« October 2011 | Main | December 2011 »

November 2011

November 29, 2011

半田屋5日目、、330円

半田屋5日目、、330円

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2011

半田屋4日目

半田屋4日目
このままでいいのかな。俺、。?420円
少し、贅沢(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2011

半田屋3日目

半田屋3日目
気のせいかな、。少し辛くなって来たかも。320円

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2011

福島原子力補償相談室に電話してみた、、すると。

避難指定区域以外でも、福島市民は活動の制限、自主避難、二重生活、事故直後の緊急脱出など相当の被害を被っている。
さらには、健康被害が明らかではないとはいえ、放射性物質が家屋、庭、周囲の環境にまき散らされ、検出可能な状態で汚染されたことは明らかである。  ペンキ屋さんが誤ってペンキを周辺住宅にまき散らしてしまったとしたら、どうだろうか? 当然、汚染した各戸に対して謝罪をし、相当の補償もしくは除染をするはずだ、、”ただのペンキですから健康被害はありませんので補償の対象にはなりません! ペンキが多少ついていても癌にはなりませんから御心配なく、あまり心配する方が健康に悪いですよ、気にしない気にしない”
なーんてことは、絶対に言わないしそんな理論がまかり通るはずもない。 

なのに、東電だけは特別のようで、福島市を汚染しておきながら、しかもガイガーカウンターで明瞭に定量的にその汚染度が測定出来て、事故との因果関係も明確であるのに、”うちの原発、、爆発しちゃいまして貴方のところに放射性物質、、結構たくさんくっついちゃいましたけどすぐには癌にならないからいいでしょ、、ほら、法令的にも基準値以下だし、、直ちに健康被害は無いんですから、補償の対象にはなりませんよ” 的なあり得ない態度。 健康被害があろうがなかろうが、汚したものは奇麗にして謝る!それが当然じゃないのか!?

だんだん、むかっ腹が立ってきて、どうなってるんだと福島原子力補償相談室に電話してみた。 ”たいへんご迷惑を御かけしております、こちら福島原子力補償相談室 担当**です” と若い女性の声、、しまった、コールセンター戦略だ、、こうなると、別に担当の**さんが悪い訳でも何でもないし、彼女にこちらの要望をどうこうする権限もないことは明らかであるから、相談者はその矛を収めるしか無い。 結局、彼女の話はこうだ、、、避難区域以外の自主避難は対象外、家屋の損害は避難区域内ですら対象外、、なんだってさ。 わかってたさそんなこと、、でも、そんなことが許されていいはずは無い、、この怒り、担当の**さんに向ける訳にはいかない。 

もっとも、自主避難その他の取り扱いについても議論中だというところだろうけれども、そうこうしているうちに僕ら福島市民は、請求に必要な領収書や記憶、物的証拠などを次々と失い、いざ補償しますよ!なんて言われても、もうなにもかもうやまうやになってしまうのだろうね、、ま、未曾有の人災だからまず財源ありき、、その限られたパイをどう配分するかの問題になるわけで、そうなるとま、目に見えない放射能問題を抱える福島市民なんて泣き寝入りする以外にないことも明らか。だって、すぐには健康被害が無い訳だからね、、仮に数十年後次々と今の子供達が健康被害に苛まれたとしても、数十年も昔の福島原発事故との因果関係を立証する事等もはや困難であるしすでに過去の問題となってしまっているから補償など得られるはずも無い、、世の中、不条理だからこそ、なんとか回っていくといういい典型だ、、、農業観光立県だから放射能問題をタブー視して議論を避けたい気持ちは解るけれども、いましっかり被害者としてアピールしないと、あとでは取り返しがつかないのに、がんばっぺ福島!なんて気楽にいい子ぶっているんじゃどうしようもないだろう。 社会が支援してくれようにも当事者がこの調子じゃねえ、、。 自分も含めてこれで少しは大人になるかな?福島市民。 
http://prepper.blog.fc2.com/
http://blog.zaq.ne.jp/achikochitei/article/3626

| | Comments (0) | TrackBack (0)

