« ちびっ子の放射線個人線量計(ガラスバッジ)届きました、これからはいつも一緒だよ、、で、誰の論文業績になるわけ? | Main | プリン屋さんのプリンレシピ、、プリン好きなら、必見のプリン本 »

September 03, 2011

いきものがかり 待望のライブ映像作品

 ラジオやテレビで流れているのを、うかつに耳にしてしまうと、思わず涙がこぼれてしまう名曲 ”エール YELL"をはじめ、これでもかと言わんばかりの優れた楽曲をハイペースで世に送り続けているバンド、いきものがかり。
今時めずらしい、声質もルックスもまっすぐなヴォーカルと、時に攻撃的、時に愛護的なサウンドを醸し出すギター、、見た目も楽曲も、毒のない絞り立てのミルクのような感触で、まさに文科省推奨!!みたいな老若男女問わず誰もが聴き込めるサウンド、、それが、いきものがかり。
メンバーそれぞれの我を捨てて、優れた楽曲に昇華している真摯な制作過程が見て取れるわけだが、そんな今の日本を代表する、ポップロックバンド いきものがかり 初となる待望のライブ映像作品、、それが”みなさん、こんにつあー!! 2010~なんでもアリーナ!!!”。

音声こそ、PCMのステレオ音源のみだけれども、まあ、純粋に音楽を聴くならやっぱりステレオ!ってことで、、さすがにブルーレイの高画質、100インチのスクリーンで上映してみると、なかなかに大迫力で、イナ妻も夜中の防音室で、いきものがかりのライブを観ながら、自然と体が動いてしまっていました。 ステージの端々、MCの端々に、真面目な彼らの性格が色濃く出ていて、とても好感を持てました。 今後も、よりよい楽曲をぜひ僕らのもとに届けていただきたい。 しかし、YELLを聴くたびに、自堕落なぬるま湯に浸ったまま40歳代を迎えてしまった、自分自身に対する、処理しきれない想いが溢れてきてやっぱり、泣いちゃいます、、、。45歳になったら、優しい日だまりに、肩寄せ合う日々を越えて、孤独な旅へと駆けてみようかなあ、、と、マジで思ってしまうのでありました。
 

|

« ちびっ子の放射線個人線量計(ガラスバッジ)届きました、これからはいつも一緒だよ、、で、誰の論文業績になるわけ? | Main | プリン屋さんのプリンレシピ、、プリン好きなら、必見のプリン本 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いきものがかり 待望のライブ映像作品:

« ちびっ子の放射線個人線量計(ガラスバッジ)届きました、これからはいつも一緒だよ、、で、誰の論文業績になるわけ? | Main | プリン屋さんのプリンレシピ、、プリン好きなら、必見のプリン本 »