« 爆走の果てに自販機で楽しむハンバーガー、、20年前から進歩認めず! | Main | 振り向けば白馬、、、 »

September 28, 2004

米山サービスエリアの寒い夜、始業まであと36時間!

北陸自動車道に入り、一挙にペースがあがる、、、雨は相変わらず激しくシールドを叩き続けていた。HIDのサーチライトに照らされた黄ばんだセンターラインがほぼ直線に見える程の早さで走っていく。街灯もまばらな深夜のクルージングはこの速度域になってくると、次第に時間も空間も麻痺しはじめ、いったい自分がどの方向に進んでいるのか?速度はどれくらいなのか?バンクしているのか?漆黒の闇のなかにただぼんやりと浮かんでいる状態になってしまう、、それでいて、速度計と回転計のみがちょっと理解しがたい数値で静かに固定している状況だ。
、、、、こりゃそろそろ潮時だ。
これ以上はほんとに”あちら側”にいってしまうことだろう、、僕は、心身の限界を感じ、米山SA に滑り込んだ。
二輪車専用ブースに隼をとめ、ヘルメットを脱ぐ。静止している大気を吸うのは昨日以来初めてのことだ。カウルを伝って動力系に達した無数の水滴がもうもうと蒸気となって立ち込める。走っている時はあんなに冷たかったのに、、もうサウナ状態だ。
ひっそり静まり返ったサービスエリア内には、食堂と自販機コーナーが設置されているが、食堂ははるか昔に営業終了。からっぽのテーブルが僕を迎えてくれた。明け方5時過ぎ、、、冷えきった体をあたためるべく、ぬれたジャケットと靴下を脱ぐ。靴下は隼のラジエータで乾かしてしまおう。お茶を飲んで、眠気に誘われる、、、太陽が登まで、食堂のテーブルに大の字になり仮眠を決め込むこととしよう。

、、、堅く、冷たい食堂のテーブルの寝心地に幾度となく目を醒まし、上がらない雨を恨みながら朝を迎えた。気付けば、もう食堂のおばちゃんが仕込みを始めている、、、、朝7時過ぎの営業開始を待って、自慢らしいカツ丼で朝食を済ます。雨脚はいくぶん和らいできたようだ、、なにより、太陽の温もりが有り難い。
さて、どうするか?ここからいったいどこへ向かおう、、、イナ妻からもらった地図は、信州の観光地図だ、、、それ以外に地図はない、、しゃあない、、ここまできたのならいっそ黒部でも目指してみるか?ともかく、北陸自動車道に糸魚川で別れを告げ、長野自動車道をひたすら南下し始めた、、、、仕事開始まであと36時間。

|

« 爆走の果てに自販機で楽しむハンバーガー、、20年前から進歩認めず! | Main | 振り向けば白馬、、、 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米山サービスエリアの寒い夜、始業まであと36時間!:

« 爆走の果てに自販機で楽しむハンバーガー、、20年前から進歩認めず! | Main | 振り向けば白馬、、、 »