原発事故当時に新築工事してた人はどうしてる?、、福島原子力補償相談室に電話してみた

福島原発爆発時にまさに新築中だった我が家。 丁度壁のボードを貼って、断熱材を入れて防水シートを貼って、一部は外壁下塗りのモルタルを塗っていたのだ。 原発事故後放射性物質が降り注ぐ中仕上げの漆喰塗りをしてたっけ、、。土手下の立地も相まって、庭先で1.5-2ySV/Hr、さらには屋内でも高いところでは0.9uSV/Hrと比較的高い放射線量。 これ、明らかに家の構造材や壁の中にセシウムが入り込んでる訳だから、除染のしようもない。  屋根の瓦だって洋瓦だから、いわゆる多孔質の吸着剤のような構造であり、除染するには瓦をふきかえる以外に手は無い。

原発事故当時に新築、建築中だった家は沢山あったはずだが、皆さんどうしているのだろうか?
さらには、原発爆発直後、再臨界して中性子が飛んでくるなんて話もあった当時、福島市民の誰しもがもう、命は無いかもしれないというギリギリの精神状態の中にあった訳だけれども、多くが関東方面もしくは山形経由で県外に命カラガラ脱出した人も多かった。 我が家も、せめて幼い子供達だけは助けたいと、仕事のある妻と僕は福島に留まり、お金と暇のあるおばさんに子供を託して脱出させたのだ。 近くに頼るものも無く、米沢のビジネスホテルで一晩過ごしたあと、パニックで空席の無い航空機を奇跡的に確保して名古屋経由で親戚のいる九州へ送ったのだ。 ほどなく、事態の収拾をみて子供達はいったん福島に戻したのだけれども、僕の周辺でも小さな子供を持つ世帯は妻子がいまだ避難を続けている場合が多い。

はっきりいって、経済的に厳しい、、、これ、補償はどうなっているのだろうか?自主避難者に関してはまだはっきりした指針は出ていない訳だけれども、あまりにも対応が遅すぎる。 直接、想いのたけをぶちかまそうと、原発事故の相談窓口である福島原子力補償相談室(0120-926-404)に電話してみた。 すると、電話口に出たのは、、。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2011

岳(ガク)  小栗旬と長澤まさみダブル主演の山岳映画

岳(ガク) 石塚真一原作コミックスの待望の、、というよりまさかの実写映画化作品。
小栗旬と長澤まさみダブル主演の山岳映画である。 原作のコミックスは、玄人好みの大人の物語だけれども、そこはやはり、一般大衆に訴求し興行成績を確保しなければならない手前、大自然の美しさと厳しさを賛美するだけに留まるわけにはいかない訳で、、。 作品自体は、版権をもらって作った全く別ものになっているけれども、いい意味で原作に縛られず無難なエンターテインメントに仕上がっている。 かといって、山岳救助ものだからというわけで、海猿のようなアドベンチャーがある訳でもなく、その適度な過不足無さが絶妙なところ。

【送料無料】岳(1)

【送料無料】岳(1)
価格:550円(税込、送料別)


一流の山岳救助隊員だった父を持つ新人山岳救助隊員役で登場するのが長澤まさみな訳だけれども、今回の役では数々の試練に見舞われて、自らも滑落し右足は捻挫、左目はお化けのように腫れ上がり眼帯姿を晒す等、結構大変な役回りだったようだけれども、終盤自らも二重遭難し入院、、ベッドに横たわる姿を見るにつけ、どうしても長澤まさみを世に送り出した秀作、、”世界の中心で愛をさけぶ”での難病に苛まれた少女役当時の姿を思い出してしまった。 そうしてみると、、うーん、いい意味でも、別な意味でも、大人になったなー、、と妙に感慨深い。 やはり、役者さんてのは、その瞬間にしか出来ない役がある訳で、一作一作ほんとに役との巡り会いって大切なんだなーと再認識した次第。 山はいいよーと訴えながらも、ストーリー構成上、つぎつぎと皆さん遭難していく訳で、いい意味で登山の安全啓蒙にも一役買うのかも知れません。  ま、その意味では アイガー北壁とかを見ちゃうとそうそう気楽には行けなくなるもんね。
岳-ガク- DVD通常版(DVD) ◆20%OFF!

