけでも、一見の価値あり、、さらには、ストーリーを通じて、その時代特有の親子の距離感や、北川景子演じる糸が女性として、妻として成長して行く過程が描かれ、見応えもあり。

【送料無料】...

【送料無料】...
価格:3,591円(税込、送料別)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 07, 2011

2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦 転載

2011年7月27日 (水) 衆議院厚生労働委員会
「放射線の健康への影響」参考人説明より
児玉龍彦(参考人 東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2011

「福島県民の被爆検査するな」? 県民の命をないがしろ 佐藤雄平福島県知事の恐るべき根回し

「福島県民の被爆検査するな」? 県民の命をないがしろ 佐藤雄平福島県知事の恐るべき根回し
2011年9月6日 13:00配信 
http://www.netventure-news.com/news_6XFLO4TCG.html?rss
以下ネットベンチャーニュースより転載

年20mSvは実は地元・福島県からの要請
福島県内の子どもたちが年間に受ける放射線量の基準が、一時期20ミリシーベルト(mSv)に引き上げられたが、これに対しては、「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」などから大きな反対運動が起こり、結果、文部科学省は5月27日、実質的に基準値を1mSvに下げる決定をした。

しかし、この「20mSv」問題については驚くべき報道がある。TBSラジオの武田記者の取材によると、20mSvへの引き上げを求めたのは、他ならぬ福島県自身だという。理由はこうだ。
基準を下げると福島県が放射能汚染しているという印象が強くなり、さらに風評被害が拡大する。20mSvに上げれば、“基準以下なので安全”ということになる。

個人ブログ「すべては「気づき」」などが、このTBSラジオの放送を取り上げている。

被爆検査を福島県知事が妨害?
個人ブログ「カレイドスコープ」もこのことを取り上げ、さらに9月2日、「世界中のメディアに追い込まれる子殺し知事・佐藤雄平」という、やや過激なタイトルで、佐藤雄平福島県知事を糾弾している。

糾弾の根拠となっているのが、ドイツのTV局ZDFが福島を取材した番組「フロンタール21」(8月26日放送)だが、その番組で佐藤知事の恐るべき根回しが暴露されている。

番組によれば、原発から80km離れた本宮市(ホットスポット)の農家・大沢氏は、自身がどの程度被爆しているかを知るために、福島大学に検査を依頼したが、「市民の検査はしない」と断られたという。さらに、友人が隣県の病院に問い合わせたところ、驚くべき言葉が返って来た。
福島県知事から福島県民の診察を受け入れないように指示されている。


東電社長の謝罪を拒否した経緯もあるが…
佐藤知事は、東電・清水正孝社長(当時)が福島県に謝罪面会を求めた折り、「東電に対する福島県民の怒りは頂点に達している」と、その面会を拒否した経緯がある。一見、武勇伝的なこの行動に対しても、一部ネットではその化けの皮をはがすような投稿もある。

佐藤知事は、2010年、福島第一原発3号機のプルサーマル計画を受け入れ、交付金60億円を受け取っている。原発を推進しておきながら、
いざ問題が発生すれば(私は県民の味方、東電は帰れと)第3者をきどるのか

と、厳しい指摘をするブログもある。

原発はそもそもが“国策”であるため、個人一人を糾弾するだけでことは済まないが、それにしても、県民の命をないがしろにするような佐藤雄平知事の行動は許されないだろう。…

※記事中のドイツZDFの番組のYouTube映像は下部に掲載するが、YouTubeへの投稿者によるとアクセスが増大し、削除されやすい状況になっているという。

子どもの20mSv問題、福島県から国への依頼だった
http://sekaitabi.com/20msv.html
世界中のメディアに追い込まれる子殺し知事・佐藤雄平
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-827.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2011

プリン屋さんのプリンレシピ、、プリン好きなら、必見のプリン本

プリン好きなら、必見のプリン本
これまで専ら、骨折、捻挫ばかりの外傷専門だった20代30代を経て、いよいよ内臓、、というかもっとデリケートな部分が壊れ始めた我が身体。そんな、こんなでここしばらく通院療養中だったりするのだけれども、そんな通院の道すがら、立ち寄った書店で僕の目に飛び込んできたのが、この”プリン屋さんのプリンレシピ”というプリンの本。

【送料無料】プリン屋さんのプリンレシピ

【送料無料】プリン屋さんのプリンレシピ
価格:1,000円(税込、送料別)


その表紙のおいしそうなプリンをはじめとして、とにかく全編プリンのレシピである。
こりゃ、リビングに置いておくだけでも和みそうな素敵な本だ、、さっそく、お菓子作りが大好きな12歳の娘のためを装って、購入!! ありとあらゆるおいしそうなプリンのレシピがおいしそうなプリンの画像とともに紹介されている。
早速、娘にプレゼントすると、翌日には美味しいプリンが食卓に登場した。(あまりに巨大で美味しすぎて、家族7人でほとんど食べ尽くすまで写真とるの忘れてました、、)Photo


出来合いのプリンミックスなどは一切使わずに、カラメルソースから、プリン生地まで全て砂糖とタマゴと牛乳だけですべて娘の手作り、、これが、とてもおいしいプリンに仕上がっていて、大成功!!これから暫くは、毎週末に様々な美味しいプリンが食卓に上りそう。 お菓子作りが趣味の、我がちびっ子娘のおかげで、美味しいプリンを楽しめるんでプリン本に投資した分は十分もとがとれそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2011

いきものがかり 待望のライブ映像作品

 ラジオやテレビで流れているのを、うかつに耳にしてしまうと、思わず涙がこぼれてしまう名曲 ”エール YELL"をはじめ、これでもかと言わんばかりの優れた楽曲をハイペースで世に送り続けているバンド、いきものがかり。
今時めずらしい、声質もルックスもまっすぐなヴォーカルと、時に攻撃的、時に愛護的なサウンドを醸し出すギター、、見た目も楽曲も、毒のない絞り立てのミルクのような感触で、まさに文科省推奨!!みたいな老若男女問わず誰もが聴き込めるサウンド、、それが、いきものがかり。
メンバーそれぞれの我を捨てて、優れた楽曲に昇華している真摯な制作過程が見て取れるわけだが、そんな今の日本を代表する、ポップロックバンド いきものがかり 初となる待望のライブ映像作品、、それが”みなさん、こんにつあー!! 2010~なんでもアリーナ!!!”。

音声こそ、PCMのステレオ音源のみだけれども、まあ、純粋に音楽を聴くならやっぱりステレオ!ってことで、、さすがにブルーレイの高画質、100インチのスクリーンで上映してみると、なかなかに大迫力で、イナ妻も夜中の防音室で、いきものがかりのライブを観ながら、自然と体が動いてしまっていました。 ステージの端々、MCの端々に、真面目な彼らの性格が色濃く出ていて、とても好感を持てました。 今後も、よりよい楽曲をぜひ僕らのもとに届けていただきたい。 しかし、YELLを聴くたびに、自堕落なぬるま湯に浸ったまま40歳代を迎えてしまった、自分自身に対する、処理しきれない想いが溢れてきてやっぱり、泣いちゃいます、、、。45歳になったら、優しい日だまりに、肩寄せ合う日々を越えて、孤独な旅へと駆けてみようかなあ、、と、マジで思ってしまうのでありました。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »