« November 2012 | Main | January 2013 »

December 2012

December 28, 2012

福島の子供達に校庭の解放を!原発事故から2年、外遊びできず肥満傾向が明らかに!いまだに外遊び出来ない子供達

全国の子供達がスリムになる中、福島の子供達だけ肥満傾向であることが明らかになった。 
原発事故で広範囲に放射性物質による汚染を受けた環境で、普通に自転車にのったり、鬼ごっこをしたり、外遊びをしたり出来なくなった事による運動不足が唯一無二の原因である事は明らか。

事故後、県内には志しある団体が、屋外に出る事の出来ない福島の子供達のために、30を越える屋内施設を開設。 しかしながら、どの施設も幼児向けの小規模であり、ちょっとしたままごとが出来る程度、、時間が入れ替え制だったり、保護者ひとりに子供3人までなどの制限も多く、さらには、遊びたい時にちょっと遊ぶというわけにも行かず、仕事の都合をつけて、尽きっきりで送迎が必要等、実際のところ大きな効果を得るには至らない。

のびのびと、ボールを追いかけたり、鬼ごっこをしたり、普通に遊ぶにはアクセスフリーな屋外の除染済みの広大な土地が必要である。 じつは、福島市内の小学校、中学等の校庭はすでに除染済み。 福島県内で一番放射線量が低く、安全な環境は学校の校庭である。 ところが、全ての学校の校庭は一般には、解放されてはいない(10名以上で責任者が明確な事前登録済みの団体は利用申請可だが、これじゃ使い様が無い)。  

福島県の教育委員会は、福島の子供の肥満は外遊びが足りないせい、、と分析しているようだが、そう思うならば有効な対策を講じる努力をして欲しい。広大で安全な校庭という屋外敷地が福島には溢れているのに、そこは使わせてもらえず、子供達は狭い屋内施設で短時間過ごすか、親の休暇を待って県外の公園に向かっているのが現状である。 もし、学校の校庭を放課後や休日に子供達に解放してくれたらどんなに、有り難い事か。  新規にこじんまりとした屋内施設を造り、監視員を配置するよりも、既存の校庭を子供達に開放して、子供達が自由にあそべるようにした方がコストも最小限で最大の効果が期待できる施策だと思う。  もちろん昨今の学校内の防犯意識の高まり、事故の際の責任問題等から、このような不条理な状況が続いているものと思われる。 校庭の解放、、昔は当然のことだったんだけれど、いまじゃ難しい事なんだろうね、、きっと。 

震災直後、電気も水道も止まり、スーパーはおろかコンビニにすら食材もなく、県内他市町村の学校が休校となり、皆が給水所に並び、我先にと避難している最中、普通なら休校を通知すべきなのに弁当持参でのいつもどおりの始業式登校(給食がとまっているので弁当を持参して下さい、、だって、、)を各家庭に指示したような、目が点になるような”事なかれ主義”をつらぬく福島の教育界上層部の一部の方々の意向が原発事故直後から、激変した教育環境に対する変化に対応することを拒み二の足を踏み続けて、子供達と親を翻弄し続けているのが現状。 多くの現場の教師や、周辺の方々は子供達の現状を憂いて自らの生活を顧みず最大限の努力を払ってくれているけれども、公務員という職務上、実態から離れた上からの通達に従わざるを得ない訳で、、。 

除染された校庭の空間線量は0.2uSV/hr、、でも通学路の線量は0.8-2.0uSV/hr、、子供達があるく路肩や遊ぶ広場は2.0-3.0uSV/hrと高線量である福島市。だけれども、新聞等に公表される対外的な線量は周囲を除染されたモニタリングポストの異常に低い数値だけ、、。ほんとに、実態にはほど遠い、、。 近所の高線量の公園で泥団子をつくって遊ぶ近所の子供達、、今の福島じゃ放射線についての会話はタブーになってきているから、”気をつけて、、”と注意する事も難しい。  24時間住み続ける住民にとってみれば、正しく怖がり正しく注意して生活するなんてことはもはや困難で、放射性物質は存在しないことにして、なにもなかったかのように普通通りに暮す以外に、親も子も自分を精神的に守る事が出来ないのが現実なのだと痛い程わかります。 今日も、晴れ渡る空の下、、4人の子供達を抱えて、誰もいない校庭をよそ目に、彼らをどこで遊ばせようかと、思い悩む福島市民でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2012