岳-ガク- DVD通常版(DVD) ◆20%OFF!
価格:3,192円(税込、送料別)

【28%OFF】【東映まつり】[DVD] アイガー北壁

【28%OFF】【東映まつり】[DVD] アイガー北壁
価格:3,553円(税込、送料別)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2011

プリンセストヨトミ 気楽に堪能出来る芯の通った現代のお伽話

大阪夏の陣、、徳川家が大阪城を焼き尽くし、豊臣家は断絶。その史実の裏側で豊臣家の末裔、、プリンセストヨトミが現存するという都市伝説を背景に、切れ者会計監察官が大阪に流れる使途不明の巨額の予算をめぐって、大阪に隠された驚愕の秘密に切り込んでいく。絡み合う伏線の果てにたどり着いた大阪城の深部には現代に失われた親子の絆を深く刻む秘密が隠されていた。 

日頃、人生の終末期における、疎遠な親子の悲喜こもごものドラマを間近にみているものとしては、現代ではこういう事がまさに必要とされているのだろうと実感することしきり、、。

プリンセストヨトミ 万城目学のベストセラー小説を、堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、中井貴一といった演技派を配して映像化。 綾瀬はるかと堤真一の巧みなコミカルさで、重厚な物語を事も無げに非常に軽快に咀嚼しながら大阪という世界観に投影していく。 史実に基づく設定の巧みさと、現存する大阪城を印象的に扱うことで、ストーリーに説得力を持たせつつ、単なる歴史ファンタジーとは全く一線を画した、非常にメッセージ性の強い作品になっている。 老齢の父親を持ち、なおかつ自らも年頃の子供を持つ、息子であり同時に父親でもあるはずの40−50代の男性にとっては特別な意味をもつ作品になるに違いない。 本作品に隠された史実上の秘密も、画面から溢れ出すメッセージも非常にシンプルなだけに深く心に響く。 アクションもスペクタルも、残虐なシーンも、いたずらに子供や動物を使って感情に訴える事もせずに、真面目に作ってあるのが好感が持てる。 こういうまったく疲れずに楽しめて、なおかつ心に残るメッセージを受け取れる映画は、今となってはとても貴重だと思う。
現代のファンタジーとして、こういうことがあってもいいんじゃないか、、そう思わせる優れた作品。

ちなみに、綾瀬はるかは、その巨乳ぶりが本作でも否応なく目についてしまうのがかえって気の毒だが、中井貴一も含めて、ほんとに上手な演技者を上手につかうと、荒唐無稽なファンタジーもここまで説得力のあるものになるといういい典型だろう。

【送料無料】プリンセス・トヨトミ

【送料無料】プリンセス・トヨトミ
価格:750円(税込、送料別)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

めしの半田屋の高菜チャーハンがヤバい件

半田屋の高菜チャーハンがヤバい件
半田屋の高菜チャーハンがヤバい件
なんちゃって独身状態も三ヶ月目。自炊機能未装備の僕はいよいよ、外食とコンビニのメニューの限られたローテーションに限界を感じ始めて居た。
なにぶん野菜が足りない、、。 たまの贅沢としての外食ならいざ知らず、毎日の事となれば、予算は300円程度が精々。 食中毒による信頼失墜から脱却を目論み怒濤の価格攻勢を始めたガストは置いておくとしても、値段では吉野屋を大きく引き離して、松屋、すきや、丸亀製麺などがしのぎを削っている。 そんな中にあって、老舗である めしの半田屋はメニューの細かさと多彩さが災いして、あれこれ取ってしまうと結構値段が嵩んでしまうという構造的な問題があるため、普段からその存在意義は何処にあるのだろうか? と要らぬ心配をしていたものだ。

しかしながら、毎日の食事として外食を見つめ直してみると、もれなく野菜サラダのついてくる松屋の優位性が光ってくる。 ただ、松屋の野菜はあくまでサラダとしての生野菜なので、生命維持のためにはあまりに希薄である。 そこにきて、野菜炒めからニラ玉などなど、野菜関連のメニューだけでも圧倒的な品揃えを誇る半田屋のありがたみに初めて気付くのであった。 高菜チャーハンと回鍋肉でしめて320円、、うむ、安い。 頼りにしてるよ、、めしの半田屋さん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2011

