« 振り向けば白馬、、、 | Main | BOBLBEEのハードシェルバック、、Power bookを背負って隼に乗りたい!! »

September 30, 2004

上高地に現れた一人の男、、果たして、、

kamikouch1.jpg
握力と感覚を失った右腕をなんとかしなきゃと思いつつ、高原を駆けおり一路、市街地に向う。
壊れた頚椎と肩関節持ち、ということで、戦闘的なフォームはかなり致命的、、にもかかわらずだましだましその日暮しをしているここ数年ではあるが、さすがに厳しい今日この頃の過酷なライディング(笑)。
街中で見つけた柔整師に、取りあえずのサポートを施してもらう。これなら結構楽、、、。再び動けるようになったころ雨はやっと上がっていた。さて、さて、予想外のタイムロスを喰ってしまった、、、すでに17時、、、。ここから一体どうしようか?ともかく、深く考えずに走り出すこととする、、、どうせ、目的地も目標もないのだから。途中、気に入った温泉などに立ち寄りながらひたすら走り続ける、、、気がつけば上高地の文字、、、登山好きの大学の先輩から、上高地の魅力について非常に濃い話を聞いたことを思い出した、、、その先輩は、多忙な仕事を縫って、終業後ひたすら高速を飛ばして夜明けに上高地へ向かい、朝いちで山にのぼってその日の内に戻ってくるということをくり返していたそうだ。
上高地か、、、どんなところなんだろう?ワサビが生えてて、小川がさらさらしているのだろうか?、、、勝手な想像を膨らましつつ、上高地めがけて山を駆け上っていくことにした。途中、白骨温泉への分帰路があったが、入浴剤混入問題のせいもあって、かつて憧れでもあった白骨温泉へは足が向かなかった、、、ひたすら深い谷を見つめながら険しい山を上っていく。上高地についたのは夜も20時をとっくに回ったころ、、、、知床同様、先は一般車両の交通規制が通年布かれているため、ふもとでバスかタクシーに乗換えなければならない。とっぷり日も暮れた現在、すでにアクセスの手段は断たれており、やむなく麓の宿で一泊するしかなかった。ゲート前でどうしようかと考えている僕に、声をかける一人の男性が現れた、、、。

|

« 振り向けば白馬、、、 | Main | BOBLBEEのハードシェルバック、、Power bookを背負って隼に乗りたい!! »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 上高地に現れた一人の男、、果たして、、:

« 振り向けば白馬、、、 | Main | BOBLBEEのハードシェルバック、、Power bookを背負って隼に乗りたい!! »