王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
バイオハザードが大好きな小学校二年生の次男のリクエストで王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船を鑑賞。 バイオハザードの主人公アリス役で慣れ親しんでいる、ミラ・ジョヴォヴィッチが出ているらしい、、。 以前、劇場で予告編を観た時は、しょうもない安物の3Dアクション映画にしか思えなかったのだけれども、まあ、観てみるとかなり肩の凝らないアクションアドベンチャーになっている。 ちびっ子には最適!

ミラ・ジョヴォヴィッチは重厚な貴族衣装を纏いつつも、バイオハザードシリーズを彷彿とさせるアクションを繰り広げ、その相手役にはオーランドブルームと、バイオハザードとパイレーツオブカリビアンを足して3で割ったような感じの作品に仕上がっている。 とは言え、残酷描写は皆無で、夢のある飛行船での戦いや、決闘シーン等子供向けにはきちんとツボを抑えているので飽きずに観れる。 大の大人が観る必要は全くないけれども、子供連れで楽しむなら悪く無い出来だと思います。 ヒットすれば続編も出来るエンディング。 ちなみに、下敷きになっている三銃士自体はあまり、ストーリー的には意味をもっておらず、単に下敷きがあった方が、脚本を作りやすいという程度のようでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2012

007 スカイフォール あれあれ、、?原点回帰??

 話題の007 最新作 スカイフォールを家族で観て来ました。
5歳から12歳までの我が子4人はダニエル・クレイグ版のジェームスボンドが大好き。初登板の”カジノロワイヤル” 続く”慰めの報酬”でのダニエル扮する新生ジェームスボンドの品のあるノンストップアクションに魅了されたからです。 今作”スカイフォール”はダニエル主演となってからの期待の第3作目、、007シリーズとしては実に23作目の50周年記念作品とのことで、製作陣の熱の入り方も尋常ではないはずです。
 ダニエル版のジェームスボンドの魅力と言えば、肉体的にも年齢的にも若返りを果たしたボンドのストイックな驚異のアクションシーケンスにある訳ですが、前二作でもう極めるところまで極めてしまった感もあり、あれ以上どのような魅せ方をするのだろうと、期待も膨らんでいた訳ですが、、スカイフォールの冒頭の掴みのシーン、、のっけから壮大なアクションシーケンスが始まる訳ですが、どうしたことか、、これまでのヒリヒリするような極限のアクションを見慣れた観衆にとっては、なんだか”ぬるい” いや、、良く言えば、安心して見ていられるアクションが展開されて行きます。 もちろん、バザールの屋根をバイクでチェイスしたり、91mの鉄橋からCG無しで川に転落したりと、内容は申し分無いアクションシーケンスなのですが、魅せ方の違いというか、演出の違いというか、とても牧歌的な感じになっていて、一同”あれあれあれ??今回のボンド、、どうしちゃったの?”となんとも微妙な印象を持ってしまったのでした。
 その後、物語はボンドの上司であるMとボンド自身の内面的なドラマを中心に展開、、ラストのバトルの舞台は荒涼としたスコットランドの草原の古びた一軒家に立て籠って、、と、、なんともまあ、びっくりの展開。 画面のはしはしからは、イギリス的なエキスがびんびん伝わり、往年のアストンマーチンやこれまでグレイグ版では出てこなかった武器開発係のQが出演するなど、なるほど往年のボンドファンの皆様に安心してみてもらえるように、ちょっと歩を緩めたというのが真相だったようです。 
 そのため、監督もアクションよりも人間ドラマを得意とするサム・メンデスを起用。 
とは言え、なんだかその人間ドラマも、さほど重層的とは言えなかったような、、とは言え、突っ走ってきた新生007が過去2作にして既に臨界点を越えてしまっていた事は事実ですから、ここで一旦原点回帰というのは決して間違いではなかったのかもしれません。Skyfallwp11024


| | Comments (0) | TrackBack (4)

« November 2012 | Main | January 2013 »