西山元審議官 左遷で福島市へ赴任??断固拒否の福島市民

環境省は18日、東京電力福島第一原子力発電所事故の発生後、経産省原子力安全・保安院の広報担当を務め、その後、女性問題で停職1か月の処分を受けたあの西山英彦氏を除染担当として福島市に赴任させると発表。

これは、本人に対する懲罰人事である以上に福島市民に対する報復人事としか思えない。なんて悪意に満ちたことをするのだろうか、、。
あの深刻な事態に国民への重要かつ適正な情報伝達を担う立場にいながら、前代未聞の不祥事を起こした彼を左遷するには、ここ福島がうってつけというわけなのだろう。 環境省から見ればまさに、被曝地福島は単なる流刑の地であるという認識に他ならないのではないか。 これ、僕ら福島市民をあまりにも馬鹿にしてないだろうか? 福島市民はこんな扱いを受けて怒りもしないのだろうか? 

まともな仕事も出来ず、厄介払いされた彼を、中央には置いておけない、、誰も行きたがらない被爆地福島にでもやっちゃえやっちゃえ!ってことだろう?  除染担当のリーダーとして赴任するって言ったって、これまでの仕事ぶりから、まともな業務が出来るのか甚だ不安だし、広報担当当時のあの、心の無さ、まるで他人事と言わんばかりの非人間的な言動を皆忘れては居まい。 福島市にとって、非常に重要な除染業務に、そのような問題のある人材を投入してくるその姿勢に福島市民は怒りを覚えているはずだ。 もっと、人間的で情のある常識的な方に除染を取り仕切ってもらいたい、、それとも、これまでのイメージを覆す程の真心溢れた一騎当千の働きを彼がしてくれるのだろうか??
期待を遥かに上回る不安を抱きながら今日も福島の夜が更けていく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2011

朝食ですが何か?

朝食ですが何か?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プレステ3買ってみた、ネットに繋いでみた、、すると、、。

我が家に張り巡らされた家庭内有線LAN。
そもそもは、WiFi (無線LAN)の電磁波が室内を飛び交うのが気持ち悪いのと、どうしたって屋外遠くまで到達してしまう電波による情報漏洩が嫌で、あらかじめ各室にLANケーブルを敷いていたのだけれども、結局iPhoneを使い出してからは、Softbankからただで支給されたWiFiルーターを利用して、全てのパソコンがつながっているのが現状。

となれば、せっかくのLANコンセント、、なにかを繋いでみたくなるのが人情というもの、、。とりあえずホームシアターシステムの中核であるAVアンプ、、Integra 40.2を繋いでみた。 半端ないサンプリング精度を誇るインターネットラジオが聴けるらしいが、まあ、サーバーとなるパソコンを置いていないのでうまく働かない。 残念ながら、LANケーブルを突き刺せそうな家電が我が家には他にないのであった。

せっかく、電気工事のおじさんが汗水たらして壁内に埋設してくれたLANケーブル、、やっぱりそれじゃ勿体ない。 そうだ、なんかネットにつながる機器をかってみよう、そうだ、、ブルーレイディスクプレーヤーとしても利用価値の高い、プレイステーション3を繋いでみる事に。 というか、まず繋ぐ前に、PS3持ってないし、、買わなきゃだし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2011

パイレーツオブカリビアン 生命の泉

ちびっ子のリクエストで、”パイレーツオブカリビアン 生命の泉”をレンタル。
ま、、ジョニーディップのはまり役の一つなんだけれど、いい加減展開もマンネリ化してきていて、さらには笑いのパワーも過去3作程ではなくなってきているのが、まあ、仕方がないといえば仕方がないところ。

ひまなら、見てもいいんじゃない的な出来映えでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2011

草を刈る人、、国土交通省河川管理課管轄と福島市管轄の狭間で

土手下にある我が家、、当然土手の向かいには大きな河川があって、土手のてっぺんは気持ちのいいサイクリングロードになっている。 原発事故以降、この土手およびサイクリングロードがおかしな事になってきているのだ。
河川敷は奇麗な運動公園になっていて、土手を上るとサイクリングロード、そんでもって幅1メートル程のサイクリングロードを越えると土手を下って我が家という断面図になっている。

