« June 2017 | Main | October 2017 »

August 2017

August 16, 2017

聲の形、、、痛いほどリアルな青春群像劇

  高校二年生になる娘が観たいというので、一緒にレンタルして鑑賞した2016年山田尚子監督作品。
聴覚障害を持つヒロインと、好意を寄せるが故に彼女を深く傷つけてしまった過去を持つ主人公を中心にそれを取り巻く同級生達の小学生時代から高校生時代までを描く青春群像劇。
  障害を持つヒロインの挫折と苦悩と再生を描く作品としては、その前に”心が叫びたがっているんだ”という作品をやはり娘と一緒に観て、いまいちなんだかなー的な感じだったので、その二番煎じ程度かなあ、、と、あまり期待もせず鑑賞。いい意味で序盤から予想を大きく裏切られました。
   聴覚障害を持つ転校生、、硝子。はじめのうちこそ、献身的に彼女を支えていた同級生達は、いつしか重荷となってしまった彼女を一点、いじめ始める。 彼女に好意を感じていた将也も幼さ故に、自分の感情を処理する術を知らず、いじめの先鋒に立つことになる。
  率先していじめる者、それに加担する者、それを容認する者、、、痛いほどリアルな小学生のいじめの構図と日常が描かれていく。 あくまで、他人を責めることなく、健気な姿を見せる硝子に対して、苛立ちを隠せない同級生女子もまた苛烈ないじめに加担していく。 いじめが激化する中、硝子は突然転校。
  成長し、高校生となった将也、、、硝子いじめの先鋒に立っていた彼もまた、かつて一緒にいじめに加担していた幼馴染の裏切りにより孤立を深めていた。
  そんな中、将也は思いがけず、硝子と再会する。 かつての過ちを詫びる将也、、それを笑顔で受け入れる硝子。互いの持つ苦い過去を清算し、苦悩に満ちた現在に光がさすかに見えたのだが、、かつての同級生達もまた、運命の糸に導かれるように硝子の前に姿を表して、、。
  これほど、リアルな心情描写と、登場人物の描きこみは、実写では難しかったのではないだろうか? 女性の描写に定評のある山田尚子監督ならではの、女子の人間関係の闇をえぐる才能が炸裂。 いじめる方にも、いじめられる方にも確固たる理由があって、、、と言う論理には賛同しかねるけれど、実際にこう描かれると、誰にもどうにもならない人間の性が痛いほど伝わってきます。 予定調和の大円団とはいかない、これまた辛辣な終盤も、観る者に様々な感情を突きつけることでしょう。 正直言って、この作品はすごいです。
  原作は、大今良時の漫画”聲の形”。読んだことはなかったのですが、読み切り、リメイク、を経て連載となるなど、かなり評価が高いようで、機会があればぜひ読んでみたいと思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

映画『聲の形』Blu-ray 通常版 [ 入野自由 ]
価格:4434円(税込、送料無料) (2017/8/16時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

聲の形(1) (少年マガジンKC) [ 大今良時 ]
価格:463円(税込、送料無料) (2017/8/16時点)





| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2017 | Main | October 2017 »