« クシタニ撤退?ジンクス破れず | Main | 水槽のフィルター掃除が面倒ならこれ、、放置プレーOKのらくちん外部フィルターEHEIMエーハイム長期使用レビュー »

October 27, 2011

東京残酷警察

東京残酷警察、、日本が誇るクリエイター達の手作り感覚が生きるスプラッタアクションの最新形態。

かつて、ストーリーで恐怖を煽るでも無く、ただひたすらスクリーン上に血しぶきと肉片を飛び散らせるスプラッタホラーなるジャンルが確立していた訳だけれども、この東京残酷警察は、日本発の逆輸入スプラッタアクションの傑作に仕上がっている。
監督は、もともと残酷描写を専門とする特殊効果マンの西村 喜廣。 そのため、本作の特殊造形や肉片、流血の残酷描写はかなりのもの。
しかし、単なるエグくて猟奇的な殺戮な流血シーンの羅列に甘んじる事無く、絶妙なブラックユーモアで作品の持つ反社会性を笑い飛ばしながら、主演のしいなえいひの美しい肢体とたたずまいに落とし込んでいく製作手法はかつてない完成度。  本編に挟まる劇中CMの数々も、小粒ながら非常に完成度が高くそれだけでもかなり笑えてしまうという素晴らしさ。 ”痛くない、傷がかわいい!!” が売りのリストカット専用カッターのCMは不謹慎極まりないが、あり得なくもないと、うなりながら思わず笑ってしまうという出来映え、、さすがである。

|

« クシタニ撤退?ジンクス破れず | Main | 水槽のフィルター掃除が面倒ならこれ、、放置プレーOKのらくちん外部フィルターEHEIMエーハイム長期使用レビュー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/53092865

Listed below are links to weblogs that reference 東京残酷警察:

» 262「東京残酷警察」(アメリカ・日本) [CINECHANが観た映画について]
悪魔の体になっても、悪魔にはならないよ!  近未来の東京。自らの肉体に改造を施した凶悪凶暴なミュータント〝エージェント〟たちが引き起こす残虐な無差別殺人が多発していた。  一方民営化された警察組織〝東京警察株式会社〟、通称〝東京残酷警察〟は一切の法的手続きを取ることなく、拷問から殺人まで、あらゆる暴力を許された組織。彼らは武装強化を図り、エージェントの取締りを強めていく。  そんな中、殺された父親も警察官だった、正義感溢れる女刑事ルカは、エース捜査官として先頭に立って〝エンジニア狩り...... [Read More]

Tracked on November 03, 2011 at 10:49 AM

« クシタニ撤退?ジンクス破れず | Main | 水槽のフィルター掃除が面倒ならこれ、、放置プレーOKのらくちん外部フィルターEHEIMエーハイム長期使用レビュー »