例年、この土手にはありとあらゆる外来種が薮を作り、雑草がうっそうと生い茂ってしまうため、年に数回は何処からともなく、おじさんがやってきて草刈りおよび雑草の搬出を行ってくれていたのだ。 そして、今年、、、福島原発が爆発し、この近隣が地上1mで大体2−3uSV/hrの高い線量を呈するようになってからというもの、公園の草も、土手の草も伸び放題に捨て置かれてしまうようになったのだ。 ジャングルのように葛が生い茂り、絶望的な程多数の雑草が土手から地続きの我が家の庭に生い茂るに至って、このままじゃ、我が家が発見前にアンコールワットと化してしまうという危惧に突き動かされ、自力での除草に臨むも、いくら庭の草を引いたところで、そびえる土手が圧倒的多量の雑草リザーバーとして機能するため、けっきょく土手の雑草をなんとかしないかぎり問題解決には至らず、ひいては我が家の庭の除染もままならない状況なのである。

土手に生い茂る、雑草を眺めてため息を付いていたある日、土手の向こう側の河川敷の公園と、土手の河川側の斜面をわらわらと現れたおじさん達が、賢明に除草に励んでいる。 おかげで、土手の河川敷側はつるつる奇麗になったのだ、、、”おじさん、土手のこっち側も除草してくれるんですか?”と尋ねてみると、、”いやー、土手のこっちは、除草するんだけれどもね、そっち側は管轄外なんだよねー、国土交通省にきいてみてくんないかい?”とのこと。 なに?サイクリングロードの土手の右と左で管轄が違うのかい??? お役所仕事にも程があるんじゃないかい?? 早速、国土交通省河川管理課に電話で問い合わせ。 担当者が泣く泣く語った真相はこうだ。

サイクリングロードの河川敷側は国土交通省が公園として福島市に貸与しているため、その管理や除草は福島市の管轄。土手の住宅側は国土交通省の管轄となっているのだ。 サイクリングロードの路肩の右と左で管轄部署が異なるという馬鹿げた実態。 今回、福島市は自らの管轄である土手の河川敷側を除草したことになる。 

じゃあ、国土交通省さん、土手の住宅側を除草してくださいよ、、放射線量は高いし、雑草がどんどん家に入ってきて大変なことになっているんですから、、 ところがどっこい、国土交通省としては、草を刈る事は可能だが、刈った草は高濃度の放射性物質を含んだ産業廃棄物扱いになるため、処理場が引き受けてくれず、刈った草を移動も処分も出来ないというのだ。 ”すいません、刈りっぱなしでいいのであれば、草刈りに伺いますが、町内会で意見を統一していただかないと、置き場所の問題もありますので、、”とのご返事。 なら、福島市は刈った草を奇麗に片付けたのに、なんで国土交通省は出来ないのか?どう考えてもおかしいのではないか? と追求すると、福島市が刈った草は面積的にも少量なので、処分可能だが、国土交通省として土手の総延長すべての草を刈ると大量の草が出てしまい処理できないのだそうだ、、公平性を欠くので、この地域だけ刈るというのもしづらいらしい。  じゃ、個人宅で草刈りした草はどうするのさ?と問うと、量が少ないので一般ゴミに出して構わないんだとさ。

なんとまあ、おかしなもんだ、、自転車にのってサイクリングロードを走ってみよう、、右手の路肩は草ぼうぼう、ジャングル状態、、、、左手は奇麗に除草されていてご丁寧に芝生まで敷いてあるぜ、、これが、この国の実態に他ならない。 ばかじゃないの??  ”あ、そう、、じゃいいです、自分で刈りますから”。
ばかばかしくなって、のんたん氏に23CC2ストロークエンジンを搭載する高機能草刈機を借りて、自分で刈りました。 土手の草刈ひとつ出来ない今の国土交通省をはじめとする行政に除染なんか到底無理無理だろう、、、誰かの常識的な対応を期待して待っていたって、なにも起こらないのが今の福島、、ちゃっちゃと自分で動くしかないのだ。 だがしかし、この草刈費用、マスク、ゴーグル、草刈機のガソリン代、替え刃代も含めて、東電が賠償してくれるとも思えんが、、とにかく、原発事故後の福島に住まうにはいちいち金と手間がかかって仕方が無い。
撤退が賢明なんだろうけれどもね、、。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | December 2011 »