« ディスプレイラックの決定版!!子供の本や教科書、、簡単奇麗に魅せる収納 | Main | 作家 加納朋子さんが記した一線を画す急性骨髄性白血病の闘病記 »

April 18, 2015

インターステラー お子様には敷居の高い物理学系SF大作

 小学校3年生になる末っ子が、宇宙兄弟を入り口に宇宙ものが好きになり、ゼログラビティやらなんやらを結構観始めた昨今。 面白そうなのは無いかなーと、レンタルしてきたのがこの ”インターステラー”
しかし残念ながら、末っ子が観る前に返却期日が来てしまい、ひとり父親が観る羽目に。
 タイトルのインターステラーってなんなのか、よく解らないけど、観てりゃ解るかもと、ホームシアターで上映開始。
牧歌的なアメリカの広大な農場を舞台に物語は始まる、、、先日、ちびっこが喜んで観てたアストロノーツ ファーマーとちょっとダブる。


同じように、農業を営むおじさんが宇宙を目指す物語なのかな??と思わせといて、実際その通りなんだけれども、このインターステラー、、実は、この農場のおじさんは、実際にプロの宇宙飛行士の経歴を持っていたのだ。
エリートであるはずの宇宙飛行士がなぜ、畑でトウモロコシを育てているのか???一瞬あたまが混乱するのだけれども、そこで舞台背景が徐々に明らかになる。 高度成長期を過ぎた地球、、、右肩上がりの人口増加、技術開発競争は過去のものとなり、社会全体が老いて終焉を迎えようとしている地球が舞台なのだ。無尽蔵な資源の浪費を招いた技術開発や経済競争は忌み嫌われ、NASA は解体、、エンジニアは失業し、食料の確保が最優先となっていた。 しかし、疫病の蔓延により植物、作物は枯渇、、食料不足とCO2貯留のため人類は滅亡に瀕していた。
 秘密裏に、再結成されていたNASAでは、人類の宇宙への植民計画が立ち上がるが、銀河系に居住可能な惑星は無い、、別な銀河を目指して、農業から飛行士へ復帰した主人公は、反対する娘を残し再び宇宙へと旅立つのだが、、。
 とにかく、本格的な宇宙ものであり、格調高い緻密な映像と音響には痺れてしまう。 序盤こそ、ナイトシャラマン的なサスペンス風味もあるけれども、その後は質実剛健なSF。ワームホールを利用したワープ等、好きな人にはたまらないギミックが満載である。 宇宙に旅立った超高速飛行をしている人物にとっての1時間が、地上に残った人物にとっては7年に匹敵するなど、ウラシマ効果による時間軸のズレも効果的に描かれていて、”ほしのこえ”や”トップをねらえ!”等の日本のアニメーション作品で御馴染みの泣きポイントもあり。 あらためて、日本の子供向けアニメって凄いなーと感動してみたり。
【送料無料】 ほしのこえ 【DVD】

【送料無料】 ほしのこえ 【DVD】
価格:2,223円(税込、送料込)

別な宇宙に旅立った父と、地上に残った幼き娘の、時空を超えた生存への闘いが、美しい宇宙叙事詩となって描かれる。 鬼才クリストファーノーランの繰り出す、新機軸の宇宙もの、、。 子供には、ちょっと敷居が高いけど、なかなか楽しめました。 ちなみに、インターステラー(Interstellar) ってのは ”惑星間 ”って意味なんだね、初めて知りました。

|

« ディスプレイラックの決定版!!子供の本や教科書、、簡単奇麗に魅せる収納 | Main | 作家 加納朋子さんが記した一線を画す急性骨髄性白血病の闘病記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インターステラー お子様には敷居の高い物理学系SF大作:

« ディスプレイラックの決定版!!子供の本や教科書、、簡単奇麗に魅せる収納 | Main | 作家 加納朋子さんが記した一線を画す急性骨髄性白血病の闘病記 »