« TOKYOBIKE 東京バイク26にぴったりなライト見っけました。 | Main | ミレニアム ドラゴンタトゥーの女 »

June 18, 2012

八日目の蝉

先日、レンタル店で12歳の長女が観たいとつぶやいていた”八日目の蝉”。 
その時は、結局借りずにいたのだけれども、程なくイナ妻が偶然にも借りてきた”八日目の蝉”。
角田光代の原作はもちろん読んだ事はないのだけれども、映画の予告編等は何度か観ていて、
私が愛していた母は、私を誘拐した犯人でした、、という物語の骨格となるフレーズは知ってました。
基本的には、社会派サスペンス的なものなのかなーと、あまり食指が動かなかった訳ですが、程なく
自宅シアタールームでの上映開始。 ところが、一番先に観たいと言っていたはずの長女が意識不明となり、ほどなく中盤でイナ妻も昇天。 結局、べつに観る気もなかった父親である僕だけが、おいおいと泣かされて終了!

誘拐犯であり、仮の母となった永作博美と子ども役の演技に見事にやられました。また、幼なじみ役として登場する小池栄子も、かつてのグラビアアイドル的な肉体派演技から見事に脱却。 両者とも、素晴らしい役者さんになったもんだと、感慨しきり、、。 物語は、誘拐とか愛人関係とか、そんなことはどうでも良くて、まっすぐにストレートな母と子の物語、、そして母性の目覚めの物語でした。 映画では、まったくもって男性不在で、オトコの存在が完全に排除されているのも、メッセージ性にブレがなくて好感が持てます。 女性であること、新しい命を宿し母親になること、その純粋な尊さを、小豆島の美しい風景を背景にまっすぐに描いた本作、、とても好きな作品になりました。 男性でこれなんだから、女性がみたらまたいろいろな想いが沸き上がるんでしょうね。

【23%OFF!】八日目の蝉 特別版(DVD)

【23%OFF!】八日目の蝉 特別版(DVD)
価格:3,799円(税込、送料別)


【送料無料】八日目の蝉

【送料無料】八日目の蝉
価格:620円(税込、送料別)

|

« TOKYOBIKE 東京バイク26にぴったりなライト見っけました。 | Main | ミレニアム ドラゴンタトゥーの女 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54670/54991774

Listed below are links to weblogs that reference 八日目の蝉:

« TOKYOBIKE 東京バイク26にぴったりなライト見っけました。 | Main | ミレニアム ドラゴンタトゥーの女 »