« September 2016 | Main | December 2016 »

November 2016

November 23, 2016

カヤックフィッシング、、生きて帰るために、パドルの流出を防ぐパドルリーシュの装着を!!

はじめは恐る恐る湾内で始めたカヤックフィッシングも、バイキングカヤック忍の高い航行性能や慣れもあり、徐々に沖に出ることも多くなってきます。 エレキなどの動力を持たない、カヤックはパドルが命。 これを失えば、生命に直結します。 そこで、パドルとカヤック本体、、あるいはライフジャケットを繋ぎ、万一パドルから手が離れても、パドルを失わずに済むようにする装備がパドルリーシュです。
パドルリーシュには、単なる紐になってるものや、伸縮性のあるカールコードになっているものなどいろいろあります。
値段も中国製の数百円のものから、海外製の6000円以上もする高価なものまで、、、。
必ずしも、値段と品質や使い勝手が比例しているとも言えませんが、安全装備なので、妥協は禁物。
これまで、数種類のパドルリーシュを購入し使用してきました。また、ボディボード用の足に付けるリーシュを流用してみたりもしましたが、一番のポイントはリーシュ本体の強度と、伸縮性、いかに絡まないで漕げるか、、というところになりますが、それ以前の問題として、パドルにどのように結びつけるかが製品によって様々なので注意が必要です。
ゴムリングに通すものは、ワンピースの分割できないパトルには使えませんから、ベルクロやベルト方式でつなげる製品が必要です。 また、カヤック本体やPFDに結ぶ方のカラビナやバックルも各社の製品によって大きさが様々で、僕が購入したものでも、いくつかうまくカヤック本体のアイレットやDリングなどに固定しにくいものがありました。 

1、カラビナ部分が大きく、カヤック本体のアイレットに確実に固定出来るものであること
2、カールコードになっていて伸縮性と堅牢性があること
3、パドルが分割式でもワンピースでもちゃんと結べる構造になっていること
4、よれ防止の機構が備わっていて、パドリング中に絡まることがないこと

上記の条件を満たすScotty セーフティー・リーシュを今はメインで使用しています。
Scotty セーフティー リーシュ

こちらは、ベルクロ固定で使いやすいのですが、カヤック本体につなぐ側のカラビナが小さすぎて、うまく繋ぎにくいのが残念。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コイルドパドルリーシュOF2511
価格:2268円(税込、送料別) (2016/11/23時点)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2016

さようなら  原発事故後の福島のパラレルワールドでアンドロイドはどんな夢を見たのか? 深田晃司監督作品

ここ数年、、いろいろくたびれているのか、大好きなお風呂にかける時間も、観る映画の種類も随分昔とは変わってしまいました。特に、映画に関しては、昔は観る前から展開も結末も読めてしまう娯楽大作には関心がなく、作り手の信念が貫かれたような、いわゆるB級作品や終末モノが大好きでした。 そのせいもあって、デビッドボウイがテーマソングを担当し、核爆弾投下の報を受けたイギリス老夫婦の終末を描く”風が吹くとき”や、西ドイツの放射性物質の漏洩事故を背景に14歳の少女が避難する中で幼い弟を失い、自らも被爆していく”みえない雲”など原発事故や核を扱った映画などを子供の頃から多少観ていました。  

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

風が吹くとき [ レーモンド・ブリッグズ ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/11/20時点)



それらで描かれるのは、起きている事実やそれに基づくリスクを秘匿し、末端の住民を切り捨てる政府と、政府がそう言っているのだからと、、お上の声を盲信する誠実な住民の悲しい行く末でした。  私自身、2011年に自宅から数十キロ先の福島第一原子力発電所が爆発した際に、政府、東電、そしてメディアがこぞって、福島の原発で爆発など起きてはいない、メルトダウンなんか映画の世界の話で起こるはずがない、危険はありません、安全です、、と繰り返し繰り返し強弁するのを目の当たりにして、、現実は映画よりも酷いものだと呆れたものです。 事故から5年が過ぎてようやく、国や東電はメルトダウンが起きていることを最初から把握していたことを明らかにしました。  当地の住民は、知識を持ち自分で政府や東電が明らかに嘘をついていることを知り得るグループと、ただただ、国もテレビもああいっているんだからと自ら判断することを放棄するグループ。あるいは、経済的、社会的に避難が可能なグループと、危険を承知でも経済的、社会的事情により避難が困難なグループの二つに分かれました。  危ないと思ったら、逃げればいいじゃないか?? 日本中の、特に西日本の方は遠くからテレビで福島の状況をみて、なんで皆逃げないんだろう、??そう思った方も多かったのではないかと思います。
私自身、別件で部落問題や人種差別問題などを巡って、それなら、そんな閉鎖的な地域から出て違う世界で生活を始めればいいんじゃないか?と思っていたものでした。 しかし、福島の原発事故を経て、それが容易ではないことをつくづく思い知りました。   そんな、こんなで、久しぶりに観てみた映画、、少しわけわからんもの観てみようと思い、ロボット工学の第一人者である大阪大学教授・ATR石黒浩特別研究所客員所長と平田オリザ氏のコラボレーションによる、異色のアンドロイドと人間の舞台共演を目指したロボット演劇プロジェクトを原作として映画化した”さようなら”を観てみることに、、、。 アンドロイドと役者さんが映画で共演するって、どんなだろ、、という興味で観始めたのですが、なんとまあ、作品舞台は原発事故後、放射能汚染に苛まれ順次国外への移民政策が進められている近未来の日本!!  福島に暮らすものとしては、あまりにリアルすぎる設定。 そして、一人暮らしだから、低所得だから、外国人だから、前科があるから、、とそれぞれの理由で避難を諦める人たち。 一方、その苦境を好機にして未来を紡ぐ若者達、、様々な群像が描かれた作品でした。  生きるって何? 原発事故が起きて、もうダメかもとなんども諦めかけながら、様々な苦境や汚染を飲み込みながらもここで生きることを選んだ福島の住民としては、いろいろと思うところある作品でもありました。  アンドロイドは、、、というと、あんまりどうでも良かったような、、、。メッセージ性があるようで、あまりないけれども、さすがに僕らには刺さる映画でした。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さようなら [ ブライアリー・ロング ]
価格:3837円(税込、送料無料) (2016/11/20時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

みえない雲 【DVD】
価格:3201円(税込、送料別) (2016/11/20時点)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2016 | Main | December 2016 »